<   2013年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

小草生月 GATEAU DES BOISのValentine

毎日寒い日が続き、奈良ではちらほら雪が舞い降る日も多く(天気のいい日は花粉や大気汚染のPM2.5も!?)、
お出かけする気にもなれない忙しい日々が続いていますが、皆様お元気でお過ごしでしょうか?

そんな寒い時期のお楽しみは、小さなイベントごとに食べる美味しい食事やケーキ等のスイーツ…ということで、
日が経ってしまいましたが、今年のバレンタインデーに、久しぶりに食べたケーキの記録を残しておきたいと思います。

f0221708_20213.jpg


数年前(4-5年前)、甘いものが好きな職場の方に、「奈良で一番チョコレートの美味しいでお店」と教えていただき、
いつかチョコレート(仏・ショコラ)好きな猫夫に食べさせてあげたいと、
行ってみたいと思っていたのが、西大寺に本店を構える『GATEAU DES BOIS(ガトー・ド・ボワ)』…。
その時は本店しか知らなかったお店でしたが、今では、他にも尼ヶ辻駅近くと京都にもお店ができて、ゆっくり楽しめるようです。

今回は西大寺駅を下車したついでに、南出口徒歩1分!?程の本店で、ケーキとチョコを購入しました。
時間がある時や友人とお話しするときに、次回は他のケーキも食べてみたいなと思いました。
一緒に訪れた友人が購入したチョコ以外のケーキも絶品だったそうなので、
スイーツ好きの方へはホワイトデーのお返しにもよいかもしれません。

HPより、「洋菓子の本場フランスで、2年に1度開催されるお菓子の世界大会、
"La Coupe du Monde de la Patisserie(クープ ドュ モンド パティスリー)"で
1991年この大会で日本人としては史上初、フランス人を負かして“世界チャンピオン”の座を獲得した、
オーナーシェフの林 雅彦氏。「お菓子作りを通して、みんなを笑顔にしたい。」と
出身の奈良に戻られ、作られたお店がこちらの本店だそうです。

f0221708_2044968.jpg


今回初めてだったので、『ガトー・ド・ボワ』に代表される、“アンブロワジー(ambroise)”をいただきました。
こちらはHPより「'91年"クープ・ド・モンド・パティスリー"日本人初のグランプリ受賞。
ムース・ショコラ、ピスターシュのバヴァロワ、フランボワーズのペパンの絶妙な組み合わせです。
味の総仕上げとなるグラサージュ・ショコラは、シェフの味覚・技・美意識が結集したもの。
深い輝きはまさに“神々の食べ物”。」だそうです。

チョコレート好きな母の影響で、私も子供の時はチョコレート大好きで、
よく不二家のピーナッツチョコやレストランではチョコレートパフェを誕生日のたびにリクエストし食べていました。
けれど、高校生くらいから、チョコレートを食べるとニキビができたり、大人になってからも、
吹き出物ができたりするので、チョコレートは苦手になり、生クリームやバニラやホワイトチョコを好むようになっていました。

なので、今回ケーキを食べたのは、数年ぶりくらいでしょうか…。
チョコのお味が濃厚で、昔大好きだった袋詰めの板チョコ(業務用!?)の味を思い出し、少し嬉しかったです。
また、ずっしりしたショコラではなく、中に入ったHP説明通りの「ムース・ショコラ、ピスターシュのバヴァロワ、
フランボワーズのペパンの絶妙な組み合わせ」がショコラの美味しさを引き立てていました。

f0221708_2061375.jpg


そして、普段もチョコレートをよく食べるチョコ好きな猫夫は、
「奈良で~?一番~?チョコレートのおいしいお店!?」と繰り返しながらも、 食べていたのは、ラ ギャラクシー(la galaxie)…。

こちらは「'97年「メートル・ド・パティシエ」世界選手権味覚審査一位、特別賞受賞。
アールグレイのムース・ショコラの中には、ココナッツのムース、赤ワインに漬け込んだイチジクのセミドライ。
ベルガモット、ココナッツ、赤ワイン、香りにポイントを置いた完成度の高い組み合わせをお楽しみください。」とのこと。
楽しんでいたかどうかはわかりませんが、節分の恵方巻きのように、
無言で一気にぺろりと食べていたので、きっと満足いく美味しいお味だったのではと思います。

小さなケーキの中に、まるで夜空のような宇宙なような広い世界が広がって見えるように、
一口食べると、いろんな懐かしい思い出がよみがえったり、
「おいしい。」と感じることが楽しい気持ちにさせてくれる、そんな感動をもらえた『ガトー・ド・ボワ』のケーキでした。





ガトー・ド・ボワ A LA MAISON本店*******ガトー・ド・ボワ ラボラトワール********パティスリーAO店*******

画像はHPよりお借りしました。
他にもたくさんケーキの種類はあります。→下の画像をクリックしてみてください。
shop情報は、上の3つの画像のどれかをクリックしてくださいね。060.gif




行き帰りの近所のお庭から道へと延びる梅の枝に、膨らんでいた蕾から濃いピンクの花が咲き始めました。
1年の中で、今が一番寒い時期だと思う反面、これから春に向けて、
植物たちは、一斉に新芽を芽吹かせ、花が咲く日が近づいているようにも感じます。

2月は如月(きさらぎ)」とも云いますが、それは中国での2月の異称をそのまま使ったものだそうで、
”小草生月”(おぐさおいづき)が2月の別称なのだそうです。
その意味は「2月からは小さな草花があちらこちらから芽を出してくるという意味で、
春が来る感じがする、和風な響きがある言葉」だそうです。
早く暖かい春を待ちわびながら、今の季節にしか味わえないささやかな楽しみを満喫したいなと思っています。

