タグ:nara nara-shi ( 85 ) タグの人気記事

老若男女 蔵元豊祝

梅雨の季節と・・・、クーラーなしの蒸し暑さと・・・、
毎日の習い事&家事の疲れで、精神的にもまいってしまいそうな日々・・・。
そこで昨日は、習い事でご一緒している方で、日本酒好きな方と意気投合して、
近鉄奈良駅構内の立ち呑み処 「蔵元 豊祝」(ほうしゅく)へ行ってまいりました。
f0221708_2245289.jpg
前回は真冬の寒さに耐え切れず、一人立ち寄った立ち呑み処です。
一人ということもあり、隣のおじ様たちともなんやかんやとお酒のおしゃべり? をして、
おじ様曰く「ここの酒は気持ちよくすぐ酔える。」おすすめのお酒を2杯ほどいただき、
滞在時間10分ほどで身体も心も?温まり岐路についた思い出がありました。
f0221708_2255365.jpg

中に入ると多くのお客様が・・・。隅の方でこっそり?
蔵元直送の"生原酒"(350円)のワンショットと"利き酒セット"(350円)を注文しました。
夕方禁煙・喫煙の時間が決まっていたり、お昼は椅子に座ってランチも楽しめるそうです。
カウンター席では少し見慣れた顔も?あり・・・。
この日は平日のせいか、ほとんどが常連さんのようでした・・・。
f0221708_226981.jpg


More 素敵なオーナー&常連さん?
[PR]
by tukimi-kai | 2010-06-25 22:13 | 奈良 | Trackback | Comments(2)

異国情緒 mellow cafe

先日、習い事を始めて半分の月日が経った事と、クーラーを点けさせてもらえず、
バテぎみの自分たちへのご褒美に、習い事の方と一緒に
ずっと気になっていたmellow cafe へ行ってまいりました。

近鉄奈良駅より徒歩1分・・・、小西どおりの大きな水鉢が入り口にあるファッションビルの1F左奥にあります。いつもここを通る時には必ずこの水鉢をのぞいて癒されています。
最近では、蓮の花が一輪きれいに咲いていたり、めだかがたくさんいて、気持ちよさそうに泳ぐかわいい姿が見られます。(写真を↓最後に掲載しました。きれいな蓮の花・・・。よければご覧ください。)
f0221708_18304568.jpg
気になっていた理由は、
バリをイメージした感じの落ち着いた雰囲気・・・。
冬はガラス戸で仕切られているようですが、
今の季節は開け放たれていて、中庭のような場所も一体感があり、
オープンカフェのようでより広く感じられます。
夜には各テーブルにキャンドルが配られ、揺れる炎の光が漂い、
南国バリの夜を感じさせてくれるような雰囲気も楽しめるようです。
奈良の夏の風物詩の燈花会(とうかえ) をも思い出させてくれました。

まぶしさや暑さが苦手な私には、日中少し木陰に入ったような薄暗い雰囲気は
オアシスで、何だかなつかしい感じもして落ち着きました。

f0221708_2323506.jpgこの時は夕暮れ時で、069.gif
ラムとグレープフルーツで爽やかな"ソルクバーノ "と
クランベリーの甘さもスッキリしている"シーブリーズ "
というカクテル(各¥630)に、
"チーズの盛り合わせ"(¥880)と
水牛のモツァレアチーズ&バジル&トマトソースの
名物の石釜ピザの"マルゲリータ"(¥1300)を注文しました。
カクテルもアルコールが程よく効いていておいしく、
石釜ピザは小ぶりですが彩りもよく、
外はパリッと中はもっちりと焼きたては独特な香りがしていました。
ランチだと、パスタランチ(¥980)やカレーランチや石窯ピザランチ(¥1100)や
メローランチ(¥1200)といろいろ選べるのも楽しそう。

f0221708_2325886.jpgホームページでその雰囲気は味わって
いただけますので、ぜひクリックでどうぞ。
mellow cafe (メローカフェ)
TEL 0742-27-9099
奈良県奈良市小西町1-8 axe unit 1F
近鉄奈良駅から169m
営業時間 11:00~23:30(L.O.23:00)
ランチ営業、夜10時以降入店可、定休日 無休
f0221708_23254585.jpg

