<   2012年 01月 ( 11 )   > この月の画像一覧

サイパン旅行記*I LOVE SAIPAN day8-2

一昨年(2010年)11月の初めに旅した、サイパン旅行記の最終日編を、ぼちぼち綴っていきたいと思っています。
昨年12月(2011年)にも行ってきたので、新たな情報も含めて書いて、
引き続き早めにその旅行記(2011年版)も更新していこうと思っております。
よければ寒波が続く寒く冷たい真冬の日本で、暖かいサイパンを感じていただければ、嬉しいです。060.gif

f0221708_20595329.jpg


最終日の朝、ホテルで朝食を食べて、お土産を買おうと、10時から開店のDFS(免税店)やABCストアへ行く為に、
DFS行きのバス(1時間に1本の無料バス)に乗り、ガラパン市街へ…。
ちなみに遠くに見える島はマニャガハ島です。

f0221708_2101481.jpg


途中に見える旧ホテル・ニッコー・サイパン(写真中央左)は、2005年にサイパン来訪の際、
天皇陛下も宿泊され、広い敷地で日本の経営なのでサービスもよくて(個人の感想ですが)人気があったにもかかわらず、
維持費がかかり…市街地から離れているのと、観光客数の低下に伴い…日航が売却し、サイパン政府が買い取った経緯があります。

ホテル名を替えパームズ・リゾート・サイパンホテルとして改装工事をしているというのは名目で、管理はなされているもの、
ホテルの経営や運営は(2010年3月以降?)実質されていないのと同じで、厳しいサイパンの経済状況がみえてきます。
ハフャダイ・ビーチ・ホテル(写真中央右)は、DFSやABCストアがすぐ近く、
ガラパンの中心街も歩いて10-15分の好立地にあり、他国の観光客も多く泊まられているホテルです。

f0221708_21152021.jpg


DFS開店5分前に到着したので、お隣の「I LOVE SAIPAN」という、地元の方も多く来られるお店へ寄ってみました。

f0221708_214399.jpg


こちら↓は、スターサンズプラザが運営し、マニャガハ島にも支店のある
ショッピングモール?のようなお店の I LOVE SAIPAN・・・。

f0221708_2113581.jpg


DFSを訪れる方は多いけれど、そのお隣のこのお店は、2010年のサイパンのガイドブックにはほとんど載っておらず、
急成長しているようで、2011年12月に訪れた時には、多くの地元住人や観光客の人気のスポットにもなっていて驚きました。
ブランド品などの高級品を買う方が年々少なくなり、
安くて喜ばれるものや地元に密着したものを購入する方が増えてきているのかもしれません・・・。

f0221708_21154936.jpg


サイパンで生産されているお土産物等の商品(ボージョボー人形にマリアナスコーヒー等?)は少ないですが、
アメリカやハワイ直輸入の商品が多く、化粧品や健康商品(島国ならではのノニ)や
定番のチョコやココやしのお菓子類等は、安くて軽くてお土産にも喜ばれそう・・・。
ABCストアにもよく似たようなものから、全く違った商品がありますが・・・。
(航空会社にもよりますが、機内に持ち込める荷物は、エコノミークラスでは
スーツケース1ケースで23kg以内という制限のある法改正にも要注意です。
個数や重量の超過は30-150US$の支払いが必要になったり、
また機内持ち込み手荷物に入れ替えた場合も115cm以内の大きさで一人1個と制限がありますので、
できるだけお土産も買うことを考え、行きの旅行荷物は少ない方が無難です・・。)

f0221708_212215.jpg


この時(2010年)は、マリアナスコーヒーの試飲もできましたが、昨年訪れた時にはなくなり、
それに代わってバナナやココナッツチップの試食ができていたり、
フードコートが中にも外(BBQ1本1$にビールは4$くらい)にもできていて、
地元の子どもたちや韓国人の観光客にも人気で驚きました。

f0221708_13374676.jpg


DFSのような高級感はなく、安くお土産物が購入できたり、地元の方が着られる衣類も多くあり、
買いに来られておられる方や、オバマアメリカ大統領やハリウッドスターの看板も多くあって、何だかふざけて1人楽しむ人の姿も・・・。015.gif

f0221708_2131954.jpg


DFSが開店するまでの少しの間と思い立ち寄ったお店で、
多くの商品を見て、しかもたくさんついつい買い物して、ふざけた人にも付き合って・・・疲れてしまいました。

f0221708_2125654.jpg


またショックなことに、昨年(2011年)訪れた時には、
日本の"ゆるキャラ祭り"?で見かけたサイパンダの姿が全く見れずに・・・サイパンダグッズも激減していて、淋しかったです・・・。
DFSの中で、巨大サイパンダが健在なのと、
ぬいぐるみとマグカップと時計つき等のストラップといったグッズが販売されていたぐらいでしょうか・・・。
サイパンを訪れる日本人観光客が減ってきていることも原因かもしれません。

