タグ:home ( 57 ) タグの人気記事

祝結婚式 The Hilltop Terrace NARA

8月のビッグイベントに弟の結婚式がありました。

f0221708_16111967.jpg


歳が離れ親のように成長をも守ってきた弟に関する私と母の心配事は、ここ数年、絶えず…。
「彼女ができない…。」「彼女ができた!」「仕事を急に辞めた…。」「仕事が決まらない…。見つからない…。」
「仕事が決まった!」「貯金ができない…。」「車を買い替え、少し貯まりはじめた!」それから数年…

f0221708_16115960.jpg


「貯金ができ、結婚することが決まった!」と事あるごとに心配&喜んできたけれど、ようやく
素敵なパートナーと出会え、人生の幸せを手に入れた喜びでいっぱいと、少し淋しいような安心したような気持ちに…。

そして、結婚式当日…。

f0221708_16124135.jpg


二人が数年前から貯金し、親からの資金援助いっさいなしに、
前々から一所懸命に考え計画してくれた親族だけの式や披露宴は、

f0221708_16152021.jpg


サプライズが多くて驚いたり、ゆったりできて、(親族挨拶や写真&動画撮影に忙しかったけれど)
本当に笑顔が絶えない明るくて、参列者を楽しく感動させてくれる式でした。

f0221708_16124955.jpg


私は、歳の離れた弟が立派に成長し、素敵なお嫁さんがもらえたことに、親のように感動して、
嬉しくて嬉しくて、ちょくちょく泣いていましたが(音楽つき入場の度・挨拶や会話の途中)本当にほっと安心しました。

f0221708_1616463.jpg


今までの苦労してきた二人だから、これからは多くの見守る親族や友人にも少し甘えて!?
二人の人生を楽しみながら歩んでいってほしいなと思いました。

f0221708_16161594.jpg


そして、奈良で結婚式を挙げるなら、少し高いかもしれませんが、

f0221708_16182864.jpg


こちらの"THE HILLTOP TERRACE NARA"(ザ・ヒルトップテラス奈良)がお勧めです♪
★HP☆Facebook

f0221708_16173511.jpg


ブライダルフェアも盛りだくさんみたいで、ゆっくり結婚式&披露宴プランを考える方には、
大変でしょうが、いろんなフェアに参加でき、楽しみながら計画を立てていけそう…。

f0221708_1617646.jpg


奈良の自然が満喫でき、着替え中…鹿さんが遊びに来てくれたり、テラスに出ると若草山が望めたり、

f0221708_16175083.jpg


お料理が美味しく、スタッフの細やかな気遣いも良かった、海外挙式のような雰囲気のこの式場を選んで、

f0221708_1646655.jpg


親族・家族を式に招いてくれた二人に、本当に感謝のありがとうと、おめでとう!!の祝福を~060.gif

f0221708_16205095.jpg


また、式を挙げない方も利用できるレストラン"La Terrasse(仏蘭西料理 ラ・テラス)"もあり、
四季折々の奈良の景色を眺めながら、記念日のランチやディナーも楽しめそうです♪
★HP☆Facebook

f0221708_16185251.jpg




にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ

ブログランキングに参加しています。更新の励みになりますので
よろしければこちら↑に「素敵な所だね♪」というあたたかい応援クリックをお願いいたします。
クリックいただきますと他の方の楽しいブログもご覧いただけます。

More 母最後にも感動の…。
[PR]
by tukimi-kai | 2013-09-14 16:51 | 奈良 | Trackback | Comments(2)

向夏の候 MOJITO

向夏(こうが)の候、いかがお過ごしでしょうか?
じめじめした梅雨の季節がなかったかのように、ずっと雨が降らない空梅雨(からつゆ)から、
昨日からは30度を超える真夏日を迎え、高温注意報も今年初めて発令されたとか…。
来週は少し雨が降るそうですが、これから35度を超える猛暑日の日も出てきそうで、
熱中症の危険が伴う夏に、「向暑の候」と言う挨拶文もぴったり来そうな勢いで、熱い夏に向かっている奈良です…。