Moreとっておき?情報
[PR]
by tukimi-kai | 2010-06-19 18:46 | 奈良 | Trackback | Comments(2)

平城遷都 1300年祭 春季(後編)

ゴールデンウィークの期間中行った平城遷都1300年祭の続きです。
やっとここまで歩いて来たのに大極殿に入れず少しばかりショックを受けながら…
天平衣装がよく似合う楽しそうな母娘を見ていると…
f0221708_172076.jpg
どこからかベリーダンス調の心地よいリズムが聞こえてきました。060.gif
その音楽に導かれるように南門広場へいくと・・・、
f0221708_1722555.jpg

ちょうどあおによしパレード(11月6日まで毎日11:00頃~14:30頃~の2回(30分程度)が始まったばかりでした。幻想的で重量感のあるアラビアンナイトや僧侶に扮した男性陣は、遣唐使船から仏教文化を伝え、f0221708_2045189.jpg
笑顔で軽やかに踊る女性たちの姿は、シルクロードを渡って来た女神たちや天女のようにも見え・・・古代の天平文化!?を垣間見るようでした。
f0221708_173147.jpg

このあおによしパレードは、公式ホームページによると「異文化との交流、仏教の興隆、天平文化の華やかさなど、国のはじまりをイメージするパフォーマンス」とは納得・・・。
f0221708_1724788.jpg

この時は南門広場でしたが、平城宮跡内(交流広場・南門広場・第一次朝堂院周辺)をパレードされてるようです。
f0221708_1733664.jpg
パレードが終わってまもなく赤い人たちがこちらから集合してきました。何の下調べもなく行った5月4日はこの日だけのイベント ボディドラム・・・「和太鼓やパーカションのリズムに乗って手をたたき、おどり、歓声をあげ、1300人がひとつになって喜び祝うこと。体ひとつで1300人が音を奏でるダンスパフォーマンス。」が始まろうとしています。
f0221708_1735592.jpg

遠 くてあまり見えなかったのですが、世界的タップダンサー「HIDEBOH」の演舞や打楽器奏者「ツクパク」の演奏もあり、高揚感溢れるリズムが場内に響き、車椅子ランナーが滑走し、ボディドラムが小さい手拍子から始まりました。
f0221708_1742434.jpg
赤いTシャツで衣装をそろえた市民?やボランティアの方々老若男女問わず1300人が集い、一体となって踊り楽しむ姿は、いつの世も、人の手・身体一つ・大勢の力が大切と言うことを、投げかけてきてくれるかのようでした。060.gif
f0221708_1744312.jpg

次に暑さで疲れて交流広場に行くと、まほろばステージを見ながらバーでワインを何本もあけて楽しんでいる人がいたり、レストラン・フードコートもかなり空き、ステージでの催しも終わろうとしていました。ステージでの催しは、各フェア期間中(春季・夏季・秋季)とフェア期間外の土日祝(不定期) だけです。時間によりせんとくんも出演しているようで、この時もボディドラムを見ている私を置いて、一人でうろうろしていた夫はせんとくんを見たんだとか。015.gif
f0221708_175379.jpg
春季だけの?花と緑のフェア4月24日(土)~5月9日(日)が開催中で、花と緑の「春風讃華」( しゅんぷうさんか)と題して、城内の所々に花々が・・・。古代の色をテーマに市民参加型のコンテナ花壇や奈良市内の小学校に育ててもらった花などで、芝生や湿地帯や山の緑と溶け合うように、このお祭りを陰ながら支えているかのようでした。
f0221708_176616.jpg

