<   2015年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧

ふらり奈良旅*いい酒いい肴「鬼無里」&「豊祝」

今年も1ヶ月が過ぎようとしていますが、毎日寒い日が続き…
なかなか思うように事が運ばない日々ですが、皆様どのようにお過ごしでしょうか…?
年初めに経てた目標や2月に行く予定の楽しみな旅や夢に向かって、頑張って過ごしたいと思う今日この頃です。

f0221708_2028168.jpg


ふらり奈良旅の続きも今回で最終回です。…
昨年放送されたBSTV番組『ふらり旅いい酒いい肴-奈良 古の都とまほろばの居酒屋-』を見て…
奈良にもこんなに大人が楽しめる!? …奈良らしい隠れ家的なお店があったなんて!!!…と驚き、

1軒目は「酒処 」(くら)さんにラッキーにもに訪れた後、
近鉄奈良駅からは5分程の駅近にもかかわらず…住所を入力しマップアプリの力を借りてナビでようやく辿り着いた2軒目は…
まさかこんなところにと云う雑居ビルの2階でした…。

f0221708_20282562.jpg


スナックや空き店舗等もあり、少し薄暗く…「本当にここ??にBSのクルーも来たのかな??」と不安に感じ…
入口の小さな看板や酔っ払い禁止のような張り紙に、戸惑っていましたが…ここまで来たからと猫夫が中へ…。
恐る恐る暖簾をくぐったものの…にこやかに笑顔のご主人が迎えてくださったのが…2軒目の「鬼無里」(きなさ)さんです…。

f0221708_20312540.jpg


個性あふれる陶器の大皿に並んだ…ご主人の手料理が盛りだくさんで、圧倒されながらも、
猫夫はふだんお家では食べれない魚料理や大好きな初春を感じる菜の花のお浸しを食べることができたり…
案の定、常連の方と思われる方やご主人と男の会話!?で盛り上がり…、饒舌に話して大満足のようなお店でしたが…。
さてさてその猫夫の感想は…。

f0221708_1152266.jpg


今回も毎週末!?時々!?更新される!! 猫夫のFacebookの
「今日はそんな話(一日・休日・紹介)」で〆るそのシリーズ記事を、承諾を受けて転載させてもらい、
またちょこちょこ(私の声)も入れていますが、今回もどうぞよろしくお付き合い下さいませ。


にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ

More 猫夫の感想と3軒目の「豊祝」♪
[PR]
by tukimi-kai | 2015-01-31 20:25 | 奈良 | Trackback | Comments(0)

ふらり奈良旅*いい酒いい肴!!「酒処 藏」

主婦には新年会も忘年会もないけれど…、
ちょこっと行ってみたいお店はあり、東大寺の初詣に奈良へ行った帰りに
半ば強引に、いつもとは逆に猫夫をあちこち連れて行き、4軒のお店を梯子(はしご)することに…。

f0221708_17213111.jpg


昨年放送されたBSTV番組『ふらり旅いい酒いい肴-奈良 古の都とまほろばの居酒屋-』を見て…
奈良にもこんなに大人が愉しめる!? …奈良らしい隠れ家的なお店があったなんて!!!…と驚いたのが、
1軒目の「酒処 」(くら)さんです。

f0221708_1722642.jpg


奈良町で働いていたり、奈良を訪れた時に、前を通りかかったことは何度もあったのですが、
まったく気づかず…この歳になってここを訪れたことで、より大人の愉しみが理解できた気がします…。
さてさて、それでは猫夫の感想は…。

f0221708_17224941.jpg


今回も毎週!?時々!?更新される!! 猫夫のFacebookの
「今日はそんな話(一日・休日・紹介)」で〆るそのシリーズ記事を、承諾を受けて転載させてもらいます…。
ちょくちょく(私の声)も入れていきますので、今回もどうぞよろしくおつき合い下さいませ。


***********************************************************************

<酒処 藏>

f0221708_17233967.jpg


奈良の観光地、「もちいどの商店街」のすぐ近くにある…酒処「藏」
店の名前どおり、元は蔵として利用されていたそうで…
もう60年も営業を続けており、看板やカウンター、店全体に歴史が感じられる。

f0221708_1724278.jpg


本当は17時からの開店であるが、17時前に…ひょっこり入る。
すでに予約でいっぱいとのこと。偶然2席だけ空いていたので…座らせてもらう。

f0221708_17252081.jpg


にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ

More お勧めのいい酒!?いい肴!!は…
[PR]
by tukimi-kai | 2015-01-26 17:14 | 奈良 | Trackback | Comments(0)