久々にまた長い文章を書いてしまいましたが…最後までご覧いただきありがとうございました。

よければ、Valentine's Dayに関連したこれまでの記事もどうぞ。

「不可思議 White Valentine's Day( 鹿と雪と甘酒と・・・)」2011

「相思相愛 Valentine」2011
「寒煖饑飽 Valentine's Day」2012


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良県情報へ

ブログランキングに参加しています。更新の励みになりますので
よろしければこちら↑にあたたかい応援クリックをお願いいたします。
クリックいただきますと他の方の楽しいブログもご覧いただけます。
[PR]
by tukimi-kai | 2013-02-23 20:20 | 奈良 | Trackback | Comments(0)

国利民福 節分に呼び寄せる福

節分の日から1週間が過ぎ、その翌日の2月4日から新しい歳としての1年の運勢が始まり、
2013年もすでに2ヵ月が過ぎていますが、皆様どのようにお過ごしでしょうか?
1週間前の節分の日の記録ですが、来年はどうなることかわかりませんので、記録に残しておこうと思っています。

f0221708_0295564.jpg


今年は偶然にも日曜日で、猫夫が珍しく!!優しい気遣いで
「今年は時間もかかるし、もう作らなくていいよ。」というので迷ったのですが…、
2011年から作り始めて、今年もなんとなく恵方巻き+サラダ巻を作ってしまいました。
普段料理に、時間も手間もかけないので(料理は苦手ですし)、この節分の日くらいはということで…。
また、実際に、それまで年に1.2回は風邪等で会社を休んでいたのに、
周囲でインフルエンザが流行していても、罹患せず過ごせているだけでも、
健康管理ができるようになっただけでも、この節分の行事を大切にしている意味があると信じて…。
きっと代々この行事が時代が変わっても受け継がれているのは、このような日本人の心理も影響しているのだろうなと思います。

2011年に以下の事を知ってからはまた強く意識してしまうのです…。

f0221708_0302634.jpg


節分(せつぶん)は、本来は各季節の始まりの日の立春・立夏・立秋・立冬の前日で、「季節を分ける」ことを意味し、
江戸時代以降は特に、立春(毎年2月4日ごろ)の前日を指す季節の変わり目には、
邪気(鬼)が生じると考えられており、豆が「魔滅」に通じる為、鬼に豆をぶつけることにより邪気を追い払い、
一年の無病息災を願うことと、悪霊ばらい行事として豆まきが行なわれたのだとか…。

2月になって悪態をつき(冗談でも毒舌に)や悪魔の好むような映像を見ている猫夫に驚き、
本当にこの人「鬼や悪魔が乗り移っているよう…。」と感じて、豆は数え年(今年迎える歳+1歳)分多く食べながら、
猫夫に向けて「鬼は外!」と投げるしぐさで、豆まきを…。
いつもは一人ベランダまきの豆まきだった(小さく翌日つぶしていました)のですが、
野鳥(ヒヨドリ&スズメに時々ハト)が、豆をのどに詰まらせ苦しませてしまったらかわいそうだと
なぜか今年は感じて…。しかも普通の豆ではなかったので…。

今年は一昨年・昨年の反省があって!?、4合のお米を炊き、恵方巻き(結局具材は、卵焼きも忘れて6種類…)は、
シンプルに細めの2本(まるかぶりをする為)と、サラダ巻きが8本の計10本を作りました。
その具材をつくるのと同時に、人参や鶏肉に厚揚げも加えて、煮物や菜の花のお浸しも…。


過去の節分の記事もよければどうぞ。

「無病息災 節分の恵方巻」2011年かなり詳しい節分の日の話…。
「邪気払い 節分から立春へ」2012年詳しい恵方巻きの作り方の話…。


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良県情報へ

ブログランキングに参加しています。更新の励みになりますので
あたたかい応援クリック↑をお願いいたします。
クリックいただきますと他の方の楽しいブログもご覧いただけます。

More 国利民福の意味とLINE…。
[PR]
by tukimi-kai | 2013-02-10 00:56 | 衣食住 | Trackback | Comments(2)


大好きな旅のように、      自分の人生=日々の暮らしをも楽しみたいです。


by tukimi-kai

プロフィールを見る

最新の記事

香川&徳島の旅*うどん県で頂..
at 2017-10-02 14:26
御菓子司 風情ある…なかにし..
at 2017-09-14 16:47
終戦の日 豊作の葡萄と共存共..
at 2017-08-15 20:37
ふらり奈良旅*奈良の銘酒”春..
at 2017-07-05 12:57
ふらり奈良旅*変わりゆく?!..
at 2017-06-30 15:21

カテゴリ

ご挨拶
衣食住
心技体
奈良
京都
福井
香川&徳島2010
香川&徳島2012
香川&徳島2013
香川&徳島2014
和歌山2010
和歌山2011
和歌山2012
兵庫2013
東京2013
東京2014
沖縄2015
沖縄2016
大阪2010
大阪2011
大阪2012
大阪2013
大阪2014
大阪2015
大阪2016
サイパン2010
ギリシャ
イタリア
東日本大震災
香川&徳島2016
香川&徳島2017

記事ランキング

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...

タグ

ブログパーツ

  • このブログへのリンクはフリーですが、掲載されている写真・画像・イラスト・文章を無断で使用することを禁じます。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28