<   2012年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧

秋の名物 岸上三和園

紅葉の季節もそろそろ終盤…。
体調の悪い私の代わりに今回は、秋の奈良をあちこち毎年変わらず探索中の猫夫が紹介します・・・。


f0221708_18182195.jpg

一昨日は、いつもの明日香にある岸上三和園に行きました。
お目当てはこの時期の「富有柿」…此処のは美味しんです。
取立て、新鮮、大粒がそろっている。キロ単位の購入ですが、㌔3個程度しかない。


f0221708_153121.jpg

「え~、高いよ」と言うと「多少傷がついているものならお安くできるよ」って、VeryOKですよ!
早速、見繕ってくれる。「え~こんなに?」って位に、
甘えついでに「もうふた袋追加してもらってよい?」ってあっという間に3袋、3Lサイズの富有柿。

f0221708_16573740.jpg

うまいんだこの大きさになると、スーパーものではここまではいかないね!
するとオカミさん「あなた以前にうちの農園をブログでUPしてくれた人よね?いつも買いに来る人でしょ」
「えっ?ええ~そうですよ(うちのカミさんがですが)」
「おまけしておくね」ってこれでもかっ!て位におまけしてもらいました。


f0221708_18184616.jpg

ありがとう!オカミさん。早速ご近所におすそ分けさせていただきました。
評判いいんだよね、ココの果物♥


f0221708_153151.jpg

Facebookに書いていた猫夫の記事を、今回は転載させてもらいましたが…、
また度々登場してもらおうと思っています。

ちなみに以前UPした岸上三和農園のblog記事はこちら→「万葉の森 香久山特産くだもの」

f0221708_16575674.jpg



こちらのblogをご覧いただき、ありがとうございます。ランキングに参加中・・・。
更新の励みになりますので応援クリック↓をよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良県情報へ
[PR]
by tukimi-kai | 2012-11-26 15:12 | 奈良 | Trackback | Comments(5)

世界遺産 平城宮跡の自然と遺構を守る声を!

【後記】"平城宮跡を守る会"より、国交省による説明会で、工事続行の方針に変化はないようですが、舗装工事の入札にミスがあり、着工を延期することが明らかになったそうです。

詳細は下記の記事からご覧ください。

「市民との合意形成を」平城宮跡整備説明会(11月11日 産経新聞奈良版)
平城宮跡工事 入札ミスで着工延期 国交省説明会 舗装の透水性実験へ(11月11日 毎日新聞奈良版)
朝堂院広場舗装 着工延期 強行批判回避か 国交省、住民ら対象の説明会で明らかに(11月11日 ニュース奈良の声)

説明会参加者からは「景観や自然が壊れる」「文化財への影響が否定できないなら無謀」などの意見が続出し、"平城宮跡を守る会"代表の寮美千子さん方が、約2万3500人分の反対署名を示し「市民と合意形成されるまでは工事を中止してほしい」と求めてくださいました。
また、地中の乾燥化を懸念する声があることから、舗装の透水性の実験をすることも発表されました。

まだまだ署名も募集中です。平城京天平祭(11月10-18日.10:00-16:00.イベントもあり)も開催中ですが、多くの訪れる観光客の方々や子供さんが、この地の素晴らしさを感じ、この世界遺産の平城宮跡の自然と遺構を守りたい!と考えていただけることを、切に願っています。11月13日
--------------------------------------------------------------------------------

"平城宮跡を守る会"より、
11月6日(署名開始から1ヶ月目)に、2万筆を超えました!近々第二弾として提出してくださる予定ですが、署名はまだまだ募集中です!

■街頭デモ
11月10日(土)12時-13時 JR奈良駅集合 どなたでもどうぞ
■国交省による説明会
11月10日(土)14時-奈良商工会議所5階大ホール 申込不要(定員150人)
 問合せ:0742-36-4327(国交省平城分室)
■イベント
11月11日(日)12時ごろ-14時 平城宮跡の舗装に抗議する大ピクニック 
どなたでもどうぞ
詳細はすべて⇒こちら   

舗装工事のための埋め立て工事が始まろうとしています!
お近くの方・観光客の方もできましたら、ご協力をお願い致します。
11月8日

--------------------------------------------------------------------------------
"平城宮跡を守る会"より、
受付開始から3週間で10000筆を突破したそうです!!また11月1日までで、総計17250筆!のご署名が集まり、近々第二弾として提出される予定です。ご協力くださった皆様、ありがとうございます!!