ふらり奈良旅*国宝ばかり!?初詣で東大寺へ

昨日は、二十四節気のうちの一つで、一年の内で最も寒い日とされている…大寒(だいかん)でした。
あまり気にしないで過ごしていても…年齢を重ねると、身体は正直に反応し、
低気圧が近づいたり、冬の寒い日が続くと、体調が思わしくない日々が多くなる今日この頃…。

f0221708_14482551.jpg


奈良ではそろそろ…「お水取りが終わるまではまだ寒いから、頑張ろう…」と考える…
春の訪れを楽しみに期待する季節にもなってまいりました。今週末から少し暖かくなったり、
店頭では、冬の葉物野菜の菊菜や水菜から…春の菜の花も出始め、春を少し待ち遠しく感じます。

f0221708_14484713.jpg


1月の最初の連休の中日の1月11日に、
元旦の雪の影響で行けなかった奈良への初詣に東大寺を訪れた、ふらり奈良旅の続きです。

f0221708_14495021.jpg


後半に今回も毎週!?時々!?更新される…猫夫のFacebookの
「今日はそんな話(一日・休日・紹介)」で〆るそのシリーズ記事を、承諾を受けて転載させてもらいます…。
ちょくちょく(私の声)も入れていきますが、かな~り長いですので、写真だけでもよければどうぞよろしくおつき合い下さいませ。

f0221708_14531173.jpg


両脇に立ち、立派な肉体美と大きい!!木造金剛力士像のお姿に感動しながら…南大門(なんだいもん)を通り、
西側にある東大寺ミュージアムで少し休憩し、

f0221708_14572960.jpg


かわいい鹿ちゃんが先導してくれるままに、東大寺へ…。
東大寺ミュージアム入口前には、大仏さんの原寸大の大きな右手の模型があり↑記念撮影ができたり、
中にはカフェやお土産の販売ブースやギャラリーもあり、
そちらには今も創建時のまま大仏殿に残る原寸大模型の蓮華座もゆっくり見ることが出来ます。
以前の記事もよければ➸「奈良日帰り旅*東大寺ミュージアム


にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ

More 続きも…かなり長くなっております…。
[PR]
by tukimi-kai | 2015-01-21 14:45 | 奈良 | Trackback | Comments(0)

ふらり奈良旅*東大寺参道の鎖をかじる鹿!!再び!?【YouTube付き】

1月の最初の連休の中日の1月11日に、
元旦の雪の影響で行けなかった奈良への初詣に、東大寺へ行ってまいりました。

f0221708_16504389.jpg


連休前に「どこか行く?」と聞く私に猫夫は「しか…」と言うだけで…、
意味不明に感じていましたが、奈良へ行き納得…。
動物好きな猫夫!?改めて鹿夫!!には、初詣や東大寺より、どうやら鹿と戯れることが目的だったようでした。

f0221708_16524038.jpg


確かにこの時期この場所に来る鹿は…人馴れしていて、大きな瞳と長いまつ毛が愛らしく、
視線をあわせたり、健気にお辞儀を繰り返したり、親子??や夫婦??バンビ等様々な鹿たちの姿もあり…
フサフサ暖かそうな毛並みもきれいで(触るとかなり硬いのですが…)癒され効果抜群でした。

f0221708_16514940.jpg


今回も毎週!?時々!?お正月は毎日のように更新された!! 猫夫のFacebookの
「今日はそんな話(一日・休日・紹介)」で〆るそのシリーズ記事を、承諾を受けて転載させてもらいます…。
今回は長いですので、鹿の写真だけでもよければどうぞよろしくおつき合い下さいませ。

***********************************************************************

<奈良公園>

f0221708_16562095.jpg


奈良公園、東大寺前にて鹿せんべいを買う。
店の方「買ったらすぐに離れた方がいいですよ」
私「?」
その瞬間、周りを鹿に囲まれ動けなくなる。

f0221708_16533480.jpg


走って逃げるも…追う鹿の数が増えるばかり。
そんな時は安全地帯の「売店の中」に逃げ込めば大丈夫。


ちょっとした「鬼ごっこ」

***********************************************************************

 