交流広場には子ども花迷路があり、
かわいいコスモス?ではなくアグロステンマ「ムギナデシコ」という花と
子どもたちの自然な喜ぶ姿に癒されました。f0221708_1762873.jpg
「子どもたちが遊びを通して平城宮跡に興味を持ってもらえるように、
花の迷路を設置した」のだとか。
f0221708_1752169.jpg

そろそろ平城京歴史館や遣唐使船を見たいなーと
f0221708_1771256.jpg
またトラム道の隣をてくてく歩いて帰ります。

More 遣唐使船
[PR]
by tukimi-kai | 2010-05-07 18:36 | 奈良 | Trackback | Comments(0)

平城遷都 1300年祭 春季(前編)

ゴールデンウィークの期間に大賑わいの平城遷都 1300年祭へ行って来ました。道路渋滞で混雑するのを避けたかったので今回車ではなく、近鉄西大寺駅(南出口)からシャトルバスで向かいました。けれど、お昼から初夏のような絶好の行楽日和・・・、10分程待ち車内もぎゅうぎゅうの混雑で、10~15分かかりようやく到着・・・。
f0221708_146237.jpg
クーラーも利き座れたものの、平日に来るべきだった思いました。ちなみに春季のフェア期間は5/9までで、フェア期間以外の平日ならゆったり?行けるのではないでしょうか。シャトルバスも無料でJR奈良駅や大和郡山市平城宮跡駐車場や木津川平城宮跡駐車場からも運行されています。始めにできれば平城宮歴史館の整理券(入場に必要)、40分から1時間待ちで整理券もこの日はすぐになくなっていました)をもらったり、ガイドマップを持って置かれると便利です。
f0221708_1454643.jpg

バスターミナルから朱雀門へ向かって歩いていくと初めに出迎えてくれたのは・・・、
せんとくん!ではなく奈良県警のマスコット ナポくん!!でした。元気に挨拶してくれているようですが、なにやら隣の女性に抱えられて移動中の病人のようなナポくん・・・。かわいそうにこの暑さで脱水症にでもなっているようでした。008.gif
他にも白バイや県警車に乗って記念撮影できるなど子どもたちは大喜びのサービスが・・・皮肉夫がぼそりと「こんな機会でもなかったら、(警官になるか)捕まるか時しか乗れないもんなー。」確かに大人の方は誰も近づいてなかったですけど・・・。f0221708_1956624.jpg
こちらはいつも電車から(大極殿側)見る朱雀門です。混雑から起こる危険回避のためあちこち一方通行で、ここも朱雀門の正面から門を通るようになっています。
f0221708_1473483.jpg

こちらが正面の朱雀門!その前の朱雀門広場では、奈良物産展のような奈良の特産品を使ったお菓子や焼き鳥やお酒など奈良にあるこだわりのお店(他にも金魚すくいや銅版)が、奈良時代庶民の楽しみであったような市のにぎわいをみせていました。f0221708_1475292.jpg
また他にもシルクロードを通って、ならに入ってきたようなスリランカやネパール、インドのアーユルベーダのお店も軒を連ねていました。お祭り好きな方には、土日やフェア期間中が催しも多くて活気がありお勧めです。
f0221708_1482264.jpg

昼時をはずせば、エントランス広場や交流広場にあるレストランやフードコートでもゆっくり食べれます。またランチ持参でもいいですが、あちこちのショップで買った柿の葉寿司・わさび葉寿司や記念のお弁当、この市で食べ物を買って敷物を敷いたりして、ピクニック気分で食べるのも楽しいものです。f0221708_1483871.jpg
ちなみに私たちは、なら吉野の地酒を数杯試飲(ワンショット100~200円)し、
熱々の弾力のある大和地鶏(一皿500円)をおいしくいただきました。060.gif
f0221708_1485743.jpg

