<   2013年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧

香川&徳島の旅*鳴門海峡の渦潮【YouTube付き】

ルネッサンスリゾートナルトホテルで宿泊した翌日は…、
あいにくの曇り空でしたが、鳴門のウチノ海総合公園での朝市が空振りに終わり、
密かに一度乗りたいと希望していた"うずしおクルーズ"!?ではなく、うずしお汽船の"小型の観潮船うずしお"に乗船することに…。

f0221708_814171.jpg


かなり長いので、お時間ある時によければご覧くださいね。徳島県の観光スポットは➸徳島県観光サイト
今回もかなり詳しく説明してくれている、猫夫のFacebookの転載記事でお楽しみください。
途中のYouTube動画と、(小文字)は私の声でお届けします。

****************************************************

f0221708_844199.jpg


鳴門の渦潮(うずしお)…「世界三大潮流」に数えられる。
土産屋のおばちゃんが、スイッチを入れることにより発生する渦潮。
「兄ちゃん今からスイッチ入れるからクルーズ乗っていけへん?」そう誘われクルーズへ。(嘘です)
(でも、到着した途端…、「10分後出港するよ!5分後にここに集合してね。」と言われると、本当にうずしお発生が機械仕掛けのように感じてしまいました~(^_^;))

f0221708_839239.jpg


鳴門の渦潮を見る為の観光船がいくつかある。
大型観潮船でゆっくりと見れる「わんだーなると」や
水中の渦潮も見える小型水中観潮船「アクアエディ」がある、うずしお観光船。(席に限りがあり、事前予約が必要! )
うずしお汽船では、鳴門の渦潮を小型の観光船(観潮船)で真近で見ることができる。
南淡路島からの、うずしおクルーズは帆船「咸臨丸」や「日本丸」で。
(1時間かけて、ゆったり周遊できるようですが、10名に満たない時は出港しない場合もあるとか。)

f0221708_8424870.jpg


今回はうずしお汽船の「小型の観潮船うずしお」。小さい船だから、波の音と潮の揺れが激しい。
途中、波で何度が足元に波がかかる。(ウロウロしているサンダル履きの猫夫だけ…。)
昔、冬の日本海でジギングや、外洋をモーターボートでダイビングをしていることに比べれば全く問題ない。
うずしおの中を大きく揺れながら渦の中へ。

f0221708_821977.jpg


ほかの汽船は潮の外側を行くが、我々の乗る「うずしお汽船」は潮のど真ん中。
但し、船体が低く、渦がよく見えない。しかし、波の音、揺れは相当なもの。


f0221708_7551120.jpg


感心することに、一緒に乗り込んだ従業員二人は、絶えず我々の動きを監視し、少しでも船内を移動すると必ず付いて来ていた。
まあ、万一落ちれば事故につながるからね~。

f0221708_8521736.jpg


大型観光船なら上からの渦潮がよく見えるが、反面…臨場感が少ない。
この次は船を変えてみよう。(次回は、うずしおクルーズでお願いします。)

にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ

 

More 鳴門海峡の渦潮のしくみ&YouTube動画.
[PR]
by tukimi-kai | 2013-10-24 09:00 | 香川&徳島2013 | Trackback | Comments(0)

香川&徳島の旅*鳴門ウチノ海総合公園

ルネッサンスリゾートナルトホテルで宿泊した翌日は…、
あいにくの曇り空でしたが、ここまで来たら…徳島県ならではの観光スポットへという事で…!?

f0221708_16452585.jpg


これまでホテルの近くの、大塚国際美術館や徳島県立渦の道(うずのみち)や、鳴門海峡大橋と、
毎回来るたびに観光してきましたが、今回は、密かに「渦潮(うずしお)クルーズに一度乗りたい…。」と希望していたのですが、
猫夫もようやくこの日当日になり、訪れる気になった様子で…先ずは寄り道…。
(詳しい観光スポットは➸徳島県観光サイト)
今回も猫夫の毒舌Facebookの転載記事でお楽しみください。(小文字)が私の声でお届けします。


