タグ:health ( 24 ) タグの人気記事

検査手順 マインドフルネスの深呼吸が役立つ?!人間ドック


弥生(やよい)3月が終わり、
春らしい花咲きの季節を感じる卯月(うづき)4月が始まろうとしています。

「暑さ寒さも彼岸まで…」と云われる…3月20日の二十四節気の"春分の日"を過ぎた後も、
季節の変わり目や寒い低気温の日も多く、体調が悪い日ばかりで、疲れていました…。
以前まとめてあった記事がお蔵入りするのも…もったいなく感じ、
どなたかの参考になれば嬉しいので、自分の体験としても…書き残しておきたいと思います。

f0221708_17515338.jpg


40歳になったのを機に、健康診査(健診)に毎年行き出しました。
(加入している保険の種類により、内容は少し異なると思います…。)
市町村からのがん検診(5年に一度だけ無料)も含めた…無料の健診の案内が届き、行かれた方も多いのではないでしょうか。


昨年2016年からは、猫夫の勧めもあり、より詳しい検査も追加された…人間ドッグに行きだしました。
昨年受けた…人間ドックは、 「早期発見 40歳からの?!健診&人間ドックの大切さ」↑でも
その初めての体験の感想を綴りましたが、今回は、私が体験した人間ドックのそれぞれの検査項目と、
初めての方でも安心できる?!イメージしやすい…検査を受ける側の手順や気づき等を簡単に綴っておきたいと思います。
集団検診や個人のクリニック等…検査を受ける施設や人数によっても、その検査手順や方法は違いますので、
参考程度にしていただけるようにお願いいたします。



More 人間ドックの検査手順&マインドフルネスの深呼吸とは?!
[PR]
by tukimi-kai | 2017-03-31 18:08 | 心技体 | Trackback | Comments(0)

早期発見 40歳からの?!健診&人間ドックの大切さ

あちらこちらで梅の花も咲き始め、春の訪れを告げる早春のニュースも入ってきました。
姪っ子の私立の受験や発表が終わり、一つの合格が決まっただけで、
公立高校の受験は来月ですが…かなりほっと安心しています。

受験前の2週間や1ヶ月前は、食事ができず腹痛が酷くなる等で、救急で点滴を受けたりと…
かなりのストレスを感じ心配していたので…より一層合格できたことは嬉しくて…親心を感じています。

f0221708_18224678.jpg


そして現在は、猫夫の職場でインフルエンザが流行りだし、猫夫も微熱がある等の心配も…。
毎年、この時期は花粉症もあり、マスクの装着や手洗いやうがいも励行していますが、
節分の恵方巻を食べることで?!なんとかインフルエンザになる事は避けてきたので、今年も悪化しないように願っています。

f0221708_1822241.jpg


40歳を過ぎた頃から…"健康診査(健診)"も受けていた為、必要性はないかもと思っていた…"人間ドック"でしたが、
夫の会社の福利厚生で…会社負担もあり少し安く受けれると聞き、申し込んでくれていたので、先月中旬に受けてきました。

写真は、"人間ドック"のご褒美に?!(割引券を頂き…)ランチへ出かけたホテルの様子です。
かなり高価な"人間ドック"が可能な施設は、年々増え…ホテル並みの優雅な雰囲気やコンシェルジュがいるサービス付で、
検診をスムーズに進める為に、快適にサポートしてくれているかのように感じます。


f0221708_18254158.jpg


すでに数年前から…日本人の死亡原因の1位が悪性新生物(癌)で、
2人に1人は癌にかかると言われる昨今…年々癌の治療には、早期発見が大切と危機感も感じ、
癌家系ではないけれど、未だ乳癌検診は受けたことがなく、きちんと受けてみたいとも感じていたのでいい機会になったとも思います。



More 40歳代に限らない!!健診&人間ドックの大切さ
[PR]
by tukimi-kai | 2016-02-11 17:47 | 心技体 | Trackback | Comments(0)