まだまだ呑み足りず、この時とばかりにいろんな奈良の地酒を堪能しようとしている酒好き夫です。お店の方々はとても親切で、商品にかける熱い思いやその商品の良さを次々に話してくださり、情熱が伝わってきて暖かい気持ちになりました。
f0221708_1492423.jpg
帰りにまた立ち寄り、こちらでお土産を買うこともお勧めです。なんだか人だかりがしているので、せんとくんにやっと会えるのかと思い行ってみると・・・、
f0221708_2002850.jpg

今度はマントくん?!とってもかわいいけど、
せんとくんと違いかなり動きにくそう・・・。けれどカメラを向けると
すぐポーズを決めてくれる、サービス精神旺盛なマントくんでした。049.gif
f0221708_1410685.jpg
この後朱雀門を越えて
f0221708_14102778.jpg

いよいよ(なかなか進まずすみません)大極殿へと向かいます。f0221708_14104840.jpg
近鉄線の線路を越えて、何だか不思議な光景だなーと思いながら歩いていきます。

More 大極殿
[PR]
by tukimi-kai | 2010-05-04 14:03 | 奈良 | Trackback | Comments(0)

温故知新 くるみの木

一昨日は雨降りでしたが、用があって近鉄石見駅を降りて、てくてく・・・。
春らしいまだ小さいタンポポを見つけました。f0221708_16161181.jpg

通学路を歩きながら、道草ばかりして帰りが遅くなったり、家に帰るとすぐランドセルを置いて、田んぼや山を走り回っていた小学生のころの記憶が蘇えります・・・。
f0221708_2016816.jpg
最近見かけなくなった、れんげまで満開で・・・懐かしくもあり、
今も咲き続けている所のあることが嬉しかったです。f0221708_16163015.jpg


昨日は用があって 奈良 へ行ってきました。
(とはいっても、奈良県人がいう奈良は=奈良市=もしくは奈良駅周辺やその北東部を指します。また、東大寺の大仏は「大仏さん」、桜井市三輪の大神神社は「みわさん」というように、ご近所さんみたいに親しみがこもってます。)037.gif
f0221708_2017474.jpg

朱雀門が見えてきました!近鉄西大寺駅から近鉄新大宮駅間に電車から見える朱雀門や平城宮跡も壮観ですが、こちらは308号線の国道側からです。
ずっと道路や平城宮跡会場が工事中で心配していましたが、
4月24日から始まる平城遷都1300年祭に向けての工事がほぼ終わろうとしていて安心しました。また、今の季節、道路から見える山や森の草木や平城宮跡の芝生に新芽が芽吹き、新緑が眼に優しく心地よく感じました。

続きは・・・くるみの木
[PR]
by tukimi-kai | 2010-04-14 20:35 | 奈良 | Trackback | Comments(0)


大好きな旅のように、      自分の人生=日々の暮らしをも楽しみたいです。


by tukimi-kai

プロフィールを見る

最新の記事

香川&徳島の旅*うどん県で頂..
at 2017-10-02 14:26
御菓子司 風情ある…なかにし..
at 2017-09-14 16:47
終戦の日 豊作の葡萄と共存共..
at 2017-08-15 20:37
ふらり奈良旅*奈良の銘酒”春..
at 2017-07-05 12:57
ふらり奈良旅*変わりゆく?!..
at 2017-06-30 15:21

カテゴリ

ご挨拶
衣食住
心技体
奈良
京都
福井
香川&徳島2010
香川&徳島2012
香川&徳島2013
香川&徳島2014
和歌山2010
和歌山2011
和歌山2012
兵庫2013
東京2013
東京2014
沖縄2015
沖縄2016
大阪2010
大阪2011
大阪2012
大阪2013
大阪2014
大阪2015
大阪2016
サイパン2010
ギリシャ
イタリア
東日本大震災
香川&徳島2016
香川&徳島2017

記事ランキング

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...

タグ

ブログパーツ

  • このブログへのリンクはフリーですが、掲載されている写真・画像・イラスト・文章を無断で使用することを禁じます。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31