人気ブログランキング |

共存共栄 虫除け・鳥害対策からの?!豊作年の葡萄の収穫2019


残暑が厳しく…台風も多かった、
秋の始まり長月(ながつき) 9月が終わり、
本格的な秋の季節…神無月(かんなづき) 10月が始まりました…。

かなり久々のブログ更新になりますが、
皆さま…どのようにお過ごしだったでしょうか。





今年の夏も猛暑続きで…
かなり夏バテ状態で…あっという間に月日が過ぎ去っていました。

また、7年間使用してきたパソコンが故障し…増税前に買い替えたり、
毎年恒例のお墓参りを兼ねた秋旅にも出かけてきました。
少しずつですが…またそんな記憶にとどめておきたい四季を感じる暮らしや、
旅の備忘録を綴っていけたらと思います。





まずは…身近な果樹の話から…。

昨年2018年は、不作で収穫0だった…
ベランダ庭(ルーフバルコニー)で育てている、葡萄(デラウェア)。

2年おきに豊作年が来るようで、
令和初の夏は?!秋も?!!!無事に収穫ができ、ホッとしました。(=゚ω゚)ノ





今回は、その収穫までの2週間ほどで…
変化していく葡萄の色づきの様子や、
虫除けや鳥害対策のおかげで成功した?!葡萄の収穫について、
多くの写真と共に…書き残しておきたいと思います。

 

かなり長くなってしまいましたが、
お時間&関心がありましたら…おつきあいくださいませ。





-----------------------------------------------------
7月初旬よりが大きく…色づく葡萄
-----------------------------------------------------


葡萄は…秋の季語にもなるくらい、
秋に実り…収獲し…食すイメージですが…。

家庭菜園やベランダでの栽培や…
品種によっては、一般的に少し早い収穫時期のように思います。





我が家でも…これまでの経験≒ブログの記録から、
8月初旬に色づき始め…8月中旬のお盆のお供え時期に…
美味しそうな紫の葡萄色へと彩りを変化させ、
仏前に供えることを前提として生長したかのように、
ピッタリ時期が合って…収穫の時を迎えてくれています。





ですが、今年は、夏の猛暑の影響か…
その予定よりも…はるかに早く!!
お盆よりも…1週間も早く葡萄の収穫をすることになり、
冷蔵庫保存することに…。(=゚ω゚)ノ

7月7日に撮影した時には、
小さな一粒一粒の実が…少しずつ大きくなり、
キレイなグリーンの葡萄でしたが…。





梅雨明け前の…
7月24日までの1.2週間で、
たわわに実った葡萄の状態から、
実は…よりふっくらと大きくなり…。

7月26日には、
美味しそうな…葡萄らしい形状の房の姿になり、
少しずつ薄い黄色や淡い紫色に変化しながら…色づき始めました。





色づき始めたと同時に…
数年前から鳥害対策用に使用しているネットを、
いつ被せようかと…そのタイミングを考えていたところ…!!

-----------------------------------------------------
8月初旬より…色づく葡萄に行なう害対策
-----------------------------------------------------


葡萄の実成り状態を…下から見上げるように、
覗きに来ていたヒヨドリの姿を…発見!!(ΦωΦ)

しかも…多い時で1時間ごとくらいと頻回で、
写真に収めようと狙って見ましたが、
そこは野鳥だけあって…素早く逃げられ…。





その姿は…まるで
「そろそろ酸味が抜けて…甘くなってきた頃かな…。
もう丸ごと採っても食べれるかな…。」と、
動物的な勘で…葡萄の味までを嗅ぎ取り察しているようで…。

その様子を見て…お盆に仏前に供える予定の…
葡萄が全滅してはいけないと感じ、
鳥害対策用のネット?!を…今年も被せる事にしました。





使用したのは、
果樹専用の袋や…鳥害対策用のネットではなく、
キッチンのシンクの排水口のカゴに掛けて使用している…水切りネット↓。




これまでの鳥害対策でも使用してきました。
大きな葡萄の葉の陰に隠れて…
10房程と思っていた葡萄でしたが…。

数えてみると…実際は!!
綺麗な葡萄の房が15房程
+小さな可愛い房になっているのが10房と
=25房もありました。(((o(*゚▽゚*)o)))