More ホテルでも見れたノニ(花咲き)と、帰りのサイパンらしい風景・・。
[PR]
by tukimi-kai | 2012-01-29 22:45 | サイパン2010 | Trackback | Comments(4)

百折不撓 冬野菜とダイエット

今日は、若草山の山焼きの日で、行く予定もしていましたが、夫が風邪気味となり家で大人しく、18時15分から始まった花火や、その後の18時30分から点火され、焼かれている山焼きの炎の明かりを遠くから眺めていました。写真は、秋から冬に食べた茄子や新米やほうれん草や白菜に大根に人参の冬野菜を使ったシンプルおかずの一部のまとめと、菜の花等のこれからの季節のものも・・・。定番の豚肉と白菜の蒸し物にもほうれん草を入れるだけで彩りよく感じたり・・・。
f0221708_2161929.jpg
毎日奈良では、雪が毎日のように舞い散る(積もりはしない)寒いというより冷たい日が続きますが、お正月に活けていた梅の花が開きはじめたり・・・、もうすぐ立春(2月4日)という季節を感じさせてくれているようです。
f0221708_2165031.jpg
冬は動物では冬眠の季節でもあって、食べたものを吸収しやすい体質になり、人間も太りやすい時期なので仕方がないとは云いますが・・・、昨年の今頃に比べ、10kg体重が増えてしまった!!ことに怖くなって、今年は本気でダイエットをしないと・・・と思っています。薬の副作用でどうしても浮腫みがひどく(1ヶ月で3-4kg増えたり)、体調もなかなかよくならず、薬を減量することも出来なかったのですが、今月中旬より疲れやすいものの、体調がよくなりはじめ薬も減量できることに・・・。
f0221708_2172920.jpg
主治医のDrが「どうしても薬に副作用で、腸間膜からの吸収力が増えて、太りやすくなるけれど、薬を減らすと、5kg位するっと痩せますよ~。」と大袈裟でも嬉しいことを言ってくださったので、それを信じて頑張って?ゆるゆるで!ダイエットをしています。とは言っても食べたいものは、時間を考え朝食か昼食に食べて、夕食は早めに極力カロリーが低いものを食べるようにして・・・。
f0221708_20385524.jpg
そして、アメリカのセレブの間でも大流行の"1日5食ダイエット"(1日の総カロリーを5回に分けて少しずつ摂取することで、血糖値を一定に保ち栄養吸収を低下させたり、胃を小さくする効果も?)や、"骨盤ダイエット"(1日3回骨盤の下に丸い枕を5分入れて、深呼吸?でウエストが2週間で7cm細くなったり、姿勢がよくなったり)や、毎日ヨーグルト(自分に見合ったヨーグルトを毎日食べることで、中性脂肪も激減?)と・・・できるだけいろんなことを試してみたりも・・・。
f0221708_2185151.jpg
またヨガをしていた時には、筋肉量が維持できていたのか?急激にむくみだけでは体重が増えることもなかったので、先週からまた再開し、毎日夜に自分でしていたこととは少々違うのか、本格的に?すると筋肉痛にもなって驚いたりも・・・。またカルニチンのサプリメントを服用したり、蓮根の粉をのんだりとあらゆる効果が期待できそうなものも試しています。
f0221708_2175876.jpg
果たして何が一番効果をもたらすかは分かりませんが、とりあえず2週間は続けて、効果があるものはそれからも続けていきたいなと考えています。
f0221708_1916257.jpg
ちなみに1日5食ダイエットは、常に食べる準備が大変なのと、常にお腹がすいている状態が続くので、すでにリタイヤしつつ、時々少食ばかりで5食になっていることもありますが・・・。代わりに以前りんごを食前に食べることで、かなりの効果があったので、新たに試していきたいなと思っています。
f0221708_21351420.jpg
「失敗にもめげず挫(くじ)けず挑戦すること。」を"百折不撓"(ひゃくせつふとう)と云うそうで、とりあえず目標は高く?10kg減を目指して、無理せず続けて挑戦?していこうと思っています。ちなみにお腹を冷やさない事や、筋肉を作るたんぱく質(肉・魚・卵・大豆などの豆類)を摂る事や、充分な睡眠時間(7-8時間)をとる事も痩せる必要不可欠な条件だそうです。皆様もダイエットに限らず、生姜や唐辛子などの身体を温める食材をうまく利用したり、定期的な運動で体力を作り、衣類の工夫やカイロ等で温かくされて、風邪やインフルエンザに罹らない抵抗力をつくることにも、どうぞお気をつけください。