****************************************************

f0221708_1644712.jpg


今日は昨日に変わって天気が悪い、朝から雨模様。
鳴門のウチノ海総合公園にて恒例の朝市の情報を得て、早速車を走らせる。
途中、サーフスポットに立ち寄るも、今日は凪、誰もいない……
大潮なのに、凪なんて……

f0221708_16595416.jpg


公園到着、閉園まで45分、しかし見に行くが誰もいない…。
公園管理人曰く、「今日は早々に終わりました」との事。➸HP

f0221708_17321542.jpg


途中「NARUTOだってばよ!」のポスターを見つける。
ああ、そう、ここNARUTOだね~。

f0221708_1649322.jpg


公園内の観光パンフレットにて「渦潮クルーズ」の情報ゲット。
丁度、潮流の見ごろの時間帯に港に到着できる。
進路変更、車を走らせ早速クルーズへ。

f0221708_16481723.jpg


****************************************************


この後は、いよいよ鳴門海峡の渦潮観光スポットへ…。続きが長くなりそうなので、次回をお楽しみに…。

ブログランキングに参加しています。更新の励みになりますので
よろしければこちら↓に「続きも待ってるよ…。」というあたたかい応援クリックをお願いいたします。
クリックいただきますと他の方の楽しいブログもご覧いただけます。


にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ



[PR]
by tukimi-kai | 2013-10-21 17:04 | 香川&徳島2013 | Trackback | Comments(0)

厄除祈願 松尾寺

10年に1度!?の強い勢力の台風26号が過ぎ去り、朝夕かなり冷え込み、「人の噂も75日…」と云われるのと、
同じ期間の秋の季節が来たかと思ったら、北海道では初雪も観測され、初冬のような寒さに、コタツ用カーペットを敷き、
羽毛布団や毛布に、衣類ではウール系と衣替えや部屋の設えの交換を大慌ててしております…。

f0221708_16305835.jpg


香川&徳島の旅の記事の途中ですが、少し休息のbreak(ブレイク)で、奈良の秋の記事にもよければお付き合い下さい。
先週末、日本最古の厄除霊場と云われる奈良県大和郡山市の松尾寺に行ってまいりました。

f0221708_1634911.jpg


駐車場に車を停め、北惣門をくぐり、醸造に適した水とされ"大和の名水100選"にも選ばれれている、
松尾水(まつのおのみず)の自然湧水で手水し喉を潤し、108段の石段を登り、
正面にある鐘楼(やくよけの鐘)の奥の本坊で受付と説明を受け、本堂(重文)で厄除け祈願という流れです。

f0221708_163204.jpg


HPより
「松尾寺は、養老2年(718)、天武天皇の皇子舎人親王が、勅命による日本書紀編纂の折、42歳の厄年であったため、
日本書紀の無事完成と厄除けの願をかけて建立された日本最古の厄除霊場です。


f0221708_164376.jpg


親王が松尾山に参詣修行し、ご祈願の養老2年2月初めの午の日、東の山に紫の雲たなびき(瑞雲)、
千手千眼観世音菩薩が天降りご出現なされたという「松尾山縁起」により、


f0221708_1651734.jpg


国運隆昌・国体安穏を祈祷申し上げる勅願寺として、歴代皇室の御叡信厚く、
後水尾天皇も御持仏の如意輪観音を下された由緒ある寺です。」


f0221708_169494.jpg


男女共の厄歳(大厄・小厄)は、30・40歳代に集中しており、前厄・本厄・後厄と3年連続で、夫婦交互にお詣りするだけで、
ほぼ毎年、こちらには通ってしまっています…。昨年2012年の記事「百合香る 松尾寺」もよければどうぞ。

f0221708_16115685.jpg


気になさらない方も多いと思いますが、一番仕事や家庭でも責任や重圧がのしかかる、
成人期後半から壮年期と呼ばれる活躍される歳の為、健康にも留意せよとの、古代からの戒めと考えられていると思います。


にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ

More 松尾寺に行き始めた理由。
[PR]
by tukimi-kai | 2013-10-19 16:53 | 奈良 | Trackback | Comments(0)