なので、毎日健気に…覗きに来ていたヒヨドリ用に、
小さなモノや狙っているだろう葡萄は残してあげて、
10房程だけに…ネットを被せることにしました。d(^_^o)





その後…10日程で、すべての葡萄が
一気に…デラウエアらしい葡萄色になり…。

8月5日に、連日の猛暑で…雨が一向に降らず、
1粒2粒と果実が縮み始めて…
これ以上待つと…干し葡萄になりかねないと思うくらいに感じ、
お盆の1週間も前に…収穫することになりました。





---------------------------------------------------------
8月初旬~中旬に…害対策の成功で収穫できる葡萄
---------------------------------------------------------


あまりに…早い収穫だった為、冷蔵庫保存をして…1週間。

思いの外…多く収穫できたので、
購入したかのようにパック詰めしたりもして…実家へ持ち帰り、
お盆前に…お墓参りも済ませられました。
母も「甘くて美味しかった。」と今年も喜んで懐かしく食べてくれたようです。

お供え用以外の…残った小さな房の葡萄は、
我が家で食べる分だけの葡萄で…
黄葉した葉を除いた少し綺麗なグリーンの葉を、
お気に入りの器に盛って…立秋のディスプレイにして飾ってみました。





…またその後は、洗って冷蔵庫保存したり…
甘みが強い⁈オーガニック葡萄を少しずつ食べたりしながら、
これが味わえるのは…また2年後かなと、少し貴重に感じました。

我が家のベランダ庭で育つ葡萄は、
どうやら記録から…各年2年に1度…豊作の年が来るようで、
気候の影響や鉢植えの土の状態によるかもしれませんが、
また2年後…愉しみにしたいと思います。





---------------------------------------------------------
で育てる…豊作年の葡萄のポイント
---------------------------------------------------------


私なりの今年の豊作年の葡萄の生長について、
成功の鍵を握るポイントを
振り返ってまとめておきたいと思います。

葡萄に限らず、蔓を伸ばすラズベリー等の
他の果樹でも…応用できると感じています。





1,収穫後の秋冬に…
蔓は茶色の枝のギリギリまで剪定しておく。

2,生長をし始める前に…
土に固形肥料を混ぜフカフカ状態にする。
(出来れば…土替えが理想的ですが、
根詰まりがあれば…鉢周りや鉢上の土を耕しました。)

3,葉や蔓を伸ばして生長時には…
液体肥料等で追肥と水やりを欠かさない。

4,実がなり始めたら…
ローズマリーを実の上に置いて虫除け対策を行う。

5,色づいてきたら…
ネットでの鳥害対策を行う。





ちなみに、鳥害対策用のネットとして使用した…
=キッチンのシンクの排水口のカゴに掛けている
水切りネットは、
キッチリと回収し…元通りの生ゴミ入れとして再利用しました。

また、台風前に剪定した葡萄の蔓は…
クルクルっと巻いてリースを作りましたが、
また秋らしいリース飾りをしたいと思っています。





葡萄と言えば…昔…子供の頃には、
「葡萄と言えば…デラウエア」しかなく…
今のような品種も多くて…種無しもほとんどなかった時代。

葡萄狩りに行った経験はありましたが、
確かデラウエアオンリーで小さな手で一粒一粒食べていた記憶がありました。
そんなデラウエアを…今では、
簡単にこのベランダ庭で育てられるようになり、
そんな懐かしい思い出を振り返ることも出来ました。





-----------------------------------------------------
果実を守る…ローズマリーの除け対策
-----------------------------------------------------