平城宮跡埋立て舗装工事についての国交省による説明会も行われることに…!! 詳細は⇒こちら
日時: 11月10日(土)13:30開場14:00-16:00
*開会中の出入りは控えてほしいとのこと
場所: 奈良商工会議所5階大ホール 奈良市登大路町36-2
(「近鉄奈良」駅1番出口より徒歩1分/JR「奈良」駅より徒歩20分)
料金: 無料 申込:不要
主催: 国営飛鳥歴史公園事務所 電話 0742-36-4627(平城分室) 


工事は変わらず進行しています。草木が1本も生えない舗装工事が、中止や変更されるまでご協力をよろしくお願いいたします。11月3日
--------------------------------------------------------------------------------
10月16日、平城宮跡朝堂院の埋立て舗装工事反対の署名(前日までの到着分4595筆.9kg!!)と要望書などを持って、"平城宮跡を守る会"代表の寮美千子さん・ならまち通信社の松永洋介さん・中村てつじ氏(参議院議員)らが、東京・霞が関の国土交通省と文化庁を訪れ、意見交換をされました。
f0221708_20435741.jpg

Ustreamの「平城宮跡埋立て問題 国交省・文科省との質疑応答と記者会見」記者会見も含め、IWJによる中継(1時間30分と長いですが、後半注目!)で、どちらの言い分が正しいのか確認してみてください。
「国民が動かないと(工事はそのまま続行)何も変わらない。」「それぞれにいろんなところで声を上げ、結果、連帯して世論をつくっていきたい。」という言葉が印象的でした。
その様子は、奈良新聞の記事に分かりやすく掲載されています。
*唯一TVで取り上げられ10月22日放送の番組をアップされた、YouTube映像もよければご覧ください。国を相手に、賛同してくださるマスメディアは少なく、コンパクトに分かりやすく(12分33秒)、すべてを伝えてくださっています。舗装工事をされて誰一人として観光客が訪れようとしていない難波宮跡や他府県の宮跡保存のあり方との比較も、感慨深いです。



*写真は、平城京遷都1300年祭の時の春と夏の様子で、工事が終了した第一次大極殿前の広場と、草木が茂る他の場所との比較です。イベントが行われている以外、砂ぼこりが激しく、夏は暑さが増す工事がされた第一次大極殿前の広場には、記念撮影以外多くの人は集まろうとはしません。
f0221708_20461074.jpg
3名の方が代表して、住人や市民の・・県民の国民の!声を代弁してくださっても、尚工事はそのまま続行すると言われる国交省の審議官と文化庁の文化財部記念物課長…。その会見で、知らなかった多くの情報も確認できました。
想像してみてください。イベントがなく工事がされてしまったら、全く住民も観光客もリピーターも寄り付かない訪れようとしない平城宮跡…。
f0221708_20464420.jpg
平成20年に計画され、実施が完了した国営平城宮跡歴史公園としてのシンボルゾーンとされる、第一次大極殿前の広場と同じように、真砂土に重量比4%のセメントを混ぜたソイルセメントで第一次朝堂院も固めてしまったら、植物の生えず、砂埃が立ち、観光客も全く来ない地になり、それまでのツバメやキジや多くの鳥達の餌場はなくなり、可憐な草花を一生見ることはできない地に変わってしまうのです。
f0221708_2047715.jpg