香川&徳島の旅*RENAISSANCE NARUTOREZORT 朝食編

ルネッサンスリゾートナルトホテルで宿泊した翌日は、前日とは違いあいにくの曇り空で、
雨が降るという天気予報でした。目覚めの温泉に入った後は、お待ちかねの朝食です。➸HP/➸Facebook
今回も猫夫の毒舌Facebookの転載記事でお楽しみください。(小文字)が私の声でお届けします。

f0221708_15505643.jpg


****************************************************

朝食は和食かサンドイッチを選べる。それぞれレストランが異なる。
何と宿泊客全員が利用してよいためチケットがない。

f0221708_16143358.jpg


言い換えれば朝食を両方のレストランで取っても可能との事。
時間の関係でサンドイッチの朝食。

f0221708_1551286.jpg


残る時間は温泉三昧。
毎回のことですが、1泊2日の旅の時には温泉好きなので、夕食前後と翌日朝食前後に計4回入浴するので、大浴場が遠いと少し疲れ気味…。

チェックアウトギリギリまで堪能。
最後には掃除のおばちゃんに「はい、もう出て行ってください。掃除しますから!」と追い出される。

f0221708_15553035.jpg


このホテルはJTBで申し込むと、ラウンジが使い放題。
ケーキ食べ放題なのだが、今年は楽天での申込み。
残念ながらケーキは昔ほど豪華じゃない。(利用者が少ない時期だったからかも…。
年々規模が縮小するJTBラウンジなので、あまり魅力はない。(かなり毒舌…。


にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ

More スダチのつかみ取り。
[PR]
by tukimi-kai | 2013-10-16 16:29 | 香川&徳島2013 | Trackback | Comments(2)

香川&徳島の旅*RENAISSANCE NARUTOREZORT 夕食編

大鳴門峡の手前で、ここ数年訪れているいつも宿泊する、ルネッサンスリゾートナルトホテルへチェックイン後、
海やプールを探索して…、ゆっくり入浴した後は、お待ちかねの夕食です。➸HP/➸Facebook

f0221708_15375248.jpg


猫夫がバイキング好きなので、特選懐石料理等もある中、毎年「阿波郷土料理 彩」で夕食を頂きます。
今回楽天トラベルで予約した(楽天トラブルじゃないですよ~)宿泊ツアープランに、
偶然「金麦1ピッチャー&すだち掴み取り付き」があり、そのビール?発泡酒!!だけでも、
お腹がはちきれそうになるくらいお腹がいっぱい&いいほろ酔い気分になり、嬉しいサービスでした!!
また追加で地酒もたくさんあり、新鮮な海産物も調理して、別料金でいただけます。

f0221708_15283995.jpg


しかも、アニバーサリーで毎回予約するので、シャンパン(この時はカクテル)や、
ケーキに記念撮影を無料でサービスしていただいております。
またアニバーサリーで申し込むと、今回も7階でしたし、よりいいお部屋(上層階)が案内されるのかもしれません…。
偶然にも!?4回中2回がランクアップしたお部屋へ案内していただけました。

f0221708_720739.jpg


今回はぎりぎり?過ぎての2日前の申し込みでしたが、何度か電話連絡し、レストランスタッフからホテル受付担当者に直接話し、
当日がアニバーサリー(宿泊1週間以内に結婚記念日や誕生日等)で快く予約を承諾していただけました。
すべて無料で!!感謝!!そんなことは知る由もない猫夫記事でお楽しみください…。



にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ

More 猫夫のAnniversary…。
[PR]
by tukimi-kai | 2013-10-14 16:18 | 香川&徳島2013 | Trackback | Comments(0)

香川&徳島の旅*RENAISSANCE NARUTO REZORT 探索編

香川県で親戚と合流してお墓参りや雑談、おうどんを食べ、高松・鳴門自動車道→
今回は183号線から11号線の鳴門スカイラインも通って絶景を堪能後(いつもは神戸淡路鳴門自動車道)→
大鳴門峡の手前で、ここ数年訪れているいつも宿泊する、
ルネッサンスリゾートナルトホテルへようやくチェックイン…。➸HP/➸Facebook

f0221708_18284088.jpg


こちらのホテルでは、結婚式に披露宴も行われており、
この廊下の左横は披露宴会場です♡➸ウエディング

「ココは広さと使い勝手から、和室セミスイートがおすすめ。
ホテル自体が横に広いので移動が大変。
地下駐車場は潮風に車をさらさず、炎天下もないため重宝する。」と猫夫談。
今回はこんな感じで猫夫記事を転載してみます…。

f0221708_18313920.jpg


昨年宿泊した時は、ネット予約だったせいか?ダブルブッキング!!で( ‘ jjj ’ )/、
なんとスイートルームに宿泊でき、感激しました!!
(ホテルの中2室しかなく、ウエディングが対象!?のうちの1室コートダジュール・スイート
お気づきの方は少ないかと思いますが、
昨年2012年の記事が途中になっていましたが、又気が向いて少し時間が出来ましたら、綴ってみようかなと思います。