今年の葡萄の収穫の成功は、
水切りネットの鳥害対策だけではなく、
ローズマリーの虫除け効果も…あったのかもしれないなと感じました。

2年前から栽培しているラズベリーでも、
アリ(蟻🐜)が入っている年もありましたが…。
今年は全く…アリが入っておらず、
綺麗なラズベリーが収穫できた事に気づいたからです。
ただ単に酸味が強くて…
虫さえも寄せ付けないのかなとも思っていましたが…。





知らず知らず…果実に付くアリ等の
虫除けにもなっていたのかもと、
今回の葡萄の収穫時に…ふと気づきました…。

数年前から…ローズマリーの鉢は、
夏には…隣接する和室の横にも置き、
網戸の隙間から入りかねない蚊を寄せ付けないように、
一家に一鉢…ローズマリー!!」と言いたいくらい…
ハーブとしての効果も発揮してくれていましたが…。





春や秋の二期に収穫する…ラズベリーも、
2年に1度に収穫する…葡萄の果実も、虫がつかなかったのは…!!

今は枯れかけているとしても…
何とか新しい新芽や茎を伸ばして、
いい香りを放出し…虫よけ効果を保っていてくれていた…
ローズマリーのおかげだったのだと…。(=゚ω゚)ノ





またガーデニングの虫除けには、
食品成分から生まれた殺虫殺菌剤…
「ベニカ マイルドスプレー(1000mL)」↓があり、
こちらは購入してあり…いざというときに使おうと思っています。



有機JAS規格(オーガニック栽培)で…
使用可能な成分なので、
野菜や果実栽培にも役立ちそうで、1本あると安心かもしれません。

商品説明より、
「アブラムシ・コナジラミ・ハダニ・うどんこ病を
しっかり包み込んで退治する「物理防除剤」で
化学合成殺虫剤に抵抗性のある害虫や耐性のある菌にも効果的です。」





-----------------------------------------------------
夜に集まる除けには…LED照明
-----------------------------------------------------


今年の夏は久々に…羽蟻(ハネアリ)が、
チラホラと室内に入ってきて…(//∇//)
数年ぶりの羽蟻大発生の年?!かと思う時もありましたが、何とか大発生は免れ…。

夜に付けるリビングのスポットライトは、
全てLED電球に交換したので、
恐ろしい程の体験は…その時以来はせずに済んでいます。





また、猛暑の影響やLED電球に交換してからは、
蚊(気温32度以上で活動が弱まるとか)や…その他の虫も、
夜間…隙間のある網戸で過ごしていても…
室内に入ることがかなり減ったような気もしたり…。

街灯でも…ほとんどのライトが、
頻回に交換せずに済むコスト面でも経済的な…
LED照明に交換されてきています…。

虫の被害で悩んでいる方や…これから新築で家を建てる方には、
ぜひ虫対策にはLED照明を…おススメしたいです。





-----------------------------------------------------
果実作りは…や野生動物との共存
-----------------------------------------------------

ガーデニングをしていると、
鳥害や害虫との戦いは…少なからずあり…。

農作物を栽培している生産者の田畑では、
イノシシやシカやタヌキにクマといった獣害は深刻ですが…。

実家では、この夏…イノシシ(猪🐗)の被害が少ないと思っていたら、
裏山に…大きなイノシシと小さなイノシシが死んでいて…。
どうやら野生のイノシシにも…豚コレラが流行っている?!という情報がありました…。





この話を聞いたのが…8月中旬で、
それから少しして…野生のイノシシを介して、
養豚場での豚の"豚コレラ"感染の問題が出始め…。

野生のイノシシに関しては…ワクチン入りの餌を撒いたり、
養豚場では…感染した養豚には殺処分の対策をとられていて、
今後…感染していない養豚にも、ワクチンの予防接種を開始されるようですが、
"豚コレラ"は人間に感染することはないようです。
また、原因は…海外から旅行者が持ち込んだ食べ物の残飯を、
野生のイノシシが食べ…感染が拡大したとの見解も…。





この葡萄の収穫時期や…"立秋"や"秋分の日"や…ラズベリーの収穫時期には、
リリリッリーリリリッリーと綺麗な鳴き声が聴こえ、見てみると…!!

