自問自答 ストレス

最近よく思い出すお話があります。
中学生だった頃、国語の先生が教えてくれた?『虹の麓』?のお話です。
はっきりした内容は分からないので、
もしご存知の方がおられたら教えてください・・・。

「虹の麓には宝が眠っている」と主人公はどこからか耳にします。
ある晴れた日、大きな虹がかかっているのを見つけ、
主人公は一生懸命に虹の麓に向かって宝を探しに出かけます。
虹の麓だけを目指して、周囲には目もくれず、一目散に・・・。
そしてふと気づいた時には・・・虹は消えていたというお話。

国語の先生が付け加えたのか、この話には続きがあって・・・
何か疑問(虹)を感じた時、
人は一生懸命にその答え(麓の宝物)を探すのに必死になるけれど、
それではその答えは見つからない。
そして、何の前触れも、気の迷いも無い、忘れた時に
ふっとその答え(麓の宝物)を見つけることが出来ると・・・。


最近、よくこのお話を思い出すのは、
長年疑問(虹)に感じてきた答え(麓の宝物)に出会うことが多いからです。
長年ではなくても、ふとした瞬間に、
ついさっき疑問に感じたことの答えが見つかったり・・・
勝手に今は運気が変わったおかげかなーなんて思っています。
(おみくじでは今年に入り大吉ばかりですし・・・?)

f0221708_2055245.jpg

例えば
ストレスを解消する方法とは?

1. 充分な質のいい食と睡眠*
おいしいと感じるものや好きなものビタミンミネラルが豊富な食事を摂る・充分な睡眠をとる・外食・飲酒 
2. 気分転換*
相談・自然と触れ合う・運動・趣味を楽しむ・好きなことをする・旅行・髪型服装を変える・資格を取る・子どもと遊ぶ
3. 環境を変えるもしくはストレスの原因をなくす*
就職・退職・転職・引越し・絶縁

などで、これまでは、ためたストレスをどう解消するかを考えてきた気がします。
けれど、溜めてしまったストレスをとるのは困難で、手遅れな時もあることに
病気になって、自己分析や過去の行動パターンを振り返って、気づきました。

そこで、何気なく見ていたテレビで熱弁をふるう勝間和代さんの姿・・・
ふっと見つけた答え(麓の宝物)でした・・・。

答え(麓の宝物)に続く・・・
[PR]
# by tukimi-kai | 2010-04-08 21:05 | 心技体 | Trackback | Comments(0)

和気藹々 BBQ

この日は、ぽかぽか陽気に恵まれたお花見日和・・・。
桜は少し離れたところで満開だったり、山桜はまだ咲いていなかったりだけど・・・。f0221708_2115585.jpg
自治会開催のバーベーキュー大会に参加しました。
少し遅れていくと、夫は焼きそば屋さんに・・・!?
一週間後に咲いた山桜・・・↓つけてみました。植樹されたソメイヨシノより、
なぜかひっそり控え目な感じが、素朴で自然の力強さもあり好きです。
060.gif
f0221708_1813512.jpg

テントでは全て男性陣に任せて、ゆっくりくつろぎながら、焼肉・焼き鳥・焼ソバ・焼野菜やウインナーを食している女性陣と遊びまわっている子どもたち・・・。f0221708_21162155.jpg
「こういう時は男の人に任せていいのよ。」とやさしくいろいろ話しかけてくれる奥様の言葉にほっと安心し・・・、私も子どもと遊んだり、食べたり、呑んだり・・・?!食材・飲み物の買出しから野菜を切る等の下準備をしてくださった奥様からは、「2.3万円分もまとめてお肉買えるなんて気持ちいいよー。」と・・・、気を遣わせない大らかな雰囲気に救われました。
f0221708_21164033.jpg

今まで土日仕事をしていたり、子どもがいないので何か抵抗があって、参加したことが無かった自治会の活動・・・。
f0221708_21165830.jpg
昨年から役員になったので、杵と石臼で行なう20回以上繰り返すもちつき大会や、火災訓練(初期消火の重要性や消火器・消火栓の使い方の実践、避難経路の確認)などに少し仕方なく参加していたけれど・・・、
f0221708_21171532.jpg

大勢で何かをする時の協力体制や、集団で生活する連帯感や危機管理など学ぶべきことがたくさんありました。そして積極的に参加されておられる家族の暖かさや素直で可愛い子どもたちに楽しませていただけました。f0221708_21173348.jpg
始めは遠慮して酎杯で我慢していたけれど・・・、夫からの許可を得、日本酒を呑み始めると・・・、焼に徹しながら10本近くのビールを呑んでいる人、「昼間からのお酒はおいしい!」と乾杯を繰り返す人(私も・・・)、「前日の大阪城のお花見は寒くてすぐ退散した!」と言う人、吉野のお花見ツアーに申し込んだのに人が集まらず取りやめになりがっかりしながらお酒を一緒に飲み交わす人、
f0221708_21175686.jpg