人気ブログランキングへにほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
[PR]
by tukimi-kai | 2012-01-28 21:26 | 奈良 | Trackback | Comments(0)

合縁奇縁 オランダ屋 奈良店

先日、久々に「奈良テレビ局がお隣にあり、
新しくできたベーカリー&カフェレストランに行きたい。」という、今年初めて会う親友のリクエストで…、
珈琲の専門商社"フジエダ珈琲"が経営される、2011年4月にオープンしたオランダ屋奈良店へ行ってまいりました。
いつもよく車で通る度、広い駐車場が車でいっぱいという人気のお店と聞いていたり、
他のオランダ屋では朝7時開店のモーニングにも人が並ぶので、
6時半からになったと聞いていたので、コーヒーの香りや味も楽しみにしながら…。

f0221708_16225422.jpg


場所は旧ドリームランドが近くて、目の前が鴻ノ池陸上競技場と、
車で行くには便利なところ・・・なはずなのになぜだか思い込みで道を間違えてしまったり・・・。
ランチはかなり混み合う為、予約を受け付けていないということで、11時に集合したものの、
10分ほど過ぎてお店に着くと、広い駐車場もいっぱいで、広いお店の中の席にはすでに多くの人の姿が…。

店内に入り、天井が吹き抜けで、ベーカリーと珈琲の販売をされていくお店の中を抜けて、レストランのある奥の方へ…。
お店は新しいだけあって、(高田店はバリ風?)リゾ-トのような?北欧風のような?広くて開放的な明るい雰囲気…。
夜のライトアップもまた雰囲気がよさそうで見てみたいなと思いました。
しかも後で分かったのですが、こんな過ごしやすい雰囲気なので、どうやらこちらのお店のランチは、
30-40代の主婦の方やお仕事がお休みの方が来られる方が多く、ゆっくり話をするにはいい場所のようです。
ランチは5種類からメインが選べ、サラダとデザート&コーヒーと…パンは食べ放題…。

f0221708_16232368.jpg


そんな事は知らなかったので、鉄板の上にカットされたパンをたくさん持ってきてくださったので驚き、
「説明させていただきますね。」と丁寧に一つ一つのパンを説明してくださったのに、
「とりあえず全部を1つずつ…で。」と頼んでしまった二人…。
しかもその後も何度も、新しく焼きたてのカットされたパンを持ってきて選ばせていただくので、
お腹がパンでもいっぱいになるほどでした。

話に夢中でふと気づくと、同じような年頃の人が2-3人で皆ランチとおしゃべりに夢中で、
周囲を見渡す人も少なく…時間の経つのを忘れている様子で…、
完全に11時から14時までの3時間を過ごされるような雰囲気で、
食べる速度が皆さんいっしょといえるくらいゆっくりで、驚きました…。
奈良県産の小麦粉を使ったパン↓やトトロの形のパン等と種類も多く、パンの購入やカフェ目的で立ち寄ってみてもよさそうです。


カフェ&ベーカリー オランダ屋 奈良店

住所:奈良県奈良市法蓮佐保山3-1-23 電話:0742-31-3741
営業時間:8:00-24:00(フードLO23:30) 休日:なし
交通アクセス近鉄奈良線奈良駅から北へ徒歩25分 駐車場:40台収容可
[モーニング]8:00-11:00[ランチ]11:00-14:00.1200円
[ディナー]18:00-22:00.1800円予約可
*パンの食べ放題メニューあり
*モーニング・カフェタイム・ディナータイムは、ブレンドコーヒーのお替りのサービスあり(ランチタイムのみ不可)
*パン購入時、会員カードを作ると2割引に・・お店によりコーヒー豆等の割引もあるようです
*カフェラテを注文すると、クマやウサギの絵を描いてくださるサービスもあり


More 合縁奇縁の意味は・・・。
[PR]
by tukimi-kai | 2012-01-26 17:02 | 奈良 | Trackback | Comments(2)