キーキーと騒ぎ鳴く…ヒヨドリではなく、
マンションで巣立ったと思う…イソヒヨドリが、
ベランダ庭の手すりに留まって…ヒナから変貌した大人な姿を見せ、
ステキな鳴き声も聴かせてくれました。




それは、季節の変わり目を知らせてくれる
合図のような鳥の行動でしたが、
夏には…蝉、晩夏には…ヒグラシが鳴き始め、
秋には…秋の虫の音色といった、
季節ごとの…虫の羽音や鳥の鳴き声に癒されているような気もしたり…。





「虫の知らせ」という諺や…鳥や動物の行動で…
地震等の自然災害が分かるように、
地球上で…自然の恩恵を受けて生きる人間は、
同じ場所に生きる動物とは、常に共存している意識を持って…
生きるべきなのかなとふと感じることが増えました。

寺社仏閣でも…動物を神として崇めているのは、
そんな畏敬の念や意識を常に持つ事が大切だという…
祖先からの戒めのようにも感じる昨今です。





共存共栄(きょうぞん/きょうえい) とは、
「二つ以上のものが互いに敵対することなく助け合って生存し、
ともに栄えること。
「共存」は二つ以上のものが敵対することなく、生存したり存在したりすること。」

人間世界が生み出した…
自分たちの生活を楽に便利にする、
殺虫剤やプラ製品や電気を使った暮らしが周りまわって…
動物への被害や温暖化の原因になり、
自然災害を増やしているのかと思うと…複雑な思いです。





戦後は…すべての物が貴重で、
塩や砂糖に…食べるものさえ手に入らなかった時代。

現在のこの平和な時代に生きているからこそ…できる、
使い捨てばかりに頼るプラ製品や…(使用してもいますが…)
すぐに買い換えるプチプラなプラ製品の雑貨は控え、
ゴミの分別をキチンとしたり、購入した物を長く大切に使う暮らしを心がけ、
自然に感謝する気持ちをも…持ち続けたいと思うのでした。





久々のブログ記事で…かなり長くなってしまいましたが、
最後までご覧いただき、ありがとうございました。

 

ブログランキングに参加しています。
更新の励みになりますので、よろしければこちら↑に
「更新を待ってるよ。」というあたたかい応援クリックをお願いいたします。
クリックいただきますと、他の方の楽しいブログもご覧いただけます。060.gif

次回からは…通常の旅ブログを、
また少しずつ更新していければと思っています。
どうぞよろしくお願い致します。

秋と言えば紅葉!みんなに見せたい秋の風景ショット2019

by tukimi-kai | 2019-10-08 17:39 | 衣食住 | Comments(0)


大好きな旅のように、      自分の人生=日々の暮らしをも楽しみたいです。


by tukimi-kai

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

最新の記事

共存共栄 虫除け・鳥害対策か..
at 2019-10-08 17:39
令和元年 日本の初代天皇眠る..
at 2019-05-07 17:32
平成最後 満開の桜から?!2..
at 2019-04-19 16:20
春先取り 人間ドック後のシェ..
at 2019-03-31 22:07
2017年冬旅*JTB&フル..
at 2019-03-01 14:33

カテゴリ

ご挨拶
衣食住
心技体
奈良
京都
福井
香川&徳島2010
香川&徳島2012
香川&徳島2013
和歌山2010
香川&徳島2014
和歌山2011
和歌山2012
兵庫2013
東京2013
東京2014
沖縄2015
沖縄2016
沖縄2017
沖縄2018
沖縄2019
大阪2010
大阪2011
大阪2012
大阪2013
大阪2014
大阪2015
大阪2016
大阪2018
大阪2019
サイパン2010
ギリシャ
イタリア
自然災害&東日本大震災
香川&徳島2016
香川&徳島2017

記事ランキング

以前の記事

2019年 10月
2019年 05月
2019年 04月
more...

タグ

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30