<   2012年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

春の兆し 菜の花パスタ

奈良では、2月堂で行われる修二会(しゅにえ)の伝統行事の"お水取り"が終われば、
春が来て暖かくなると云われていますが、今年はなかなか…、
春分の日の今日も、外の空気は冷たく、まだ気温10度を下回る寒い日でした。
そして今日は春分の日で、お彼岸の中日…。
ちなみに、お彼岸とは春分・秋分を中日とし、前後各3日を合わせた7日間の期間や、
この時期に行われる仏事のことだそう・・・。よく云われる「暑さ寒さも彼岸まで・・・」という言葉通り、
明日からは、春らしく?寒さも和らいでいくようなので、体も楽になりそうで楽しみです。

f0221708_1642287.jpg


また、旬の春野菜なども店頭に並びはじめ、
所々のお庭ではピンクや白い梅、畑では菜の花が咲き、春を感じさせてくれています。
近くの商店街で、菜の花(京都伏見産)やアスパラガス(メキシコ産!?)や春キャベツ(奈良産?)を、
買い物好き夫が買ってきてくれたので、春野菜のパスタを2週続けで(1回4-5皿分)作ってしまいました。
他に、アスパラガスの豚肉まき、菜の花の辛し和え&わさび和えも…。

More 菜の花パスタの作り方と花言葉…。
[PR]
by tukimi-kai | 2012-03-20 22:13 | 衣食住 | Trackback

輪廻転生 女性の人生と死

先日家族が受けたセラピーの結果の報告で、こんな一文(一部抜粋)があり、少し考えてしまいました。
『人は約束してこの世に生まれてきます。「こういう人生テーマを達成したい。」「親になってもらっていいですか。」
「私はこういう人生テーマを達成したいので、ちょうど合っています。ぜひ私の子供に生まれてください。」
これは祖父母、近所の人、学校の人達、職場の人達、すべてに当てはまります。
ある人生を元に次の人生が起こり、その人生を元に次の人生が…の繰り返しになります。』

"輪廻転生"を信じるかどうかは、人それぞれなのだけれど、自分の死を恐れる人にとっては、
いつか生まれ変われ(人間に生まれ変われるかは6分の1や、300年ごと?と
かなりの年月を必要することもあるようですが)この現世では、それまでの前世より幸せな人生を送れ、
次の人生はもっと幸せな人生を送れると思うだけで、不安は軽減するように思っています。
ちなみに"輪廻転生"(りんねてんせい.りんねてんしょう)とは、「転生輪廻(てんしょうりんね)とも言い、
死んであの世に還った霊魂(魂)が、この世に何度も生まれ変わってくること」を云うそうです。

f0221708_1533843.jpg


よく問われる質問で「生まれ変わったら、あなたは何になりたいですか?」の問いに、
きっぱりと「生まれ変わりたくはないです。そう思わないくらいに、今の人生を精一杯生き抜きたいです!」と
答えられた女優さんがおられ、驚きと日本の軍人さんのような人間としての潔(いさぎよ)さを感じました。
そしてその女優さんが確か杏さんで、この言葉を聞いた時は、
女優さんだから多くの人の人生を演じられたり、幸せな人生を過ごされているのかなと思ったのだけれど…。
後日渡辺謙さんの前妻との娘さんとして、多くのご苦労をされてこられたことを知りました。

自分の人生は、ふと立ち止まって考えるとき、皆様は満足されていますか…?
後悔しながら?妥協しながら?仕方なく毎日を…生き方を人生を過ごしていませんか…?

仕事をしていれば、その仕事にやりがいや生き甲斐も強く感じ、社会に貢献できているという満足感もありますが…。
また専業主婦であれば、家族の健康や家の安全に、地域活動に従事したり、家族のために存在していると考えたりもできますが…。
今のその状況に反発せず、すべてが正しい、満足していると受け入れることが必要であり、
受け入れられないなら…、その状況や自分の環境を変えていくことで、自らの人生が
素晴らしい後悔のない人生へと変わる気がします。そう思えたのは、人生の先輩でもある多くの女性の言葉や行動でした。