皆既月食 赤い満月

お昼間はまだ汗をかくほど動くと暑いのに(私だけ!?)、
朝夕はめっきりと冷え込み、気温が下がり、長袖&上着がないと寒いくらいの寒さも感じ、
桜や柿の紅葉した葉もちらほら散り始め…紅葉が綺麗に感じる!?秋らしい季節になってまいりました。

f0221708_23415893.jpg


先週末に衣替えを終え、設えも絨毯をだし、秋の設えに代えておいてよかったかなと思います…。
また今年最強と云われる勢力の強い台風19号も近づいているようですので、皆様”備えあれば憂いなし”で厳重なご用心を…。

f0221708_23401835.jpg


いまさらですが…、10月8日の天体現象の皆既月食は、皆様ご覧になられたでしょうか??
なんと2日前の10月6日の十三夜の満月近くから、秘かにお月見をし…楽しみにしていたもので…。

f0221708_23435458.jpg


皆既月食はほとんど映ってはいませんが…写真だけ…!?
ブログを始めて4年になりますが、ブルームーンやスーパームーンや金環日食はあっても、
皆既月食は初めてでしたので…、前回のスーパームーン同様…雰囲気だけでもわかるように…残しておこうかなと思います。

f0221708_2202370.jpg


皆既月食は、3年に一度と…よくある天体現象のようですが、
直前まで…場所によっては雲が多く、見ることができるのかさえもわからず…、
結果…日本全国各地で見ることができたのは、稀なことだったとか。


にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ

More 赤い月と秋の淋しさの意味…。
[PR]
by tukimi-kai | 2014-10-11 23:55 | 衣食住 | Trackback | Comments(0)

入院準備 入院&手術後に必要なもの

3月に入りましたが、まだまだ奈良のお水取りが終わるまで(3月14日)!?春分の日が来るまで!!は寒い日が続きそうで…
暖かく快適な入院生活を過ごせた、2週間の入院生活で感じたことを残しておきたいと思います。
今回は入院準備編です。 かなり長いですし、関心のある方はよければ…。

f0221708_2117838.jpg


入院準備をするにあたって…、これまで旅行や断食療養所やお見舞いや付添いの経験で、イメージはできましたが、
入院する病院の違いで必要なもの不要なものもあり、初めて入院する病院の最近の様子が今一つ解らないまま、
何となく揃えてみたものが案外使い勝手が良かったので、今回は必要なものを私なりの解釈で残しておきたいと思います。
もし入院される方や今後入院準備される家族の方が、少しでも参考になりましたら嬉しく思います。

f0221708_21344484.jpg


入院するまでに初診でレントゲン等の初期診断の検査、その結果と今後の治療方針を決める再診が必要で、
その間に2.3週間はかかり、緊急時は即入院になりますが、
予定の場合は初診から1か月先の入院になることもあり、準備をするには十分な時間がありました。

ちなみに初診の場合、近医やかかりつけの病院がある方は紹介状持参で。
紹介状がない時は、500床以上の病院により自由に決められる保険外併用療養費が自費での支払いになります。
→HPより「初診診療(初診料算定時)の場合、医師からの紹介状(診療情報提供書)をお持ちでない方は、
保険外併用療養費として、自費で2,500円(消費税を含む)をご負担していただくことになりますので、ご了承ください。」
2016(平成28)年~自費で5,000円に変更されました。
詳しくは➼『厚生労働省-紹介状なしの大病院受診時に係る選定療養について-』PDF

f0221708_21204519.jpg


入院&手術日程が決まると、まずは全身麻酔が必要な方は、手術1週間前後で術前検査↑を受けます。
その最後に入院受付で、入院手続きをし、説明を受けるのですが…。
入院&手術日程が決まって、早め準備が必要と受け取った入院案内のリーフレットを見ていたので、
入院準備に関しての疑問点を質問…。
3セットくらい買い揃えたパジャマが全く必要なく、入院中は1日73円(自費)の「指定病衣」着用の事実を確認!!
入院案内のリーフレットをよく見ていなかったのと、当然必要だと思っていたからでした…。

HPより「※感染防止及び入院環境衛生上「指定病衣」をご着用いただくよう、
協力をお願いいたしております。(使用料・洗濯代含み73円/日)」

尚、手術前後は、ディスポーザブル(使い捨て)のガウン(ワンピース式)を着用します。
「指定病衣」があることで、入院荷物も少なくなり、かなり洗濯ものも少なくて助かりましたが、
最近の病院は感染防止や入院環境衛生上、こんなシステムがあるようです。病院により違うので確認は必要ですが…。

f0221708_21211766.jpg


入院&手術が決まれば、承諾書や同意書等記入する書類用紙がたくさん…。
手術承諾書や入院だけでなく、 院内での禁煙に家族もともに承諾印、
ネームプレートを部屋の入口に掲示してよいかも承諾印等、プライバシーポリシーに関係することも個人に許可が必要な時代…。

f0221708_21192224.jpg



にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ 

More 入院に必要なもの。
[PR]
by tukimi-kai | 2014-03-06 22:03 | 心技体 | Trackback | Comments(0)

