2011年 03月 19日 ( 1 )

危機管理 災害に備えて

ようやく地震から1週間が経ちました。
海岸周囲や道路の整備がある程度でき、ルートが確保されて支援物資が届けられるようになり始めたものの、
ご自宅での断水や停電とライフラインが復旧されないまま、ガソリン不足で、生活に必要なものを手に入れられない状況は変わらず、
まだまだ避難生活や災害→復旧→復興には時間を要するため、長期的な支援が必要とされるようです。
計画停電も計画的とはいえない状況で、毎日何時から停電なのかをチェックしたり、
福島原子量発電所からの被爆の危険のあるその状況に、
一喜一憂し落ち着けない毎日を過ごされておられる方も大勢おられるのでは・・・。

f0221708_22125225.jpg


近くのスーパーなどでは、こちらのお店はぺーパー類(トイレットペーパーにティッシュシュペーパー)がなくなり、
あちらはお米がなくなりとそれぞれ分かれて「被災地へ送りました。」という張り紙に、
納得と安心と早くすべての被災者の方々へ届いてほしいという願いでいます。
またどこのお店も懐中電灯に乾電池は売り切れのようですが、
関東・東北地方へ送ってあげられているならば仕方がないし、1.2週間なくても?関西では大丈夫なもの・・・。

f0221708_22134678.jpg


また、多くの若者がボランティアをしようと東北地方へメールを送ったりもしているようで、
とても頼もしい反面、今は現地では県内市内の募集しかしておらず、専門職の受け入れだけで精一杯のようなので、
支援物資の運び出しなど(奈良県ニュース
現地や自治体からの要請があるまでは、地元で出来ることを考えた方がよさそうです。
実際、警察の機動隊員や自衛隊の方々も、寝るのは車(マイクロバス!?)の中、
1週間お風呂にも入れず、まさに「飲まず食わず」の状態なのだとか・・・。
敬意と感謝をし、健康被害が最小限に留まるようにお祈りしています。
必ず多くのボランティアの方の力が必要になる時が来ると、専門家も言っておられるように、
その時に備えての準備や、今自分たちの生活を見直し、落ち着いて、
次の最悪の事態を予防する為の、知識と準備が大切なような気もしています。

More 災害時に必要な物と心得。
[PR]
by tukimi-kai | 2011-03-19 23:01 | 東日本大震災 | Trackback | Comments(1)


大好きな旅のように、      自分の人生=日々の暮らしをも楽しみたいです。


by tukimi-kai

プロフィールを見る

最新の記事

ふわふわ 耳まで美味しい?!..
at 2018-04-01 20:53
一陽来復 シェラトン都ホテル..
at 2018-03-02 13:44
秋の夕暮れ奈良旅*大人の隠れ..
at 2018-01-26 16:27
狗馬之心 飛躍の年
at 2018-01-04 20:00
秋の夕暮れ奈良旅*初めての正..
at 2017-11-23 17:16

カテゴリ

ご挨拶
衣食住
心技体
奈良
京都
福井
香川&徳島2010
香川&徳島2012
香川&徳島2013
香川&徳島2014
和歌山2010
和歌山2011
和歌山2012
兵庫2013
東京2013
東京2014
沖縄2015
沖縄2016
大阪2010
大阪2011
大阪2012
大阪2013
大阪2014
大阪2015
大阪2016
大阪2018
サイパン2010
ギリシャ
イタリア
東日本大震災
香川&徳島2016
香川&徳島2017

記事ランキング

以前の記事

2018年 04月
2018年 03月
2018年 01月
more...

タグ

ブログパーツ

  • このブログへのリンクはフリーですが、掲載されている写真・画像・イラスト・文章を無断で使用することを禁じます。