);">”鹿せんべい”を買うと…相変わらず臭いや行動を見てすぐにわかるようで、
鹿たちに追いかけられる猫夫…。ほんの11秒の動画を撮影してみましたのでぜひ。

東大寺参道の杭をつなぐ鎖をかじろうとする鹿も…
ちらっと最初と最後に見えていたり、鹿の鳴き声も聞こえます♪


f0221708_16593951.jpg


そして、数年前「かじるしかない!?」と云うタイトルでYahoo!ニュースにでも話題になった
“鎖をかじる鹿“の不思議な謎の行動を、東大寺の初詣の行きも帰りも、参道では再び見ることに…。

f0221708_17019.jpg




にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ

More 「かじるしかない!?」“鎖をかじる鹿“の不思議な謎の行動♪
[PR]
by tukimi-kai | 2015-01-18 16:46 | 奈良 | Trackback | Comments(2)

ふらり奈良旅*奈良公園の宿!?国際奈良学セミナーハウス…

1月の最初の連休の中日の1月11日に、
元旦の雪の影響で行けなかった奈良への初詣に東大寺へ行ってまいりました。

f0221708_20292144.jpg


途中の近鉄奈良駅から東大寺への道沿いでは、
普段施錠していて!?中に入れない"奈良公園の宿 国際奈良学セミナーハウス"でカフェが開かれていたり…
"志津香"ではお昼過ぎでしたが変わらぬ人気ぶりで長い行列ができていたり…と
久々に訪れる奈良では新たな発見やゆっくりくつろげるスポットを見つけることも、訪れる愉しみの一つ…。

f0221708_20302166.jpg


今回はありませんが、次回から…!?数回に分け、猫夫の猫夫のFacebook記事も
転載させてもらいながら、ちゃかちゃか更新していきたいと思います。

"奈良公園の宿 国際奈良学セミナーハウス"のカフェで、寒い中ちょっと休憩をと思ったのですが、
残念ながらも、席が満席で入れず…少しだけ見学させてもらいました。
お茶しなかったお陰で…この後訪れるところでは、かなりゆっくりはできたのですが…。


にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ

More 国際奈良学セミナーハウスも…!!
[PR]
by tukimi-kai | 2015-01-15 20:27 | 奈良 | Trackback | Comments(2)

年末行事 餅つきと彩華ラーメン

猫夫がお餅つきを体験してみたいと言ったのをきっかけに…
10年程!?前から、一昨年からは弟夫婦も参加して、日にちを合わせて、毎年実家で行う石臼(いしうす)と杵(きね)のお餅つき。
鏡開きも終了した…いまさらですが、年末の恒例行事の記録を残しておきたいと思います。

f0221708_15441584.jpg


集まる人数が多ければ多いほど、一人一人の負担は少ないため、
通常は12月30日に行っていたお餅つきですが、
仕事の都合で一昨年から29日の9(苦)が付くと云われていても仕方なくその日に、お餅つきをすることに…。

f0221708_15434467.jpg


今回も毎週!?時々!?お正月は毎日のように更新された!! 猫夫のFacebookの
「今日はそんな話(一日・休日・紹介)」で〆るそのシリーズ記事を、承諾を受けて転載させてもらいます…。
ちょくちょく(私の声)も入れていきますが、今回は短編なのでなしで…今回もどうぞよろしくお付き合い下さいませ。


***********************************************************************

<お餅つき>

f0221708_16302412.jpg


毎年恒例のお餅つき
神道の考えで、ハレの日に餅を食べることで神仏から祝福されるという信仰があり、
その風習が現在でも引き継がれている。

f0221708_1548197.jpg


石臼と杵で突くお餅は、出来合いとは異なり…粘りが強い。
この日は、7世帯分の用事を済ませる。
年の暮れ…結構忙しい。


そんな年の暮れ。

***********************************************************************

にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ 

More 冬には必ず食べたい彩華ラーメン♪
[PR]
by tukimi-kai | 2015-01-13 15:39 | 衣食住 | Trackback | Comments(0)

人日の日 初!!七草粥

先日の1月七日の"人日(じんじつ)の日"は、七草粥の日…。
毎年七草粥を食べる機会がなく、過ぎ去っていた我が家でしたが…
芹(せり)薺(なずな)御形(ごぎょう)繁縷(はこべら)仏の座(ほとけのざ)菘(すずな)蘿蔔(すずしろ)の七草が
頭の中でこだまし始め、今回はなぜだか無償に作りたくなって…七草粥つくりに、初!!挑戦してみました。

f0221708_018075.jpg


お正月に食べた御馳走で負担をかけた胃腸を休める、江戸時代から続く行事だそうですが、
私の場合も胃腸が弱っていたのか!?心身ともに弱っておかゆ三昧の断食療養所にまた行きたくなってか!?
昨年お粥ばかりにお世話になっていた入院生活を思い出してなのか!?…