毎週の更新を楽しみにしている!? キザ夫のFacebookの「今日はそんな話(一日・休日・紹介)」で
〆るそのシリーズ記事を、承諾を受けて今回も転載させてもらいます。

f0221708_912558.jpg


ドン・ファンクド・バカルディによって生み出された世界最大のラム酒ブランド「バカルディ」
このバカルディを使ったカクテルが「モヒート」

起源はイギリスの英雄「フランシス・ドレーク」の部下「リチャード・ドレーク」が
現地の人にふるまうためだとか、医療目的だとか…言われている。
当時、ライムと砂糖は船乗りにとって…医薬品。
今では世界中で嗜好されているカクテル。

f0221708_9125664.jpg


ラム、ライム、ソーダ水、砂糖、そして忘れてはいけないミントの葉。
ミントをつぶし、その香りが楽しめる甘口カクテル。
これから夏にかけ、キンキンに冷やしたグラスと、クラッシュアイス。

このモヒートを飲むたび、カリブ海族の「フランシス・ドレーク」の話を思い出す。
何でもない日常に秘められたロマンあふれるカクテル・モヒート


なかなか減らないBacardi。ミントとライムを追加で購入。
ささやかな自宅バカンス…。




今日はそんな話。

f0221708_9225330.jpg



ブログランキングに参加しています。更新の励みになりますので
よろしければこちら↓に「呑んでみようかな…。」という応援クリックをお願いいたします。
クリックいただきますと他の方の楽しいブログもご覧いただけます。060.gif



にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ


6月に入ってから、全く更新していなかったにもかかわらず、多くの方が見てくださっているのは・・・
「梅シロップ 梅ジャム 梅ジュース」で調べられて、検索エンジンにヒットする
「南高梅で 梅シロップ作り」「南高梅で 梅シロップと梅ジャムに梅ジュース!?」よければご覧くださいね。

お陰でこの季節は、平年の梅雨時期というだけでなく、夏に向けて行う、梅作業の季節も感じさせてもらっています。
2年前失敗してからは、もう挑戦していないのだけれど…
本当はアルコール飲料よりも、梅ジュースや麦茶等…熱中症予防にもこれからの季節にはピッタリかもしれません…。

どうぞこれから夏に向けての季節…、涼しくお身体お気をつけてお過ごしください。
ちなみに今年も生駒市では、節電対策の一貫で、7月20日-8月31日まで
プール(イモ山公園・滝寺公園)や浴場(ふれあいセンター)の無料開放がございます。
*よろしければ昨年の記事→「滝寺公園 生駒市民プール」もどうぞ。
[PR]
by tukimi-kai | 2013-06-14 09:30 | 衣食住 | Trackback | Comments(2)

感恩戴徳 母の日

5月の第2日曜日がいわゆる母の日。
今年は5月12日。

f0221708_16111517.jpg


意外なことに世界中で「母の日」がある。
多くの国が5月に集中し、第2日曜日が一番多い。

日本の母の日の起源になったのがアメリカ。

f0221708_1141256.jpg


1907年アンナ・ジャービスたる人物が、亡き母親を偲び、
母が日曜学校の教師をしていた教会で記念会をもち、白いカーネーションを贈った。

後に定着し5月第2日曜日が「母の日」と定められた。
これが日本やアメリカでの母の日の起源とされ、今でもカーネーションを贈る。

f0221708_1613281.jpg


私には母がいないので妻の母に花を贈る。あと姉にも。
妻には花でなくタルト。

5月12日、世界中で多くの人が、日頃の母への感謝を表すことだろう。





今日はそんな1日


毎週の更新を楽しみにしている!? 猫夫のFacebookの「今日はそんな一日」で〆るそのシリーズ記事の
今日更新された「母の日」の記事の承諾を受けて、今回も転用させてもらいました。

"感恩戴徳"(かんおんたいとく)の意味は、「心からありがたく思って感謝感激するさま。恩に着て敬愛の念を持つこと。」だそうです。
日頃の感謝の気持ちを、何らかの形で表すことで喜んでもらえると、こちらもまた感激して嬉しくなる気がします。
皆様はどなたかお世話になった方への、日頃の感謝の気持ちを伝えられたでしょうか?