入院生活 初!全身麻酔手術と入院体験談

人生初めての全身麻酔手術を受けて、1ヶ月が経ちました。

入院中、病室では携帯電話は基本的に使用禁止なので、カメラ機能を使って撮影した病院食や、
デイルーム(面会家族や見舞客用!?)からの景色や、覚え書きとして残しておいたメモをまとめて、
blogでも残しておきたいと思います。今回は初めてだらけの患者体験談です…。

今まで入院経験がある方は「あるある!」で、入院経験のない方は個人差は大きいですが、
少しでも参考にしていただければ嬉しく思います。長いのでお時間ある方はよければおつきあい下さい。

f0221708_1621954.jpg


家事や日々の疲れから解放され、普段できない読書やゆっくり養生したいと入院したものの…
術後の1週間は痛みでぐったりの毎日でした。
が…やはり毎日毎食の楽しみの病院食(三分粥→全粥→常食/手術3日後?より食事制限なし)の美味しさに、
(初入院なので比較ができないのですが…、上げ膳下げ膳に自分で料理しなくていいだけで感激!ちなみに苺はすべて差し入れです…)
ホテル並みの広さや、きれいで暖かい病院の快適さ、同室者の人達の明るさと、
若く綺麗で今時Nsの機敏さ、優しくいつも笑顔で接してくださる気さくなDrに癒される日々でした。

f0221708_1620963.jpg


中でも、海外旅行(バリ行き)目的で申請した休暇予定を、
すべて家事や病院通いに費やしてくれた夫の存在は大きく、初めて家族があることに感謝しました。

ただ手術室の前では、買え替えたばかりのスマホで写真を撮り、
Nsに唖然と驚かれドン引きされていましたが…健気に毎日通ってくれる姿は献身的だったり…。
お仕事が休みで環境や食生活も変わり、
入院日数が増えるにつれ疲労し不調を訴え、夫まで他院の受診するはめになり、少し申し訳なく思ったりも…。


にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ

More お時間ある方はよければ…。
[PR]
by tukimi-kai | 2014-02-23 16:49 | 心技体 | Trackback | Comments(8)

虫歯治療 親知らずの抜歯

この夏の思い出(半年間)と云えば…、虫歯治療や親知らずの抜歯もその一つ…。
文字ばかりで長く、かなり痛々しいので、関心のない方はスルーしてくださいね。

昨年12月下旬に訪れたサイパンで、いつも優しくダイビングをサポートとして下さる、
ダイビングショップのスタッフの方が病院に行っている!?と聞いて驚いたのですが、
どうやら2本の奥歯の虫歯が進行していて、抜歯に行っていたとのこと…。
ダイバーならよく御存じなことですが、虫歯があってダイビングをすることは致命的…。
歯の中に虫歯によってできた、空洞(隙間)に残る空気に水圧がかかり、
耳抜きで抜けない耳腔内に空気が残るときに、痛みを伴うと同様に、虫歯でも痛みが増強するのです。
一緒に潜れず、残念な反面、麻酔をして2本も抜歯した方の事が心配で…、
でも結局、体調が悪い私を気遣っていただいたり心配してもらったり…。

それから日本に帰って年末を迎えようとしていた12月27日、突然ポロンと口から出て来たものは…、
昔虫歯の治療をし、詰めたことがある銀歯部分…。
それから1・2週に一度のペースで、一つの歯の治療が終了すると思うと、
また隣の歯の昔詰めた部分がとれる等の繰り返しで、これまでの治療済みの歯の虫歯等を、再度治療していく半年が過ぎました。

f0221708_2182151.jpg


そしてようやくすべての虫歯の治療がすむと安心した最後に、ふと一番奥歯が黒くなっていることに気づき、
歯間ブラシで触れると、ポロッと穴が開き…、
歯科医に診てもらうと、親知らずが虫歯になってかなり進行し、抜歯する必要があるとのことでした。
「こちらでは処置できない(麻酔をして切開しないと抜歯できないため)ので、口腔外科にいき治療してください。」と…。
紹介状を書いていただき、レントゲンも借りて口腔外科を受診…。