七草は、スーパーで販売されていたパック入りのものを使用し、洗って塩ゆでし、七草が分かるか比較してみましたが…。
分かりやすい七草絵➸『 うつくしいくらしかた研究所』くらしの暦|第六十七候 芹乃栄
作り方等もそのパックには書かれていましたが、分かり易いレシピ↓を参考にしてみました。

f0221708_0204276.jpg


度々お粥にはお世話になり、大好きになっていたのに…、
本格的に作るのは…お恥ずかしいながら…なんと今年が初めて…!!そしてこれまで本当のお粥を知らなかったとは…

皆さまは、雑炊お粥の違いをご存知でしょうか…??
「そんなの知っているのが当たり前!!」とお思いの方は、かなりの料理上手な方だと感じてしまう…
私はもちろん"眼から鱗(うろこ)"の料理苦手で知らなかったのですが…。
実際おかゆはお米から、雑炊はごはんから炊くものだそうです。
私はそのことを知らず…ずっとご飯から炊く雑炊をお粥と思い、作り続けていたのでした…。

f0221708_0212743.jpg


今回実際に作ってみて…やはりお米からお鍋でコトコトコトコトと炊くおかゆさん(←奈良弁!?)は、
本当に美味しくて、胃腸に優しい…しんどい時に有難く食べたくなる1品ができあがりました。

そして作るきっかけになったのが、Facebookでいつも参考にしているこちらのページ
『キナリノ』[雑炊との違い知ってる?知っておきたい◎美味しいおかゆレシピ◎]/Facebook『キナリノ』
今回参考にした簡単分かりやすいおかゆレシピ➸『白ごはん.com』

またお粥完成の最後に、少しのお塩やお醤油も入れますが、おかゆさんの御伴には、
梅干しやたくわんやきゅうちゃん漬や塩昆布等の塩分が加われば、美味しさが一段と引き立ちます。

f0221708_0272541.jpg


七草粥は正月行事として定着していますが、
本来は1月7日の「人日(じんじつ)」の日に行われる"人日の節句(七草の節句)"の行事で、
江戸時代に"五節句"のひとつに定められ、定着してきたそうです。
ちなみに"五節句"とは、人日(1月7日) "桃の節句"(3月3日) "端午の節句"(5月5日) "七夕"(7月7日) "重陽の節句"(9月9日)です。

『日本の行事・暦』より
「古代中国では、正月1日に鶏、2日に狗(犬)、3日に羊、
4日に猪、5日に牛、6日に馬、7日に人、8日に穀を占う風習がありました。
その日が晴天ならば吉、雨天ならば凶の兆しであるとされていて、7日の人の日には邪気を祓うために、
七草の入った粥を食べ、一年の"無病息災"を祈ったのだともいわれています。
これが日本に伝わり「七草がゆ」になりました。」

"無病息災"を願ってとは云いますが、実際年齢を重ねると、無病とは言えないけれど、
病気があっても…ある程度元気に、病が悪化しないように、
災害から免れ災いを避けながら過ごしたいとも思うので、来年からもできれば!? こちらの行事も大切にしていきたいなと思いました。

にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ 

ブログランキングに参加しています。更新の励みになりますので
よろしければこちら↑にあたたかい応援クリックをお願いいたします。
クリックいただきますと他の方の楽しいブログもご覧いただけます。060.gif

最後までご覧いただきありがとうございました。




[PR]
by tukimi-kai | 2015-01-11 00:16 | 衣食住 | Trackback | Comments(0)

清濁併呑 お屠蘇とおせち

今年も10日が過ぎようとし…1月7日は七草粥も食べ、
お正月の御節料理を入れるお重やお屠蘇セットも直し終えました…。
ということで、今更ですが、今年も詰め合わせ御節を頑張って!? 作り!?詰め!!てみましたので、その写真も残しておこうと思います。

f0221708_17474692.jpg


今回も毎週!?時々!?お正月は毎日のように更新された!! 猫夫のFacebookの
「今日はそんな話(一日・休日・紹介)」で〆るそのシリーズ記事を、承諾を受けて転載させてもらいます…。
ちょくちょく(私の声)も入れていきますので、今年もどうぞよろしくお付き合いお願いいたします。