こちらのblogをご覧いただき、ありがとうございました。ランキングに参加中・・・。
更新の励みになりますので、応援クリック↓をよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良県情報へ

More
[PR]
by tukimi-kai | 2013-05-12 16:23 | 心技体 | Trackback | Comments(0)

国利民福 節分に呼び寄せる福

節分の日から1週間が過ぎ、その翌日の2月4日から新しい歳としての1年の運勢が始まり、
2013年もすでに2ヵ月が過ぎていますが、皆様どのようにお過ごしでしょうか?
1週間前の節分の日の記録ですが、来年はどうなることかわかりませんので、記録に残しておこうと思っています。

f0221708_0295564.jpg


今年は偶然にも日曜日で、猫夫が珍しく!!優しい気遣いで
「今年は時間もかかるし、もう作らなくていいよ。」というので迷ったのですが…、
2011年から作り始めて、今年もなんとなく恵方巻き+サラダ巻を作ってしまいました。
普段料理に、時間も手間もかけないので(料理は苦手ですし)、この節分の日くらいはということで…。
また、実際に、それまで年に1.2回は風邪等で会社を休んでいたのに、
周囲でインフルエンザが流行していても、罹患せず過ごせているだけでも、
健康管理ができるようになっただけでも、この節分の行事を大切にしている意味があると信じて…。
きっと代々この行事が時代が変わっても受け継がれているのは、このような日本人の心理も影響しているのだろうなと思います。

2011年に以下の事を知ってからはまた強く意識してしまうのです…。

f0221708_0302634.jpg


節分(せつぶん)は、本来は各季節の始まりの日の立春・立夏・立秋・立冬の前日で、「季節を分ける」ことを意味し、
江戸時代以降は特に、立春(毎年2月4日ごろ)の前日を指す季節の変わり目には、
邪気(鬼)が生じると考えられており、豆が「魔滅」に通じる為、鬼に豆をぶつけることにより邪気を追い払い、
一年の無病息災を願うことと、悪霊ばらい行事として豆まきが行なわれたのだとか…。

2月になって悪態をつき(冗談でも毒舌に)や悪魔の好むような映像を見ている猫夫に驚き、
本当にこの人「鬼や悪魔が乗り移っているよう…。」と感じて、豆は数え年(今年迎える歳+1歳)分多く食べながら、
猫夫に向けて「鬼は外!」と投げるしぐさで、豆まきを…。
いつもは一人ベランダまきの豆まきだった(小さく翌日つぶしていました)のですが、
野鳥(ヒヨドリ&スズメに時々ハト)が、豆をのどに詰まらせ苦しませてしまったらかわいそうだと
なぜか今年は感じて…。しかも普通の豆ではなかったので…。

今年は一昨年・昨年の反省があって!?、4合のお米を炊き、恵方巻き(結局具材は、卵焼きも忘れて6種類…)は、
シンプルに細めの2本(まるかぶりをする為)と、サラダ巻きが8本の計10本を作りました。
その具材をつくるのと同時に、人参や鶏肉に厚揚げも加えて、煮物や菜の花のお浸しも…。


過去の節分の記事もよければどうぞ。

「無病息災 節分の恵方巻」2011年かなり詳しい節分の日の話…。
「邪気払い 節分から立春へ」2012年詳しい恵方巻きの作り方の話…。


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良県情報へ

ブログランキングに参加しています。更新の励みになりますので
あたたかい応援クリック↑をお願いいたします。
クリックいただきますと他の方の楽しいブログもご覧いただけます。

More 国利民福の意味とLINE…。
[PR]
by tukimi-kai | 2013-02-10 00:56 | 衣食住 | Trackback | Comments(2)