f0221708_18353098.jpg


ホテルに到着し、荷物を置いてまず行うことは、猫夫らしい見回りのようなホテル探索に…。
偶然にもある家族が釣堀中…、お父さんが鯛を釣って大喜びで、
カメラを取りにいき3人が呆然と待っている姿を撮影してしまいました…。

f0221708_18391046.jpg


夏休みには、海やプールでもファミリータイプのイベントごとも多くて、にぎやかな雰囲気のホテル内も、
この季節は結婚式シーズンに入る直前で、すっきりした雰囲気にシフトされつつあり、
団体さんや子供ちゃんも少なく、とても静かでした。

f0221708_18444247.jpg


曇り空で台風も過ぎ去った後で、きれいな夕焼けは見えず、日も暮れ始めました…。
名残惜しい夏のにぎわいを、海やプールに感じます。

f0221708_18503549.jpg


そして、猫夫の探索が終わると、旅の醍醐味の温泉と夕食へ…。
「1階にある露天風呂(岩風呂)は海を見ながらのんびりできる。
シーズンオフなのでほぼ貸切。1時間、露天でボーっとできた。」と猫夫が綴ってくれたところで、

f0221708_1984912.jpg


長くなりそうなので、夕食編は次回へ…。お楽しみに…。
1Fの露天風呂と8Fの展望風呂
※ちなみに翌日には男女が入れ替わるので、1泊2日で4 箇所の大浴場に入れます。
また、8Fの展望風呂の柑橘系のものを入れてくださるそうで、この日はスダチが浮かんでいました。

ちなみに、こちらはナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉の天然温泉です。

ブログランキングに参加しています。更新の励みになりますので
よろしければこちら↓に「続きも待ってるよ…。」というあたたかい応援クリックをお願いいたします。
クリックいただきますと他の方の楽しいブログもご覧いただけます。


にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ


[PR]
by tukimi-kai | 2013-10-12 18:57 | 香川&徳島2013 | Trackback | Comments(2)

香川&徳島の旅*徳島の鳴門スカイライン

岡山県を高速道路のみで通過し、香川県で親戚に会いお墓参りをし、おうどんを堪能しうどん県から別れて、いよいよ徳島県へ…。

f0221708_752832.jpg


"津田の松原サービスエリア下り"で、休憩中…、決定的に途中…高松自動車道の板野-鳴門間で、先日(9月初旬) の台風の災害の為、
全面通行止めなことが分かり、今回は 瀬戸内海海岸沿いの11号線→183号線の鳴門スカイラインを使うことに…。

f0221708_752566.jpg



文章が追いつかないので(Facebookで先に書いて満足していた記事を転載していたのですが…)、
この辺りからいつもの救いの猫夫ならぬ、旅中は時間に追われる兎夫のFacebookで記事も
どしどし転載し、兎夫目線では初めての徳島の秋旅をお送りします。


f0221708_8272645.jpg



****************************************************

途中、高松はSA「津田の松原」に立ち寄る。
ココでも香川式スタイルのうどんが食べられる。ここのは国内小麦100%が売り。
さっき食べたばかりなので今年は遠慮する。

f0221708_8593914.jpg


道路情報を入手。
何でも松原から先、引田~鳴門ICまで先の台風で工事の為全面通行止めとの事。
どおりで車が少なかったワケだ。
SAのお姉さんに「11号線から鳴門スカイラインに乗るとよい」と聞かされ、うどん県を後にする。
まあ、たまにはこんな寄り道もよいだろう。

ここで(香川県の)高松編はおしまい。
記事はこれまで。(彼の記事ではこれまでが高松旅行…と綴っていました。)次は(徳島県)鳴門編。

にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ

More 折野港と鳴門スカイライン四方見展望台からの絶景。
[PR]
by tukimi-kai | 2013-10-10 08:39 | 香川&徳島2013 | Trackback | Comments(0)