虫歯治療の一貫で、簡単な処置と考えていた抜歯でしたが、初経験なのでその記録をこちらに残しておこうと、
Facebookに日記代わりに書き留めておいたものをまとめました。
私も経験者の方のブログで、処置やその後の回復のイメージがつかめ助かったので、
今後親知らずの抜歯をされる方の参考になったり、
皆様の日頃の歯磨きや定期的な歯科受診で、虫歯を予防するきっかけになれば嬉しく思います。

ちなみに親知らず(親不知・おやしらず)とは、「前から数えて8番目の歯(第三大臼歯・知歯)で、
20歳前後で生えてくる歯のため、平均寿命が40歳前後だった昔の人たちは、
自分の子供の親知らずが生えてくる前に亡くなってしまってこの歯を見ることが出来ない、というのが
親知らずの名前の由来だと言われている。」そうです。

f0221708_2183324.jpg


私の場合は、左右水平埋伏知歯(横向きに歯肉に埋まった親知らず)で、
虫歯になる心配がないとずっと思っていたのですが…いつの間にか出てきていて、虫歯にもなっていて…。
親知らずが虫歯になってしまうと、
「一番奥の歯なので治療器具が届きにくく、その後のメンテナンスも難しいので、治療をしたとしても高確率で再発する。
そのため、親知らずが虫歯になったら治療をせずに抜歯をするというケースも多くある。」のだとか。

簡単に考えていた抜歯でしたが、処置前の診察の同意書の際の説明では、
「真横に親知らずが生えているので、(下顎?)骨を削る可能性があるため骨髄炎の起こる危険性や、
近くを走る知覚神経を傷つけると、後に知覚鈍麻が起こる危険性。常用内服薬の副作用で出血が止まりにくく、
免疫抑制剤も服用しているので、感染してしまいやすい。」等とかなりリスクを伴うという話で、少し不安になっていました。

More 親知らずの抜歯&その後の経過…。
[PR]
by tukimi-kai | 2012-08-31 22:18 | 衣食住 | Trackback | Comments(0)

輪廻転生 女性の人生と死

先日家族が受けたセラピーの結果の報告で、こんな一文(一部抜粋)があり、少し考えてしまいました。
『人は約束してこの世に生まれてきます。「こういう人生テーマを達成したい。」「親になってもらっていいですか。」
「私はこういう人生テーマを達成したいので、ちょうど合っています。ぜひ私の子供に生まれてください。」
これは祖父母、近所の人、学校の人達、職場の人達、すべてに当てはまります。
ある人生を元に次の人生が起こり、その人生を元に次の人生が…の繰り返しになります。』

"輪廻転生"を信じるかどうかは、人それぞれなのだけれど、自分の死を恐れる人にとっては、
いつか生まれ変われ(人間に生まれ変われるかは6分の1や、300年ごと?と
かなりの年月を必要することもあるようですが)この現世では、それまでの前世より幸せな人生を送れ、
次の人生はもっと幸せな人生を送れると思うだけで、不安は軽減するように思っています。
ちなみに"輪廻転生"(りんねてんせい.りんねてんしょう)とは、「転生輪廻(てんしょうりんね)とも言い、
死んであの世に還った霊魂(魂)が、この世に何度も生まれ変わってくること」を云うそうです。

f0221708_1533843.jpg


よく問われる質問で「生まれ変わったら、あなたは何になりたいですか?」の問いに、
きっぱりと「生まれ変わりたくはないです。そう思わないくらいに、今の人生を精一杯生き抜きたいです!」と
答えられた女優さんがおられ、驚きと日本の軍人さんのような人間としての潔(いさぎよ)さを感じました。
そしてその女優さんが確か杏さんで、この言葉を聞いた時は、
女優さんだから多くの人の人生を演じられたり、幸せな人生を過ごされているのかなと思ったのだけれど…。
後日渡辺謙さんの前妻との娘さんとして、多くのご苦労をされてこられたことを知りました。

自分の人生は、ふと立ち止まって考えるとき、皆様は満足されていますか…?
後悔しながら?妥協しながら?仕方なく毎日を…生き方を人生を過ごしていませんか…?