永寿嘉福 詰め合わせおせち

今更ですが、お正月の記録を残しておきたいと思います。

昨年末はいろいろあって…、全く大掃除もおせち料理もする気力がなかったものの、
仕方なくなく今年で最後と思いながら、8か所16枚の窓掃除をしていたら、自然と綺麗になることが楽しくなって、
結局いつも通りの年末の大掃除とおせち料理を作ることとなりました。
とはいえ、ほとんど購入したものが多い、"詰め合わせおせち"です。

f0221708_20582894.jpg


振り返ってみてみると、昨年(「冷吟閑酔 3重おせち」で詳しく説明)とほとんど変わらず…。

紅白なますと煮しめと(奈良特有の白みそ仕立てのお雑煮ではなく)あっさり関東風のおすましお雑煮…。
数の子とお酒や屠蘇散は、夫担当です。一昨年よりも昨年、今年と味や見た目は美味しくなってきていると、成長してきていると自分だけでも満足しながら…。


f0221708_2059833.jpg


結局、いろいろあっても毎年と同様?より、むしろ、当たり前のお正月が迎えられる、
新しい年が温かい家の中で過ごせることに感謝して過ごせた今年のお正月でした。

"永寿嘉福"(えいじゅかふく)とは、「長生きして(もしくは長い間)、幸せでありますように。」という意味だそうです。
少しでも元気で、病気があっても残された自由を幸せと感じ、家族仲良く長く暮らせますようにと願う新年でした。


皆様にとっても、多くの幸せを感じる年となりますように。






こちらのblogをご覧いただき、ありがとうございます。ランキングに参加中・・・。
まだまだ更新したい記事はあるのですが、写真の整理が間に合わず…。
更新の励みになりますので、応援クリック↓をよろしくお願いいたします。

人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
[PR]
by tukimi-kai | 2013-01-14 21:08 | 衣食住 | Trackback | Comments(0)

お餅つき 毎年恒例年末行事

あっという間に今年も終わり…大みそかになってしまいました。
皆様にとっては、どんな1年でしたか?
最後も…、大掃除やお餅つきにおせち料理と手首を酷使して痛みが続き、
時間が足りない私に代わって、猫夫のFacebookの記事を転用させてもらいます。

f0221708_23532556.jpg


12月30日は奥さんの実家にて恒例のお餅つき、
義父、義母、妻、義弟、義弟の彼女、甥っ子、姪っ子、そして私。
今年は参加人数が多かった、来年は義弟の結婚にてまた家族が増える。
たくさん突いたお餅は皆で分ける。私は突きたてのお餅を持って年末のあいさつ回りに・・・、
正月は意外に休みがない我が家。

f0221708_235421100.jpg


「正月のお餅の由来」

正月には「米の収穫祭」という側面があります。
米が取れたことを祖霊に感謝し、また収穫された米を祖霊に供えることで、一年の平穏を祈りました。
餅を供えるのは、そのような米の収穫祭とも融合します。
このように、正月に来訪する祖霊や神霊を「年玉(としだま)」ともいいます。

縁起物のおすそ分け。お正月はみんなに授かるといいな、福の神。





にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良県情報へ

More 覚え書き…。
[PR]
by tukimi-kai | 2012-12-31 23:58 | 奈良 | Trackback | Comments(0)

深緑の夏 さよなら愛車

朝夕は少し!?涼しくなりましたが、日中は35度を超える猛暑で、高温注意情報が発令する、残暑厳しい折ですが…。
新緑の里山の風景の写真(実家近く)と、先月車検したばかりの18年乗っている愛車が故障し、
新車を購入することになった、その故障した状況を記しておきたいと思います。
その日(8月7日(火))は突然やってきました。

f0221708_2044580.jpg


車を駐車場から出す際に黒い物体!?が少し高い台に置かれていて…、
「何かな…!?」と近づき手に取ってみると、それはなんと私の愛車のフォグランプカバーでした…。
そして無理やりそれをかぶせると同時に、何かのスイッチがカチッと入ったかのように…。
その時同時に、珍しく夫からの携帯のベルが鳴り、仕事帰りの夫を駅まで迎えに行くことになりました。