***********************************************************************

<屠蘇散とおせち料理>

毎年の正月は…「屠蘇」(とそ)を呑み、おせちを楽しむ。
最近屠蘇を販売する店が少なくなっている。
古くは中国三国時代、名医「華陀」が薬草を酒に浸して振る舞った、邪気を屠(ほふ)り、魂を蘇らせる漢方として有名。

f0221708_17485175.jpg


一方、「おせち」は、季節の変わり目の節句(節供)に、神様にお供えした食べ物を「お節料理」と呼んでいた。
その節句の中でも、もっとも重要な正月の料理のことを「おせち料理」と呼ぶようになる。
おせち料理は、お正月の神様、年神様に供える料理であり、家族の幸せを願う縁起ものの料理でもある。

しかし、どこの家庭でも作るのに、ものすごい手間と経費が掛かるため、
うちの妻はいつも「もう今年が最後ね…。」といって実家の分と我が家の分2世帯分を作り上げる。
(実際は…ほとんどが購入品の詰め合わせおせちなのですが…)

f0221708_17505784.jpg


量も多く、3が日では食べきれず、毎日同じものを食することになる我が家…。
そして、呑み過ぎて…魂を屠り、邪気を蘇らせた私。
もはや屠蘇でなく「蘇屠」。
皆様の正月はいかがでしたか?


そんな我が家のお正月

f0221708_17565567.jpg


***********************************************************************

にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ 

More 持ち帰り詰め合わせおせちと手作りおせち♫
[PR]
by tukimi-kai | 2015-01-09 17:41 | 衣食住 | Trackback | Comments(0)

雪の初詣 生駒山宝山寺

元旦の雪の日に、ほぼ毎年訪れる生駒山の麓の生駒市門前町にある、
真言律宗大本山の寺院の宝山寺(ほうざんじ)へ初詣に行ってまいりました。

f0221708_13295244.jpg


生駒山は、伝承によれば655(斉明天皇元)年に役行者が開いたとされ、空海(弘法大師)も修行されていた修験道場だそうで、
岩屋には般若経を納めたとの云い伝えから般若窟(はんにゃくつ)と云われ、
1682(天和2)年仏師院達に造らせた、弥勒菩薩像をご本尊とされています。

f0221708_13375795.jpg


また境内の方は、1678年(江戸時代の延宝6年)に湛海律師によって再興され、
ご本尊は不動明王で、奥の聖天堂に鎮守神として大聖歓喜天(聖天)が安置されています。

f0221708_1338258.jpg


お寺と云えども、仏教を守護し財運と福運をもたらす天部の神とされる、歓喜天(聖天)が祀られてあることで、
商売繁盛を願う…多くの自営業者や商売に関わる方々が信仰され、初詣に参拝に来る方も多いお寺です。
詳しくは➸宝山寺HP『歩く・なら』 以前書いた記事もよければ➸「生駒聖天 宝山寺1」「笑門来福 宝山寺

f0221708_13413569.jpg


昨年生駒山やその門前町や宝山寺への信仰心等が 雑誌やTVでもディープなスポットとして多く取り上げられ、
今年の初詣では大変な混雑具合かもと覚悟していましたが…、
夕刻より…深々と降る雪の中、どんどん人がいなくなり…ゆっくり!?怖いくらい静かに!!お詣りできました。

にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ 

More 続きは大雪の状況…!!??
[PR]
by tukimi-kai | 2015-01-05 13:25 | 奈良 | Trackback | Comments(2)

多岐亡羊 穏やかな年


新春のお慶びを申し上げます


奈良では年に一度か二度しか降らない雪に…珍しく覆われた真っ白な雪の元旦。

毎年あちこちに初詣にお詣りに行くのですが、今年のお正月は雪のお陰で…
坂が多く危険もあるため…予定を変更しゆっくり過ごすお正月となっております。

f0221708_14174687.jpg


昨年の2014年も「塞翁之馬 変化ある年」の年初めの言葉通り、
1.2月は初めての全身麻酔での手術に入院生活、4月末は昨年2014年100周年を迎えた東京駅丸の内駅舎を訪れたり、
初めて行く場所ばかりの東京観光
と変化に富んだ初体験の多い年でした。

そして昨年から今年にかけては、特に家事や仕事(パートですが…)等々
あれもこれもそれもどれもと一つ一つのことを片付けてはいるものの、
なかなか体力がなくスムーズに事が運ばず…気が休まらない日が続き…おまけに12月は風邪をひいては治りの繰り返しで…、
少し良くなってからはインフルエンザワクチンの影響でぐったりしながらも、どうにかこうにか大掃除をし、
多くの水仕事で…手はしもやけとぱっくりあかぎれに痛い思いを引きづりつつ…バタバタの年末でした。