奈良北町ふらり旅*器人器人

koharu cafe(コハルカフェ)さんでランチをいただいた後は、
その裏手の古民家で「うつわ」と「ざっか」のお店をされている器人器人さんへ・・・。
(なんと読むお店なのか分かりますか・・・?答えは下記でじっくりと・・・。)

2011年6月にオープンされ、新聞WEBマガジン『TRILLINM(トリリウム)』でも紹介されてその記事を見ていたので、
お店を彩るステンドガラスやセンスのいい作家さんたちのぬくもりある手作りの器に見せられて、一度訪れてみたかったところ・・・。

ちなみに『TRILLINM』は、奈良を代表する中小企業の遊中川や粋更や2&9のブランドを展開する、
中川政七商店の社長や、奈良に在住するクリエーターの方々のblogに、奈良の素敵なことがぎゅっと詰ったサイトです。
(残念ながら2012年6月30日をもって無期限休止。代わりにHJ GALLERYサイトができています。)


f0221708_2274391.jpg


ただ思わずこの看板↓を見て叫んでしまった言葉は・・・、
「わぁ~きじんきじん(器人器人)さんって、行ってみたかったところ~!!(何か変?)」
間髪入れずに友人が「・・・きときと(器人器人)さんですね・・・。」と・・・。
また友人は「一度、ひうんかく(飛雲閣?)へ行ってみたいんですよ~!!(何か変?)」
以前から私がblogで紹介していた・・もしかして「・・・(生駒の宝山寺の)ししかく(獅子閣)ね・・・。」と・・・。

「きじんきじん」より「ひうんかく」の方がなんだかきれいな表現だけれど・・・、
どちらも何となくうろ覚えで、よく似た天然キャラだなと思ってしまったりも・・・。

ただ(ツッコミもよく入れられるけれど)ボケることも大好き夫は、よく知っているにもかかわらず、
常に獅子閣(ししかく)のことは「まるさんかくしかく(○△□)!!」と一度ボケるのが当たり前のよう・・・。
(以前の記事「特別公開 寶山寺の獅子閣」もよければどうぞ。)

f0221708_227937.jpg


ともかくその話をした後、器人器人(きときと)さんへ訪れたのですが・・・。
実はその印象的で色鮮やかなステンドガラスは・・・この古民家をリフォームされた大工さんが、
獅子閣のステンドガラスをモデルに設計されたものと聞いていたので
(この話は友人は知らなかったようなので)偶然で驚きました。

また獅子閣のステンドガラスよりも、色が違いきれいなことを伝えると、
店主の岡本さんが「偶然にも私の好きな色なのよ~。」と嬉しそうにおっしゃられてもいて、驚きました。

f0221708_14405985.jpg


そして古民家のリフォームのお話や、作家さんと器に関するお話など、楽しくゆっくりと聞かせてもらえました。
「これほど状態がいい建物は、たくさん見学したけれど他に類がなくて驚きました。」といわれる建物は、
当時そのままの床板や柱等の建材を多く使っており、
以前は住まい兼墨の卸業!?を営まれ、大切に使われていた事が伺えるそうです。
またかわいい小さな置物は、版画をされる作家さんが、余った木片で作られたモノだったり・・・。

あれもこれもほしくなるのを我慢して、最近割れてしまった大皿の代わりに、素敵なパスタ皿を購入しました。
koharu cafeさんで使われている器も、器人器人さんのお店で取り扱われている作家さんの器だとか・・・。

道理でお料理はもちろん、見た目も口当たりもよく、とてもあたたい気がしたはずです。
岡本さんのセンスの良さもさることながら、気さくで楽しいお人柄と、古民家の昔懐かしい中にも
洗練された現在のモダンさのある空間が心地よく、また訪れたいなと思いました。



うつわとざっか 器人器人

住所:奈良県奈良市東包永町61-2
TEL/FAX:0742-26-8102
定休日:木曜日
営業時間:11:00-18:00
駐車場:山内モータープール8番の1台分(向かって左側から7番目)
*お贈りしたい方の好みが分かれば、器人器人さんで選ぶギフトは、とっても素敵で喜ばれそう・・・060.gif

More 夕暮れの世界遺産 興福寺と・・・。
[PR]
by tukimi-kai | 2012-01-21 23:28 | 奈良 | Trackback | Comments(5)