f0221708_20405688.jpg


到着するとともに、何やらクレゾール臭が車内に立ち込め、少し不吉な予感がしました。
夫が乗車し、車を発進させようとPからDにシフトチェンジした途端…、
アクセルを踏んでもいないのに!坂道なのに!?車が勝手に坂を上がり始め…、
「この車…何かおかしい…。」と思いながら、ゆっくりと坂道を上がり自宅近くの駐車場へ、
なんとかその日は無事に帰りました。
あまりに気持ち悪くて、その後も少し乗ってみましたが、異常なエンジン音がし、
エンジンの回転数が通常2000-3000回転を維持するべきところ、停車中にも出力が低下し、
またそれを上げようと回転数が増えたりと、タコメーターが上下するという異常が起こっていました。

f0221708_20402613.jpg


翌日は近くのカーディーラー(自動車メーカー直列の販売店.以下ディーラー)が水曜日でお休みで、
その2日後(8月9日(木))、暴走車と化しそうな故障した愛車で、ゆっくり恐る恐る運転し行くことに…。
完全に動かず、危険を伴うと思われる故障であれば、
保険やさんやディーラーにお願いして引き取りに来てもらうことも考えたのでしたが…。
もしかしたら最後の運転になるかもと思ったのと、珍しく夫の休みがとれたので、少し安心して…。
結局…、その日は愛車を預けて、はっきりした故障の原因が分かったのは翌日…。

More 故障の原因は…!?
[PR]
by tukimi-kai | 2012-08-20 21:05 | 衣食住 | Trackback | Comments(0)

風樹の嘆 桜井の里山の桜

多くの桜が散り、葉桜となって、桜の季節が終わってしまったと少し淋しい気もしていましたが、
日中の気温は20度を超える初夏の暖かさ(暑さ…)を感じると伴に、
眼に入る多くの植物たちが一斉に芽吹き、山々の景色も春から初夏の新緑の季節となってきています。
f0221708_17192687.jpg

先々週…?先日!!撮影した桜の写真が幾枚とあり、今週中は奈良や気温の低いところでは、まだしだれ桜や八重桜は楽しめるかもしれないということで、もう少し桜の写真入り記事によければおつき合い下さい…。
f0221708_17205920.jpg

久しぶりに、実家へ帰った時の里山の桜…。
休耕田を利用して町おこし?村おこし!の一つとして始まった菜の花プロジェクトや桜の植樹…。
(詳しくは昨年の記事「自然療法 春の野花」でよければどうぞ。)
昨年植えられたばかりの桜の苗木にもようやく花が咲き、これから年々大きく成長していくのも楽しみな反面、村民の高齢化や過疎化、当の本人たちの気持ちはと…考えてしまうと、複雑です…。
f0221708_17225382.jpg

何の戸惑いも感じず自然なまま田畑を維持管理され、恵まれた環境下で、安全で安心なお米やお野菜をいただき育ってきたことが・・・、今となっては、自然の恵みであり、本当に有難かった思える昨今…。
f0221708_1732199.jpg

ここに来る度、自然に癒しされると同時に、強く芽生える、申し訳ない自責の念のような気持ちと、今はどうしようもできないけれどいつかは…という歯がゆい"風樹の嘆"(ふうじゅのたん)を強く感じてしまいます。

More "風樹の嘆"の意味と…。
[PR]
by tukimi-kai | 2012-04-24 18:21 | 奈良 | Trackback | Comments(2)

冷吟閑酔 3重おせち

冬の寒さが一番厳しい"寒"の時期に入ることを「寒の入り」(今年は1月6日)といい、
その"寒"は、24節気のうち"小寒"から始まり、もっとも寒い"大寒"を過ぎて"立春"になるとか。
ということで・・・、寒中見舞い申し上げます。
ますます寒さ厳しい折ですので、どうぞ節電の冬ですが、暖かくしてお過ごしください。
この時期、私自身も体調が悪化しやすく、本当に沖縄やハワイに移住するか、
温泉でずっと過ごす湯治(とうじ)にでも行きたいと、毎年のように考えてしまいますが・・・。

f0221708_16181236.jpg


さてさて、一応毎年?昨年!?から、時間があるので作り始めたお節料理を、今年も記録として残しておこうかなと思っています。
同じようなblog記事を載せるのは、辞めておこうかなとも思ったのですが、きっと来年は作らないかな?とも思って・・・!?