まして毎年同じように新しい年の年神様を迎えるにあたっては、大忙しで大掃除や片づけにお餅つきに御節料理の準備も…。
毎年これといった変化も嬉しい出来事もらないのであれば、いっそう何もしない年があってもいいのではないかなどと、
ふと頭をよぎって…体調が悪いこともあり、悲観的に反抗的に考えてしまったりもしましたが…

f0221708_14281041.jpg


新しく仕事を再開し、いろいろありながらも1年続いたこと、
ここ3年間ずっと悩み続けてきた…家族みんなの悩みが嘘のように不思議と解消しつつあること、
波はあれど夫婦仲良く1年過ごせたこと等…感謝できることも多々ありました。

また年末何とか頑張ったおかげで… お正月はきれいなキッチン…きれいな窓ガラスと…
気持ちもよくお正月三ケ日は炊事はほとんどせず過ごせそうで…少しほっとしています。

と思いつつも、できればいつになれば何もしないで過ごす年末年始に憧れ、
逃避行に海外旅行や国内旅行や断食道場への入院でもしてみたい夢を密かに!?持っているのですが…。

何はともあれ、近年の異常気象により自然災害の多い日本で、
風雨にさらされることなく…このように屋根のある家で、暖かい部屋で空腹を満たせる食事ができ、
ゆっくり暖かい布団で眠れる衣食住に満足でき、家族もある程度元気で、お正月が過ごせることに感謝しなければとも思います。

f0221708_14205592.jpg


"多岐亡羊"(たきぼうよう)とは 『列子』より
「中国戦国時代、羊が一匹逃げたので大勢で追いかけたが、分かれ道が多くて見失ってしまった。
その話を聞いた思想家・楊朱は、学問の仕方もそれと同じで、方法がいくつにも分かれているので
学者は真の生き方がわからないと悲しんだという故事に基づく。
"多岐"は分かれ道が多いこと。 "亡羊"は羊に逃げ切られること。」
を意味する言葉で、
「学問の道が細分化しすぎて真理を得がたいこと。
転じて、いくつもの方針があるため、どれを選ぶべきか迷ってしまうことのたとえ。 」だそうです。

f0221708_23524943.jpg


その時その場面で、多くの苛立ちや焦り哀しみや嫉妬と強い感情に苛まれることがあって…迷いや悩みが生じたとしても、
その感情をしっかりと記憶しながらも、その時の感情に振り乱されることなく…
冷静に落ち着いて考え判断して行動に移し、
干支の羊のような柔らかい柔軟さで、優しさ思いやりの多い…
落ち着いた穏やかな1年にしたいと思います。
(少し言い過ぎましたが…)

皆さまは今年の抱負を、決められましたか?
こんな覚書のような赤裸々な思い出アルバムブログですが、今年もどうぞよろしくお願いいたします。

皆様にとって、ご健康で幸多き年となりますように…060.gif


にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ 

ブログランキングに参加しています。更新の励みになりますので
よろしければこちら↑にあたたかい応援クリックをお願いいたします。
クリックいただきますと他の方の楽しいブログもご覧いただけます。060.gif







[PR]
by tukimi-kai | 2015-01-02 14:24 | ご挨拶 | Trackback | Comments(0)


大好きな旅のように、      自分の人生=日々の暮らしをも楽しみたいです。


by tukimi-kai

プロフィールを見る

最新の記事

検査手順 マインドフルネスの..
at 2017-03-31 18:08
桃の節句 年季の入った?!豪..
at 2017-03-06 15:37
一陽来復 なんとかできた…節..
at 2017-02-08 13:28
旧暦正月 幻想的な?!若草山..
at 2017-01-31 19:47
伝統行事 初めての!!千本杵..
at 2017-01-20 13:18

カテゴリ

ご挨拶
衣食住
心技体
奈良
京都
福井
香川&徳島2010
香川&徳島2012
香川&徳島2013
香川&徳島2014
和歌山2010
和歌山2011
和歌山2012
兵庫2013
東京2013
東京2014
沖縄2015
沖縄2016
大阪2010
大阪2011
大阪2012
大阪2013
大阪2014
大阪2015
大阪2016
サイパン2010
ギリシャ
イタリア
東日本大震災

記事ランキング

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...

タグ

ブログパーツ

  • このブログへのリンクはフリーですが、掲載されている写真・画像・イラスト・文章を無断で使用することを禁じます。