和歌山の旅*那智勝浦4 熊野古道

通常は、熊野古道大門坂のバス停で降りて、熊野古道を歩き、
熊野那智大社にお詣りするのが、正しい行き方とは思いますが、
時間がなく体力に自信がないため、熊野古道を最後に歩くことにしました。

f0221708_17305696.jpg
と・・・ここで「西国三十三所観音巡礼」第一番札所の世界遺産青岸渡寺
詣るのを忘れていたのに気づきました!が、時すでに遅し・・・不思議の国のアリスの
兎のような夫は、さっさと進んで「時間がない!」と大急ぎで駆け下りていきます。059.gif

f0221708_17235911.jpg
又、次回来るときの楽しみがふえたと、

f0221708_1656271.jpg
気を取り直し・・・癒しのスポットへ・・・

f0221708_1558458.jpg


More 続きもどうぞ。
[PR]
# by tukimi-kai | 2010-01-29 19:05 | 和歌山2010 | Trackback | Comments(0)

和歌山の旅*那智勝浦3 那智大社

日本一大きいおみくじで、7年ぶりに大吉が出て感激しました。060.gif
7年の間・・・前厄・厄・後厄の繰り返しで、おみくじはほとんど凶でした。
やっと今年から厄明け!!ちなみにワイルド夫はまだ厄中で小吉です。


f0221708_170726.jpg
この後、飛瀧神社の奥へ・・・長寿の水をいただきます。
二人とも電車の中でお酒を少々呑み過ぎたようで、脱水ぎみで・・・
何杯もおかわりさせていただきました。040.gif

f0221708_17184.jpg

この長寿杯は、100円でいただけるということで、記念のいいお土産に・・・。
またここ飛瀧神社では、黒檀の手作り夫婦箸や那智石でできた根付けなどもお土産として多数購入しました。お寺や神社にお詣りした時は、出来るだけその場所で・・・お布施代わりになるかと思いながらお土産を買うようにしています。

f0221708_1712720.jpg

子どもの頃、那智大滝によく来た記憶はあるのですが、
いつも三重の塔側から見ていたようで、ここから見るのは大迫力で新鮮でした。

f0221708_1725674.jpg



More 続きもどうぞ。
[PR]
# by tukimi-kai | 2010-01-29 18:25 | 和歌山2010 | Trackback | Comments(0)

和歌山の旅*那智勝浦2 那智原始林

紀伊勝浦駅からは熊野路・定期観光バスもでていますが、
時間が無いので那智山往復割引乗車券(大人1000円)を駅横で購入し、
市バス(熊野交通)で那智山へ向かいます。f0221708_16181768.jpg
古くより熊野那智大社の神域として管理されてきた世界遺産 
紀伊山地の霊場と参詣道の那智原始林に入ると・・・
f0221708_16191087.jpg
空気のはりつめた感じに、なぜか研ぎ澄まされた感覚を思い出します。060.gif

続きをどうぞ
[PR]
# by tukimi-kai | 2010-01-29 18:00 | 和歌山2010 | Trackback | Comments(0)


大好きな旅のように、      自分の人生=日々の暮らしをも楽しみたいです。


by tukimi-kai

プロフィールを見る

最新の記事

検査手順 マインドフルネスの..
at 2017-03-31 18:08
桃の節句 年季の入った?!豪..
at 2017-03-06 15:37
一陽来復 なんとかできた…節..
at 2017-02-08 13:28
旧暦正月 幻想的な?!若草山..
at 2017-01-31 19:47
伝統行事 初めての!!千本杵..
at 2017-01-20 13:18

カテゴリ

ご挨拶
衣食住
心技体
奈良
京都
福井
香川&徳島2010
香川&徳島2012
香川&徳島2013
香川&徳島2014
和歌山2010
和歌山2011
和歌山2012
兵庫2013
東京2013
東京2014
沖縄2015
沖縄2016
大阪2010
大阪2011
大阪2012
大阪2013
大阪2014
大阪2015
大阪2016
サイパン2010
ギリシャ
イタリア
東日本大震災

記事ランキング

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...

タグ

ブログパーツ

  • このブログへのリンクはフリーですが、掲載されている写真・画像・イラスト・文章を無断で使用することを禁じます。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30