f0221708_1620753.jpg


作ったと言っても、昨年同様?紅白なますと、煮しめ(高野豆腐入りと鶏肉入りの2種類)とお雑煮と、
夫担当の数の子だけで(お酒の肴になるようなものばかり・・・)、他は購入した詰め合わせおせちなのですが・・・。
自己流で作るよりも、レシピを参考に作るほうがおいしいことが分かり、
今年もその方法で作って、仕上げは味見をして少し調整しての出来上がりでした。

f0221708_16183494.jpg


煮しめは、昨年からこちらのレシピを参考にさせてもらいながら、七福になる!?ように、
里芋・人参・蒟蒻・蓮根・くわい・しいたけ+高野豆腐or鶏肉("七福をとる"にかけてだそう・・・)を入れると、
量が多くてお鍋いっぱいで何だか煮過ぎてしまって大変でした。
最終的にこちらはお正月三が日では食べきれず、小さく切ってお好み焼きの具材に・・・。
紅白なますは、こちらのレシピですが、冷凍しなかったので、シャキシャキ感はなく・・、
前年姉に千切りになっていないと言われたので、今回は千切りスライサー?を使って・・・。
けれど、一度作ってみたかった本物の柚子を使った器に、
その柚子の果汁も絞って皮も入れて(本当はすりおろし?)、甘酸っぱくてなかなか美味しかったです。
夫に言わせると「紅白なます・・・!と言う感じですかね・・・」ということで、これが彼の褒め言葉?のようでした。

f0221708_1619387.jpg


そして、1月2日に姉家族も集まる実家用にも、同じように詰め合わせおせちを・・・。
けれど、毎年すべてを数日前から下ごしらえして作る、実母のおせちの味にはかないません。
母も7.8人分くらいを1人ずつの重に詰めて作っているのですが、
我が家の二人にも、いつもパックに入れて持ち帰らせてくれていて・・・。
見た目ではない、本当に心のこもった、子どもの時には分からなかったお正月の節句の料理で、いつも安心できる美味しい、飽きのこない味・・・。

f0221708_16192769.jpg


ただ我が家でも、毎年作っていると、おいしく作れるコツもわかってきたりして・・・。
夫は今年も屠蘇散(とそさん)が手に入り満足した様子(薬局やドラッグストアであるようです)で、
今年のお酒はなぜか呑みやすく美味しいと感じたのには・・・、包まれていた袋に書かれていたみりんを少し加えたせいだからだとか。
数の子も昨年まで適当に作っていたようなのですが、今年は私と同じくレシピを参考にもして・・・。

f0221708_16185715.jpg


白居易の「舟中晩起」の中に、さりげなく歌を吟じ、
ほのかに酔う気ままな暮らしを例えた、"冷吟閑酔"(れいぎんかんすい)という言葉があるそうです。
元旦からお正月の三が日だけは、思い存分呑んで、のんびりしてもらえるように、
前日の大晦日は料理苦手な私も、3重のおせち作りに頑張るのでした。
そして、3つのおせちに、いつも私は2種類のお雑煮をいただいて、ようやく新しい年を迎えられる、そんな気がするのでした。




人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ

ちなみにそのお雑煮は、以前は関東風のおすまし雑煮(夫希望)と、
関西でも奈良特有の白味噌仕立てで具沢山の雑煮に丸餅で、その丸餅はきな粉で食べるという2種類でしたが、
年々あっさりしたものが好きになって、今年は我が家はおすまし風の雑煮のみ、
実家で奈良特有の"きな粉雑煮"(と云うらしい!?)をいただきました。きな粉でお餅を食べるのを忘れてしまいましたが・・・。
[PR]
by tukimi-kai | 2012-01-08 17:19 | 衣食住 | Trackback | Comments(2)