仕事をしていれば、その仕事にやりがいや生き甲斐も強く感じ、社会に貢献できているという満足感もありますが…。
また専業主婦であれば、家族の健康や家の安全に、地域活動に従事したり、家族のために存在していると考えたりもできますが…。
今のその状況に反発せず、すべてが正しい、満足していると受け入れることが必要であり、
受け入れられないなら…、その状況や自分の環境を変えていくことで、自らの人生が
素晴らしい後悔のない人生へと変わる気がします。そう思えたのは、人生の先輩でもある多くの女性の言葉や行動でした。

More 続きは感動曲も…。
[PR]
by tukimi-kai | 2012-03-17 23:16 | 心技体 | Trackback

諸行無常 人も鳥も・・・

ご無沙汰しています。体調が悪く、それに伴い精神的にも落ち込みが激しく、blogも更新できずにいました。来週は、まだお水取りが終わってもないので、寒い日もあるそうですが、暖かくなり春がそこまで来ていると思うだけで、気持ちが前向きに、物事をポジティブに考えられるようになってきました。
f0221708_20331249.jpg
落ち込んでいた時は、時々見せていただき楽しみにしていた他のブロガーさんたちのblogが…、今年になって一度も(すでに丸2か月半)更新されていなかったり・・・、3日前まで更新されておられた方がお亡くなりになってショックを受けたりも・・・。震災後の心境の変化があっても、多くの方のために問題提起されたり、多くの情報を発信されてこられたりして続けてこられていたblog・・・。新しく何かを始まられたり、お仕事や生活が忙しくされておられるなら安心ですが、お疲れになられたり、病気や怪我をされたりはされていないかなと少し心配になったりも・・・。そしてこのままblogを辞められたら・・・寂しいなと思いながら、私自身のblogの更新も滞ってしまっていました…。
f0221708_20345092.jpg
けれど、blogをはじめるのも、辞めるのも、更新されないのも本人次第・・・。大概の方が1年半程で、「blogを始めてみたけれど予想とは違い、仲間ができなかった。言いたい事や伝えたいことを書き尽くした・・・。飽きた・・・。忙しくなった。」等で辞めていかれる方も多いのだとか・・・。けれど情報発信の場や情報共有の場として、目的や目標を持って続けておられる方が長く続くのだそうで・・・。
f0221708_20362388.jpg
私も自己満足のように旅の思い出や日々の暮らしの楽しみを、アルバム代わりに記録として綴っていたり、多くの方にも少しでも気分転換や参考にしてもらえたらと続けてきたけれど、少し疲れてきてしまっていました。落ちこんで一人でいると、ただただ悲観的にネガティブ思考がエスカレートもして、うつ状態になりそうなところ…。心を開いて何かを得ようとしていると、自然に多くの情報や励ましの歌や言葉が耳や目や入ってきて、それらは鋭く心に響きました。(また心に響いた音楽や言葉等、紹介できればと思います。)
f0221708_2037938.jpg
今年の冬は、小さな我が家のベランダ庭にも、全く鳥たちが来ないと少し淋しくも感じながら、寒くてベランダに出ることもなく過ごしていたのですが・・・。2月の中旬、夫がベランダを掃除してくれたことで、どうやら鳥たちが「ここには人間がいて、カラスの天敵から守られる!?」「えさがあるかも」と思ったのか、山のえさが尽きたのか?ちらほら鳥たちもいつもの冬のように訪れるようになりました。写真はその様子を・・・。
f0221708_20382149.jpg
始めにスズメが来だし、次にヒヨドリ…、そして・・・いつもの冬とは違う以外な鳩の姿までも…現われて驚きました。
最近は二羽のつがいからは、1-2匹しか育たないという人間と同じような少子化で、警戒心の強いスズメも、最近ではエサを求めてかなりその警戒心がなくなり、人間に近づく程と存続するために必死なのだとか。また、畑を荒らしたりと農作物被害も年々相次ぐほど、大繁殖していたヒヨドリは今年少ない気がします。また、奈良の北部の駅のホームでよく見かける鳩は、歩いているのが普通に感じていたけれど、駅から少し離れた我が家のベランダにまで飛んできて、またバッサバッサと飛んでいく姿は、鳥だったんだと改めて感じたりも…。

More 諸行無常の意味…。
[PR]
by tukimi-kai | 2012-03-10 20:41 | 心技体 | Trackback | Comments(8)