桜は綺麗だと思っても写真で撮ると白く写り上手に撮れないとつぶやく人、新婚さんで夫婦の出会いを聞いてくる人、焼ソバからソバが無くなり野菜炒めに変わると「皆歳のせいかこっちの方がよく売れるなー。」と言う人などなど・・・楽しいひと時をありがとうございました。051.giff0221708_21181044.jpg
自ら自分たちの生活の安全や快適さや親睦を兼ねて行動することが失われてきているように思いますが・・・、田舎では消防団や村の寄り合い(集まり)、祭り等の行事など昔から行なわれてきた自然の取り組み・・・。来年には子どもも一緒に参加できればより楽しいのになー。

ブログランキングに参加しています。よろしければ励みになりますので
こちら↓にクリックお願いいたします。
クリックいただきますと他の方の楽しいブログもご覧いただけます。060.gif

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良 その他の街情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ
にほんブログ村
[PR]
# by tukimi-kai | 2010-04-04 21:13 | 衣食住 | Trackback | Comments(0)

日本最古 生駒ケーブル

あちらこちらで咲き誇る満開の桜。
寒い季節から、多くの春の息吹が感じられるこの季節は・・・
春生まれの私にとって、春夏秋冬の中で一番大好きな季節です。060.gif
f0221708_14314660.jpg
新学期や新年度など何もかも新しく変わったり、心新たに何かを頑張ろうと決意したりという季節・・・。今は病気でのんびり+少し苦しみながら?過ごしている中での、
桜や春の訪れは、励まされ癒されます。
f0221708_1433350.jpg
こちら↓は、勝手に 花屋敷 と夫婦で呼ばせていただいている、お城のようなお屋敷に毎年綺麗に咲き誇る桜。日本最古の生駒ケーブルの、観光向け車両のブルと一緒に撮れました。(猫の車両ミケも?かわいいです。)
f0221708_14321821.jpg

生駒ケーブルは、大正7年(1918)生駒鳥居前駅から宝山寺駅間に開通し、当時は日本最初のケーブルカーとして多くの利用客に人気を博したとか。その後ケーブルは大軌〔だいき〕電車(奈良−大阪間)に合併され、複線化を経て生駒山上へ延長され、現在は近畿日本鉄道(近鉄)の鋼索鉄道として活躍中・・・?身近なところにも歴史ありです。
f0221708_14334870.jpg
また運行は、年末年始だけはフル稼働で10分間隔程ですが、
通常は30分間隔程なのでお気をつけください。
生駒駅から宝山寺までは大人280円、生駒山上遊園地までは大人350円子ども180円で、生駒駅から徒歩3分の生駒鳥居前駅から生駒ケーブルには乗ることができます。
宝山寺までに踏み切りがあり、そこでミケとブルが行きかう姿も子どもに人気です。

続きもよければ
[PR]
# by tukimi-kai | 2010-04-04 14:29 | 奈良 | Trackback | Comments(0)


大好きな旅のように、      自分の人生=日々の暮らしをも楽しみたいです。


by tukimi-kai

プロフィールを見る

最新の記事

秋の夕暮れ奈良旅*初めての正..
at 2017-11-23 17:16
香川&徳島の旅*うどん県で頂..
at 2017-10-02 14:26
御菓子司 風情ある…なかにし..
at 2017-09-14 16:47
終戦の日 豊作の葡萄と共存共..
at 2017-08-15 20:37
ふらり奈良旅*奈良の銘酒”春..
at 2017-07-05 12:57

カテゴリ

ご挨拶
衣食住
心技体
奈良
京都
福井
香川&徳島2010
香川&徳島2012
香川&徳島2013
香川&徳島2014
和歌山2010
和歌山2011
和歌山2012
兵庫2013
東京2013
東京2014
沖縄2015
沖縄2016
大阪2010
大阪2011
大阪2012
大阪2013
大阪2014
大阪2015
大阪2016
サイパン2010
ギリシャ
イタリア
東日本大震災
香川&徳島2016
香川&徳島2017

記事ランキング

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
more...

タグ

ブログパーツ

  • このブログへのリンクはフリーですが、掲載されている写真・画像・イラスト・文章を無断で使用することを禁じます。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31