厄除祈祷 松尾寺

毎年節分が終わって、新しい年の始まりに我が家で訪れるところ・・・
f0221708_1625728.jpg
日本最古の厄除け霊場・厄除け祈祷の名刹 大本山松尾寺です。
f0221708_1641052.jpg

718年天武天皇の皇子 舎人(とねり)親王 が、日本書紀の無事完成と42歳の厄除けの願いをかけて建立させたとか・・・。松尾山神社や弘法大師が自ら刻まれた七福神なども祀られ神仏習合の古刹です。おすすめは、本当はこんなお姿だったのではと思う聖徳太子の像です。
f0221708_17441960.jpg
はじめにこちらで↓厄除け祈祷の申し込みと記帳をし、祈祷やお詣りの順番の説明を聞き、お布施(壱萬円以上) をおわたしします。
f0221708_1652961.jpg

その後、本堂で祈祷をして頂き、神社や寺内を廻り、最後に厄除けの鐘を必ず撞いて帰ります。最初の頃は、寒いししてもしなくても変わらないと渋っていた猫夫も今では最初から最後まで赤黄のタスキをずっと首に巻いてまんざらでもない様子・・・。
f0221708_17444585.jpg
穢れや厄が抜けていくような祈祷の声にお線香の香りや煙、時々響く年季の入った鐘の音、厄除けに来た人同士の一体感・・・仏教を信じてきた日本人の心を呼び起こしてくれるような空間は、懐かしくさえ感じさせてくれる貴重な時間でした。
訪れるきっかけになったのは7年前・・・

続きもよければ・・・。
[PR]
# by tukimi-kai | 2010-03-21 17:47 | 奈良 | Trackback | Comments(0)

有言実行 はじめまして

この記事はブログのファンのみ閲覧できます


More 続きもよければ…クリックを。
[PR]
# by tukimi-kai | 2010-03-04 18:25 | ご挨拶

和歌山の旅*那智勝浦6 まぐろ祭り

現世にもどる?迎えのかめが来ました。

f0221708_1672434.jpg


来る時にも立ち寄った勝浦港横の 勝浦漁港協同組合 魚市場では、年に一回の
 まぐろ祭り が開催されていて…(毎週土曜日には朝市があるそうです。)

f0221708_168291.jpg


どこから集まってきたのかと不思議に思うくらいの人の波にまぎれて、
まぐろのつみれの入ったまぐろ汁をいただきました。060.gif

f0221708_1610831.jpg


ほかにも餅撒きやまぐろのあたるビンゴゲームや
マンボウの試食(カニとエビをたしたようで甘くプリッとしているとか…
新鮮でないと食べれないので一般には流通しないそうです。)、
キハダまぐろの即売会(我が家もお土産に!)などの催しがあり、大いににぎわい楽しみました。

f0221708_15233028.jpg


この場所は後で知ったのですが、にぎわい広場と言うそうな…。

f0221708_16103613.jpg



More 続きもどうぞ・・・。
[PR]
# by tukimi-kai | 2010-01-30 19:30 | 和歌山2010 | Trackback | Comments(0)


大好きな旅のように、      自分の人生=日々の暮らしをも楽しみたいです。


by tukimi-kai

プロフィールを見る

最新の記事

香川&徳島の旅*うどん県で頂..
at 2017-10-02 14:26
御菓子司 風情ある…なかにし..
at 2017-09-14 16:47
終戦の日 豊作の葡萄と共存共..
at 2017-08-15 20:37
ふらり奈良旅*奈良の銘酒”春..
at 2017-07-05 12:57
ふらり奈良旅*変わりゆく?!..
at 2017-06-30 15:21

カテゴリ

ご挨拶
衣食住
心技体
奈良
京都
福井
香川&徳島2010
香川&徳島2012
香川&徳島2013
香川&徳島2014
和歌山2010
和歌山2011
和歌山2012
兵庫2013
東京2013
東京2014
沖縄2015
沖縄2016
大阪2010
大阪2011
大阪2012
大阪2013
大阪2014
大阪2015
大阪2016
サイパン2010
ギリシャ
イタリア
東日本大震災
香川&徳島2016
香川&徳島2017

記事ランキング

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...

タグ

ブログパーツ

  • このブログへのリンクはフリーですが、掲載されている写真・画像・イラスト・文章を無断で使用することを禁じます。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31