玩物喪志 咲き終わった銀木犀

明日で神無月(かんなづき)の10月も終わると・・・、今年も残り2ヶ月・・・。クリスマスを待つ?楽しみな時でもあるけれど、今年も終わってしまうという、焦りや慌ただしさを感じて、何故だかここ数年この時期になると心忙(せわ)しく、1年間何をしていたのかなと後悔してみたりも・・・。昨年は、11月初旬まで楽しませてくれた小さなかわいい銀木犀(ぎんもくせい)の花が、今年は10月19日と早く咲き始め、金木犀よりもやさしいいい香りなので、ポプリにでもしようと思っていたところ、1週間弱ですべての花が散って、風に吹かれて?飛んでいったのか?失くなっていました。
f0221708_2154638.jpg
知らないうちにすべて咲き終わっていた銀木犀だけではなく・・・10月中旬からは何故だか急に不運?に見舞われる事が多くて・・・。久しぶりに乗ろうと車にキーを差し込んだ車は、うんともすんとも言わず、結局保険会社のロードサービスでバッテリー切れが判明し、少し充電してもらい、ディーラーやホームセンターのピットを、恐る恐るその車に乗って周りながら、何が原因だったのかを調べてもらったり(結局、古い車ゆえの乗車が週1回で短時間と少ない充電の不足)、バッテリーを買え代えたり(3年間補償されるはずなのに、まだ1年しか経っていなかったので)・・・。その翌日は習い事へ行き始めてから、初めて寝坊をして大慌てで久しぶりに走り、翌日筋肉痛になってしまったり・・・。
f0221708_216590.jpg
「何かが狂い始めたかも・・・。」とつぶやく私に、冷酷夫は「まずは体重が増えたことが原因かも・・・!?」と笑みを浮かべて冗談!?まじりに軽く返答・・・。車のバッテリー切れが起こる前には、電車の中、遠足で乗り合わせた園児の1人が、目の前で何度も嘔吐を繰り返し(先生方のすばやい対応でお手伝いすることもなかったのですが)・・・。その時は軽い胃腸にくる風邪を引いていたので、1日吐き気が続き・・・。またその数日後訪れた美容院では、ペットの犬(チワワ)が妊娠中で、胎動も感じることができて感動していたのですが・・・。その後その臨月の犬は気分が悪くなって、また私の目の前(すぐ近く)で嘔吐・・・。そしてまた今の私は、咽頭痛からきた風邪に微熱続きで、秋の花粉症のような鼻水・鼻づまり・倦怠感や熱感とすっきりいかない体調の悪さです。なんだかすべてがスムーズに事の運ぶ時もあれば、そうでなく不運に見舞われることも多いのですが、大抵のことに原因や不注意が私の場合はよくあるので・・・。
f0221708_2161753.jpg
けれど、今回は車のこと以外は、偶然の出来事だとあまり深くは考えてもいなかったのですが・・・。その後「何かがおかしい・・・?」と感じた日が、実は夫の実母の命日であったことが分かりました。毎年この時期に、私だけでなく夫も体調を悪くしたりしていたのは、何か大切なことを見失っていたからなのかもとここ数年は特に考えるように・・・。(今年はお墓参りにもいけなかったですし・・・)先日実家へ帰り、ご先祖様の命日を見てみると、2月や6・7月が少しと、10・11月・12月にお亡くなりになられた方がさっと見ただけでも多い気がしました。(季節の変わり目や寒さもあって持病や怪我が悪化したり??)

「無用なものにとらわれて、肝心な本心を忘れてしまうこと」や「珍奇な宝ものをもて遊んでいるうちに、それにおぼれて大切な志を失ってしまうこと」を"玩物喪志"(がんぶつそうし)と云うそうです。また、「学問の上で、枝葉末節に力を入れすぎて習得すべき根幹となる重要な事柄を見失う意にも用いる。」人を戒めるときに用いられる中国のことわざなのだとか・・・。
「人を玩(もてあそ)べば徳を喪(うしな)い、物を玩べば志を喪う」

お金や欲望や目の前の楽しさだけではなく、今何をすべきなのか?大切なことを忘れてはいないか?を考えつつ、立ち止まっているように見えても、ゆっくり少しずつ前進していけたらなと思います。朝夕はかなり冷え込み寒くなってきていますので、皆様も風邪などひかれないようお身体大切になさって下さい。


