和歌山の旅*白浜5 AdventureWorld

続いて向かったのは、白浜を代表する
動物園と遊園地の両方が楽しめるテーマパークのアドベンチャー・ワールドです。
f0221708_15483621.jpg
数十年前に来たことがあるような?ないような・・・?ほとんど記憶はないのですが、子どもがおられる方には、良い思い出もでき、たくさんの動物たちに出会える絶好の観光スポット・・・。
f0221708_13591315.jpg
訪れたのは、かなり寒く平日だった為に、ほとんど人もまばらでひっそりとし・・・、動物たちも寒そうでした。お休みの日(水曜日は定休日)もあるので、ご確認のうえ訪れてくださいね。
f0221708_14131710.jpg
またはじめに『PARK GUIDE』という本日のご案内を手に周られると、イベント時間も分かりより楽しめるかと思います。現在は、高病原性鳥インフルエンザの国内感染確認を受けて、野鳥から園内で飼育している鳥類への感染を防ぐため、鳥類のアトラクションや展示を休んでおられるようす。
f0221708_144751.jpg
馬や小動物とのふれあいや遊園地の楽しめる"エンジョイワールド"やイルカのショーやホッキョクグマを近くで見れる"マリンワールド"に・・・、
f0221708_1529843.jpg
こちらだけは大人気で、多くの人が集まっていた"パンダランド"など・・・。広大な敷地内で白浜の海も遠くに見渡せ、季節がよくもう少し植物が多ければ、より自然も満喫できそうです。
f0221708_14133531.jpg
昨年生まれたホッキョクグマのやんちゃで元気な子どもの姿や、こちら↑も昨年生まれたふたごのパンダ(海浜♂かいひんと陽浜♀ようひん)のころころと可愛い姿と、お母さんパンダ(良浜)との親子で暮らす様子も見ることができます。



f0221708_19482872.jpg
この後は"サファリワールド"の人気体験ツアーのケニア号に乗り、アフリカゾウ→アメリカバイソン→ラマ→マレーバク→ダチョウ→アミメキリン→ヒトコブラクダ→サイなどの歩いても回れる(レンタサイクルで周っていたりお散歩のようにゆっくり周られておられる方も・・・)草食動物ゾーンをまず見学しました。アフリカ区・アメリカ区・オーストラリア区・山岳区?などと棲息エリアごとに分かれていたり、それぞれに見える動物たちの特徴や習性をアナウンスで(アニマルブックでも)詳しく説明してもらえるので、ケニア号に乗るだけで勉強になったり、より動物たちを身近に感じます。(写真のない動物もいます)
f0221708_15293120.jpg
昔、ケニアに行って同じようなのだけれど、本物の野生の動物が暮らすサファリツアーに参加した時は、アフリカゾウやゼブラぐらいでほとんど動物を見ることができなかっただけに、こちらのツアーでは次々左右に区間が区切られ、動物たちが現われ驚きの連続でした。
f0221708_19573423.jpg
厳重な檻に囲われた肉食動物ゾーンに入ると・・・、ライオン→ヨーロッパヒグマ→チーター→アムールトラ→ホワイトタイガーなども、かなり間近に接近して見ることができ、その大きさや迫力に驚きました。ライオンのエサやり体験もできるということで、ケニア号を降りた後すぐに、エサやり場へ向かい(時間制限があります)、大きいけれどかわいいライオンの子どもたちの、無邪気な猫のようなしぐさに癒されました。
f0221708_19575510.jpg
大人のライオンはこちらのエサやり場に来ることはほとんどなく、3日に1回のエサだけを食べ、普段は常に空腹なのだそう・・・。昼間は日なたで暖かくゆっくりくつろいでいると思われた姿も、実は必要最小限に体力を温存しているかにも思え、野生に近い状態で飼育されていることに少し感動しました。
f0221708_19583137.jpg
実はあまり檻に入れられた動物たちの姿を見ることは好きではなかったのですが、自由に走り回るチータや互いに譲り合ってエサを交互に食べるオウムを見て、少しほっとしたような・・・。けれど野生で自由に生きている動物たちの気迫や活気はあまり感じられず少し残念・・・。季節にもよるとも思われましたが、後日2月5日の民放TVで放映された『走る男Ⅱ』では、森脇健二さんと飼育スタッフの方が走られている姿に興奮?して近づいたり走ってくる元気な様子も見れました。人間も小さな部屋や施設の中だけで過ごしていては、異常行動や精神異常も発生せざるを得ないと感じた"アドベンチャー・ワールド"でした。

にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ
ブログランキングに参加しています。更新の励みになりますので、
よろしければこちら↑に応援クリックをお願いいたします。
クリックいただきますと、他の方の楽しいブログもご覧いただけます。
[PR]
by tukimi-kai | 2011-02-01 15:53 | 和歌山2011 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://kiminikki.exblog.jp/tb/15431545
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by いなひで at 2011-02-03 17:23 x
キミさん、こんにちは。

ずっと白浜紀行、拝見してました。アドベンチャーワールド好きの私。コメントを書かない訳にはいきません(笑)

シャチを見ると、「All way together 何があっても~♪」のアドベンチャーワールドのCMソングが頭に流れてきます。
今は曲が変わったみたいですね。

久々に行ってみたくなりました。姫路セントラルパークとの比較も、何故かしてみたくなりました(笑)

三段壁、千畳敷も行ったことがあるので、懐かしく拝見しました。次回はどこかな~と、楽しみにしています♪

最近寒暖の差もあるし、インフルエンザも流行ってるので気をつけてくださいね。
Commented by tukimi-kai at 2011-02-03 18:27
いなひでさん、コメントありがとうございます。
アドベンチャーワールド好きだったのですね!!
私はあまり記憶がなくて・・・。けれどシャチが2005年に
亡くなってからいないのは、何だか残念でした。
有名なCMソングと平原綾香さんの曲が、
大音量で交互に繰り返し流れていて今も頭に流れてきます・・・(笑)

姫路セントラルパークは行ったことがないので
分かりませんが・・・よく似ていそうですね。
ちょっとこわいけれど自家用車で回れるサファリや、
夏はプール、冬はアイススケートが楽しめるんですね。

blog楽しみにしてくださってありがとうございます!!
いなひでさんも、充分温かくされて、お身体お気をつけくださいね。


大好きな旅のように、      自分の人生=日々の暮らしをも楽しみたいです。


by tukimi-kai

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

最新の記事

万古長青 暑中お見舞い申し上..
at 2018-07-23 14:53
寸草春暉 グリーンだらけの..
at 2018-05-17 16:20
ふわふわ 耳まで美味しい?!..
at 2018-04-01 20:53
一陽来復 シェラトン都ホテル..
at 2018-03-02 13:44
秋の夕暮れ奈良旅*大人の隠れ..
at 2018-01-26 16:27

カテゴリ

ご挨拶
衣食住
心技体
奈良
京都
福井
香川&徳島2010
香川&徳島2012
香川&徳島2013
香川&徳島2014
和歌山2010
和歌山2011
和歌山2012
兵庫2013
東京2013
東京2014
沖縄2015
沖縄2016
大阪2010
大阪2011
大阪2012
大阪2013
大阪2014
大阪2015
大阪2016
大阪2018
サイパン2010
ギリシャ
イタリア
自然災害&東日本大震災
香川&徳島2016
香川&徳島2017

記事ランキング

以前の記事

2018年 07月
2018年 05月
2018年 04月
more...

タグ

ブログパーツ

  • このブログへのリンクはフリーですが、掲載されている写真・画像・イラスト・文章を無断で使用することを禁じます。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31