歳の暮れ 餅つきと彩華に年越し

年末年始と毎年恒例行事で、自分たちでなぜだか忙しくしているような我が家・・・。
年始もあわただしくあちらこちらと初詣に行っていて、ようやく日常をとり戻しつつ、
今年ももう1週間も過ぎてしまっていた事に、月日の経つ時間の速さを感じます。
子どもが感じる時間の流れより、大人が早く感じてしまうのは、
子どもより行うべき事や考える事が多かったり、集中していたり忙しかったりする為だと思っていましたが・・・。

f0221708_1947969.jpg


「哀しかったり辛かったりしんどい時は、時間がなかなか過ぎないでしょう。」と言う言葉にドキッとし、
楽しかったり嬉しかったり幸せな充実した時間が時を早く感じさせるんだなと思いました。
(年始早々楽しいことばかりではなかったのですが・・・)

さてさて年末に戻って・・・、大慌てでサイパンへ行く前に親戚へのお歳暮をいつものようにお送りしたのですが・・・、
毎年12月30日は実家へ戻って姪や甥と共に、杵と石臼でのお餅つきを行ない、
つきたてできたてのお餅を配る、お歳暮周り?のような事が習わしとなっています。
(前年の様子は「年末恒例 お餅つき」もよければ。)

f0221708_222959100.jpg


この日は、村の中でご不幸事があり、行なうかどうかも迷っていたのですが、実父がその用でいない中、
代わりに弟やその彼女も手伝ってくれることとなり、7人(前の年は結局6人)の若い世代で作ることに・・・。
とは言っても、もち米洗いから蒸しや準備はほとんどが実母なので、感謝です・・・。
そしていつもはにぎやかにゆったりワイワイという感じなのですが、ご不幸ごとがあったこともあり、
1升を4回(と多くのお餅をつき丸めるのに必死で、何だか気ぜわしく終わってしまいました。
ちなみに、1・2升目は何も入れない白餅、3升目は桜海老を1袋入れただけの薄紅色餅、
最後の4升目に蓬をたっぷり入れた緑色がきれいなよもぎ餅に・・・。

f0221708_19474619.jpg


けれど気がつけば、みんな丸めたお餅を、最後に1口2口?1個2個!!何も味付けせずに、
こっそり?口に入れて試食中・・・。本来のもち米のおいしさがたまらないのです。
(私はつきかけの小づちされたもち米の形が残ったままを、おろし大根醤油で食べるのが一番おいしいと感じるのですが・・・)
大人には準備や後片付けが大変な作業でも、子どもたちにとってはいいお手伝いで、
楽しい思い出になるといいなぁと思ったりも・・・。そして、何といっても買ったり機械つきのお餅と違って、
出来立てはもちろん、時間が経っても、(すぐ冷凍保存しておき、焼くと)やわらかくておいしいので、
実母も毎年頑張ってくれることが、有難いなと思います。

More 歳暮の意味と彩華と年越しそば・・・。
[PR]
by tukimi-kai | 2012-01-07 21:07 | 衣食住 | Trackback | Comments(0)


大好きな旅のように、      自分の人生=日々の暮らしをも楽しみたいです。


by tukimi-kai

プロフィールを見る

最新の記事

香川&徳島の旅*うどん県で頂..
at 2017-10-02 14:26
御菓子司 風情ある…なかにし..
at 2017-09-14 16:47
終戦の日 豊作の葡萄と共存共..
at 2017-08-15 20:37
ふらり奈良旅*奈良の銘酒”春..
at 2017-07-05 12:57
ふらり奈良旅*変わりゆく?!..
at 2017-06-30 15:21

カテゴリ

ご挨拶
衣食住
心技体
奈良
京都
福井
香川&徳島2010
香川&徳島2012
香川&徳島2013
香川&徳島2014
和歌山2010
和歌山2011
和歌山2012
兵庫2013
東京2013
東京2014
沖縄2015
沖縄2016
大阪2010
大阪2011
大阪2012
大阪2013
大阪2014
大阪2015
大阪2016
サイパン2010
ギリシャ
イタリア
東日本大震災
香川&徳島2016
香川&徳島2017

記事ランキング

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...

タグ

ブログパーツ

  • このブログへのリンクはフリーですが、掲載されている写真・画像・イラスト・文章を無断で使用することを禁じます。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31