また、このソイルセメントは雨も通すことから、科学的な根拠はなく、国交省や文化庁の方は、遺構を保存するために必要な手段だと言われていました。けれど、工事の当初の計画の内容文に、土系舗装であるソイルセメントで覆うような記述はないようです。
工事を中断するか、遅延して住民の意見や要望に応じてほしいと訴える"平城宮跡を守る会"の代表に対して、お役所の方は、「もともと住民のものではなく、藤原宮とこの平城宮跡は特別で、国の直轄下で国民のものです。」と云われました。
ですので住民や市民だけなく、奈良県民日本国民が、平城宮跡の自然と遺構を守る声を!あげなければ守れるものも守れません。どうぞその声を署名として、届けてください!!
f0221708_20503022.jpg

署名は、11月までの埋立て中止を求め、10000筆を目標にまだまだ募集中です!
1.署名用紙をダウンロードして⇒署名用紙(PDF) A4用紙で印刷、
2. 声明文をよく読み⇒声明文 みなさんの署名を書いて
3. 郵便・メール便で送ってください。

送り先:〒630-8315 奈良市中辻町1-1-103 
ならまち通信社「平城宮跡を守る会」

*リンクやこの記事のコピーも自由で、拡散シェア&署名のご協力をどうぞよろしくお願い致します!
*街頭署名活動内容や個人署名活動用のツールもありますので、こちらを是非ご覧ください。⇒平城宮跡を守る会
f0221708_20513517.jpg

多くの自然の草花が残る草原を「雑草」といい、藤原宮跡と合わせて除草作業にかかる費用は年間1億円…。今回の工事は3億円…。ちなみに平城京遷都1300年祭を記念して復元された第一次大極殿は180億円!!だそうです。

除草作業費を失くす為の工事としか思えない言葉の数々に、どうしたらそのままの自然を守れるか?反対するからには考えなければなりません。最小限の道だけの工事として、真正面に第一次大極殿を見ながら進める通りと今のままの遊歩道に、そのままの自然を残したビオト-プのような公園にはできないものかなとも、勝手に考えています。皆様も一緒に一番いい方法を考えてみてください。
f0221708_20515299.jpg
1998年に登録された世界遺産 古都奈良の文化財は、奈良市街を囲むように点在する遺産物件8件(東大寺/興福寺/元興寺/唐招提寺/春日大社/春日山原始林/平城宮跡)と緩衝地帯を加えた総面積31.18平方kmです。
f0221708_20561451.jpg

その中の平城宮跡の遺産価値としては…、
「平城京の中枢として造営された宮城、平城京の地下遺構。1955(昭和30)年より発掘調査が始まったもので、往時の平城京の様子を知るうえで貴重な考古学的史料である。」そうです。

その世界遺産を守るため、今できることをあきらめず、続けていきたいと思います。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へにほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良県情報へ

こちらのblogをご覧いただき、ありがとうございます。ランキングに参加中・・・。更新の励みになりますので、応援クリック↑をよろしくお願いいたします。

*埋め立てが中止されるまでは、この記事がblogのトップページにくるように設定しております。

More あきらめない、署名活動…。
[PR]
by tukimi-kai | 2012-11-10 21:15 | 奈良 | Trackback | Comments(4)


大好きな旅のように、      自分の人生=日々の暮らしをも楽しみたいです。


by tukimi-kai

プロフィールを見る

最新の記事

終戦の日 豊作の葡萄と共存共..
at 2017-08-15 20:37
ふらり奈良旅*奈良の銘酒”春..
at 2017-07-05 12:57
ふらり奈良旅*変わりゆく?!..
at 2017-06-30 15:21
梅雨入り ベランダ庭で地味に..
at 2017-06-20 15:01
柳緑花紅 花々に癒された?!..
at 2017-05-12 15:12

カテゴリ

ご挨拶
衣食住
心技体
奈良
京都
福井
香川&徳島2010
香川&徳島2012
香川&徳島2013
香川&徳島2014
和歌山2010
和歌山2011
和歌山2012
兵庫2013
東京2013
東京2014
沖縄2015
沖縄2016
大阪2010
大阪2011
大阪2012
大阪2013
大阪2014
大阪2015
大阪2016
サイパン2010
ギリシャ
イタリア
東日本大震災

記事ランキング

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...

タグ

ブログパーツ

  • このブログへのリンクはフリーですが、掲載されている写真・画像・イラスト・文章を無断で使用することを禁じます。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30