人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
[PR]
by tukimi-kai | 2011-10-30 22:16 | 心技体 | Trackback | Comments(11)

秋の七草 万葉人も平成人も・・・

習い事の行き帰り・・・歩いていると、春や夏のような華やかさはないけれど、ひっそり佇んでいるようで癒してくれる野草や野花に出会うことが多く、ふと"秋の七草"と云う言葉が頭に浮かびました。ちらほら秋の七草とは関係のない、田んぼの畦(あぜ)でよく見かける↓見た目が赤飯で赤まんまとも云われる犬蓼(いぬたで)や、ここ最近名前を覚えてじっくり道の畦でよく見てしまうエノコロ草にヒメジョオン(白く小さな花)に、下の写真では、露草(青い花)カンナ(赤い花)にミントの花も載せていますが・・・。
f0221708_23594613.jpg
『Wikipediaフリー百科事典 七草』よると、奈良時代初期の万葉歌人である山上憶良(やまのうえのおくら.660-733年?)の詠んだ2首の歌が"秋の七草"の由来だとか・・・。
f0221708_22311277.jpg
「秋の野に 咲きたる花を 指折り(およびをり) かき数ふれば 七種(ななくさ)の花(万葉集・巻八 1537)」
「萩(はぎ)の花 尾花(おばな) 葛花(くずばな) 瞿麦の花 姫部志(をみなへし) また藤袴 朝貌の花(万葉集・巻八 1538)」
f0221708_22314178.jpg
秋の七草は、現在で云う1萩の花はそのままで、2尾花は薄(すすき)、3葛花は葛(くず)、「なでしこジャパン」で花も有名になった4撫子は、庭でよく植えられているなでしこ、5女郎花はおみなえし、6藤袴もふじばかま、7朝貌の花が何を指すかについては、朝顔・木槿(むくげ)・桔梗・昼顔など諸説あるそうですが、桔梗とする説が最も有力だとか。
f0221708_2232144.jpg
1月7日に食す"春の七草"と違い、"秋の七草"の行事は特にないけれど・・・。今でも伊勢神宮(外宮)の観月会に備えられたり、昔の人が花野(野の花が咲き乱れる野原)を散策して、花を見て短歌や俳句を詠んでいたことから・・・、秋の七草はそれを摘んだり食べたりするものではなく、観て眺めて愛でることを楽しんでいたようです。
f0221708_22352858.jpg
調べてみると、意外にも"秋の七草"(藤袴や女郎花や撫子意外)は、身近な自然な?環境下で、今も昔と変わらず生育していることに少し感激しました。京都では藤袴を後世に残していこうとする保存活動もあるようです・・・。現世の平成のこの時代でも、古来の奈良時代の万葉人と同じ"秋の七草"のある風景を眼にできることや、その"秋の七草"を観て何かを感じる心になったことにも、少し驚きや発見をした気がしました。

More 時代の先駆者の名言と・・・。
[PR]
by tukimi-kai | 2011-10-09 01:09 | 奈良 | Trackback | Comments(2)


大好きな旅のように、      自分の人生=日々の暮らしをも楽しみたいです。


by tukimi-kai

プロフィールを見る

最新の記事

香川&徳島の旅*うどん県で頂..
at 2017-10-02 14:26
御菓子司 風情ある…なかにし..
at 2017-09-14 16:47
終戦の日 豊作の葡萄と共存共..
at 2017-08-15 20:37
ふらり奈良旅*奈良の銘酒”春..
at 2017-07-05 12:57
ふらり奈良旅*変わりゆく?!..
at 2017-06-30 15:21

カテゴリ

ご挨拶
衣食住
心技体
奈良
京都
福井
香川&徳島2010
香川&徳島2012
香川&徳島2013
香川&徳島2014
和歌山2010
和歌山2011
和歌山2012
兵庫2013
東京2013
東京2014
沖縄2015
沖縄2016
大阪2010
大阪2011
大阪2012
大阪2013
大阪2014
大阪2015
大阪2016
サイパン2010
ギリシャ
イタリア
東日本大震災
香川&徳島2016
香川&徳島2017

記事ランキング

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...

タグ

ブログパーツ

  • このブログへのリンクはフリーですが、掲載されている写真・画像・イラスト・文章を無断で使用することを禁じます。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31