More 続きは感動曲も…。
[PR]
by tukimi-kai | 2012-03-17 23:16 | 心技体 | Trackback

諸行無常 人も鳥も・・・

ご無沙汰しています。体調が悪く、それに伴い精神的にも落ち込みが激しく、blogも更新できずにいました。来週は、まだお水取りが終わってもないので、寒い日もあるそうですが、暖かくなり春がそこまで来ていると思うだけで、気持ちが前向きに、物事をポジティブに考えられるようになってきました。
f0221708_20331249.jpg
落ち込んでいた時は、時々見せていただき楽しみにしていた他のブロガーさんたちのblogが…、今年になって一度も(すでに丸2か月半)更新されていなかったり・・・、3日前まで更新されておられた方がお亡くなりになってショックを受けたりも・・・。震災後の心境の変化があっても、多くの方のために問題提起されたり、多くの情報を発信されてこられたりして続けてこられていたblog・・・。新しく何かを始まられたり、お仕事や生活が忙しくされておられるなら安心ですが、お疲れになられたり、病気や怪我をされたりはされていないかなと少し心配になったりも・・・。そしてこのままblogを辞められたら・・・寂しいなと思いながら、私自身のblogの更新も滞ってしまっていました…。
f0221708_20345092.jpg
けれど、blogをはじめるのも、辞めるのも、更新されないのも本人次第・・・。大概の方が1年半程で、「blogを始めてみたけれど予想とは違い、仲間ができなかった。言いたい事や伝えたいことを書き尽くした・・・。飽きた・・・。忙しくなった。」等で辞めていかれる方も多いのだとか・・・。けれど情報発信の場や情報共有の場として、目的や目標を持って続けておられる方が長く続くのだそうで・・・。
f0221708_20362388.jpg
私も自己満足のように旅の思い出や日々の暮らしの楽しみを、アルバム代わりに記録として綴っていたり、多くの方にも少しでも気分転換や参考にしてもらえたらと続けてきたけれど、少し疲れてきてしまっていました。落ちこんで一人でいると、ただただ悲観的にネガティブ思考がエスカレートもして、うつ状態になりそうなところ…。心を開いて何かを得ようとしていると、自然に多くの情報や励ましの歌や言葉が耳や目や入ってきて、それらは鋭く心に響きました。(また心に響いた音楽や言葉等、紹介できればと思います。)
f0221708_2037938.jpg
今年の冬は、小さな我が家のベランダ庭にも、全く鳥たちが来ないと少し淋しくも感じながら、寒くてベランダに出ることもなく過ごしていたのですが・・・。2月の中旬、夫がベランダを掃除してくれたことで、どうやら鳥たちが「ここには人間がいて、カラスの天敵から守られる!?」「えさがあるかも」と思ったのか、山のえさが尽きたのか?ちらほら鳥たちもいつもの冬のように訪れるようになりました。写真はその様子を・・・。
f0221708_20382149.jpg
始めにスズメが来だし、次にヒヨドリ…、そして・・・いつもの冬とは違う以外な鳩の姿までも…現われて驚きました。
最近は二羽のつがいからは、1-2匹しか育たないという人間と同じような少子化で、警戒心の強いスズメも、最近ではエサを求めてかなりその警戒心がなくなり、人間に近づく程と存続するために必死なのだとか。また、畑を荒らしたりと農作物被害も年々相次ぐほど、大繁殖していたヒヨドリは今年少ない気がします。また、奈良の北部の駅のホームでよく見かける鳩は、歩いているのが普通に感じていたけれど、駅から少し離れた我が家のベランダにまで飛んできて、またバッサバッサと飛んでいく姿は、鳥だったんだと改めて感じたりも…。

More 諸行無常の意味…。
[PR]
by tukimi-kai | 2012-03-10 20:41 | 心技体 | Trackback | Comments(8)


大好きな旅のように、      自分の人生=日々の暮らしをも楽しみたいです。


by tukimi-kai

プロフィールを見る

最新の記事

香川&徳島の旅*うどん県で頂..
at 2017-10-02 14:26
御菓子司 風情ある…なかにし..
at 2017-09-14 16:47
終戦の日 豊作の葡萄と共存共..
at 2017-08-15 20:37
ふらり奈良旅*奈良の銘酒”春..
at 2017-07-05 12:57
ふらり奈良旅*変わりゆく?!..
at 2017-06-30 15:21

カテゴリ

ご挨拶
衣食住
心技体
奈良
京都
福井
香川&徳島2010
香川&徳島2012
香川&徳島2013
香川&徳島2014
和歌山2010
和歌山2011
和歌山2012
兵庫2013
東京2013
東京2014
沖縄2015
沖縄2016
大阪2010
大阪2011
大阪2012
大阪2013
大阪2014
大阪2015
大阪2016
サイパン2010
ギリシャ
イタリア
東日本大震災
香川&徳島2016
香川&徳島2017

記事ランキング

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...

タグ

ブログパーツ

  • このブログへのリンクはフリーですが、掲載されている写真・画像・イラスト・文章を無断で使用することを禁じます。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31