香川&徳島の旅*岡山の瀬戸大橋と香川のうどん

9月の初旬に、急遽決まった ほぼ毎年恒例のお墓参りが目的の、香川&徳島の秋旅…。
その様子を、数回に分けてお届けします。かなり1回分が長いですので、よければお時間ある時にご覧くださいね。

f0221708_20404044.jpg


昨年から、本島から四国へは明石海峡大橋ではなく、
今年も 近畿→中国→山陽→瀬戸中央自動車道を通り、行きは、岡山経由の瀬戸大橋を渡って、

f0221708_20482127.jpg


朝早く出たので渋滞に巻き込めれることもなく休憩含め4時間弱で四国へ…。
昨年2012年の記事はこちらで→「香川&徳島の旅*岡山の瀬戸大橋

f0221708_20405290.jpg


瀬戸内国際芸術祭は、行われていない時期で、少し残念ですが、人の多さもなく、
変わらず久々に見る(1年半ぶり!?)海となだらかな山々に感激で、

f0221708_20425157.jpg


「ずっと見ていたい…。」と思う私とは裏腹に、相変わらず我が道をゆく、旅中は兎のように時間を無駄にしない兎夫…。

f0221708_20473164.jpg


着いていく方はちょっと大変です…(-_-;)ー 場所: 香川県坂出市の与島(よしま)PA

f0221708_20454515.jpg


にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ

More 香川の"うどん脳"と讃岐うどん。
[PR]
by tukimi-kai | 2013-10-06 21:14 | 香川&徳島2013 | Trackback | Comments(0)

稲麻竹葦 桜井の棚田や風景

まだ夏の残暑のような最高30度に近い気温があることから、半袖を着、少し動くと暑くて毎日ぐったりしていましたが…、
気がつけば、金木犀の香りがし、夜は虫の音に心地よく眠れる10月に入り、秋らしくなってまいりました。

f0221708_1646615.jpg


9月上旬の秋旅をお伝えしようと思っていましたが、次回へ先送りし、
今週ようやく稲刈りを迎えるまでの8月と9月の桜井の棚田や稲穂の風景や夏花の写真を残しておきたいと思います。

f0221708_16465363.jpg


8月のこの日は、珍しく夫とともにお盆の為に帰ったので、車の助手席から思う存分?風景が撮影できました。

f0221708_16471124.jpg


箸墓古墳前や、三輪明神の大神神社前の国道169号線を通って…、
三輪山や仏教伝来の石碑もある初瀬川や、天空を舞っているような気分になる桜井の山々の景色を眺めながら
105号線を通って…。(反対車線からは、二上山に畝傍山や耳成山が一望できます。)

f0221708_16472973.jpg


まぶしい太陽に照らされて、手入れが行き届いたヒノキや杉の山々と…、

f0221708_16483231.jpg


そこから流れるきれいな水のそそがれた、棚田の稲が成長中だった新緑の夏…。

f0221708_16512286.jpg


帰りには明日香の田園風景にも癒されました。

f0221708_1652570.jpg


そして、9月…。

f0221708_16572383.jpg


明るいまぶしさは少し陰りますが、落ち着いた日の光や温かさに、人間である私もほっとし、
稲穂もゆっくり成長して、子供のようなお米を育んでいてくれているようでした。

f0221708_1655554.jpg


にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ

More "稲麻竹葦"の意味と…。
[PR]
by tukimi-kai | 2013-10-05 17:07 | 奈良 | Trackback | Comments(0)


大好きな旅のように、      自分の人生=日々の暮らしをも楽しみたいです。


by tukimi-kai

プロフィールを見る

最新の記事

香川&徳島の旅*うどん県で頂..
at 2017-10-02 14:26
御菓子司 風情ある…なかにし..
at 2017-09-14 16:47
終戦の日 豊作の葡萄と共存共..
at 2017-08-15 20:37
ふらり奈良旅*奈良の銘酒”春..
at 2017-07-05 12:57
ふらり奈良旅*変わりゆく?!..
at 2017-06-30 15:21

カテゴリ

ご挨拶
衣食住
心技体
奈良
京都
福井
香川&徳島2010
香川&徳島2012
香川&徳島2013
香川&徳島2014
和歌山2010
和歌山2011
和歌山2012
兵庫2013
東京2013
東京2014
沖縄2015
沖縄2016
大阪2010
大阪2011
大阪2012
大阪2013
大阪2014
大阪2015
大阪2016
サイパン2010
ギリシャ
イタリア
東日本大震災
香川&徳島2016
香川&徳島2017

記事ランキング

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...

タグ

ブログパーツ

  • このブログへのリンクはフリーですが、掲載されている写真・画像・イラスト・文章を無断で使用することを禁じます。