奈良北町ふらり旅*koharu cafe

昨年12月中旬に、奈良に詳しい友人に案内してもらって、奈良北町へランチに行ってまいりました。
近鉄奈良駅の行基さん像のある噴水前で集合し、久しぶりにあって(彼女のたくましさや変わらぬ不思議な魅力に感激しつつ、
会っていなかった時を忘れて)話しながら、20-30分くらい歩いて到着したところは・・・。

f0221708_19145937.jpg


途中の看板を見ると、偶然にも行ってみたかった他のお店もあって、あまり似ていないかもと思っていた友人との関心ごとは、
いつしかぴったり合っていた事にも驚き、嬉しくなりました。

f0221708_1920309.jpg


到着したのは、ランチの予約をしてもらっていたkoharu café(コハルカフェ)さんです。
ご店主が、おひとりで切り盛りされていますので、ランチは予約が必要ですし、
待ち時間もゆったり奈良時間でお過ごしください。

f0221708_19355139.jpg


奈良町は観光客の方も多く、云わずと知れた観光スポットになっていますが、
北町(きたまち)界隈は、知る人ぞ知る、奈良の隠れスポットがたくさん・・・。
春や秋の行楽シーズンであればたくさんの方が来られるとのことですが、
この日は12月に入って寒い日で、お客様も少なくゆっくりランチをしながら、たくさんお話できてよかったです。

f0221708_1919237.jpg


温かいご飯にお味噌汁・・・そして週代わりのランチメニューは、食べ応えもある旬の野菜が多く、
一品一品料理される方の愛情が感じられる、やさしい味わい・・・。
そんな気がして「また自分も頑張って、家族のために作ろう・・・。」と改めて思える身体も心も喜ぶランチでした。
そして最後に、豆を中炒りしたコーヒーは、胃にも優しい本当のコーヒーの味・・・。

f0221708_19195347.jpg


この時少し体調が悪くて、コーヒーが受けつけられず、紅茶にしようとも思っていたのですが・・・、
まったく胃への負担も少なく、久しぶりに美味しいコーヒーをいただけて感動しました。
しかもコーヒーだけでも400円や450円(アトリエ モリヒコのコーヒー!? )なのに、
ランチ+コーヒー=1000円なのでかなりお得です。

f0221708_16523124.jpg


お家へ帰って「koharu caféさんのホームページを見てみようかな・・。」と思いながら、
たまたま当blogのheader(ヘッダー)部分の、"よく似たブログ"をクリックしてみると・・・、
koharu caféさんのblogに辿り着いて驚きました。
(ランダムなので、毎回違う方のblogをご覧いただけますし、私も楽しんでいます。)

f0221708_1920209.jpg


友人に偶然連れてきてもらい、ほっと癒され、koharu caféさんで話した内容も?!blogにたどり着いたことも!!
不思議な強いご縁を感じたひとときでした。続いて、奥の古民家の器人器人さんへ…。



koharu café(コハルカフェ)

住所:奈良県奈良市東包永町61 TEL:0742-26-1710
駐車場:山内モータープール内2台
OPEN:11:00~ 17:00 定休日:毎週木曜日と金曜日 




人気ブログランキングへにほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ

ブログランキングに参加しています。励みになりますので
よろしければこちら↑に「行ってみたいな・・・。」クリックをお願いいたします。
クリックいただきますと他の方の楽しいブログもご覧いただけます。



[PR]
by tukimi-kai | 2012-01-20 19:55 | 奈良 | Trackback | Comments(2)

ピカピカ 柑橘果実とクエン酸

毎年たくさんのスズメやヒヨドリにメジロと、野鳥たちが遊びに?訪れてくれていた我が家のベランダ庭・・・。
昨年はあまりにも多くのヒヨドリたちの数と糞に、怖ささえ感じたほどでしたが、
昨年秋になっても・・冬になっても・・今年になっても姿を見せず・・・。
よく見ると、ねぐらとなっていた裏山の樹々がバッサリ伐採され・・刈れ腐りもしていました。
しかもスズメの仮のねぐらとなっていた?ご近所の庭の植木もバッサリと伐採され・・・。
少し淋しいような気もしたりもしている昨今です。

f0221708_16421344.jpg


青々となっていたシークヮサーも(夫の観賞用・・)黄色く色が変わり、
酸味が少し抑えられた(時々試食・・)小さなみかんのような実になってきました。
さてさて初詣の事は書ききったのですが、まだ昨年のことを書きとめておきたくて・・・、よければおつき合いください。

f0221708_16423697.jpg


昨年の大掃除から、はじめてクエン酸を使うことにしました。
それまでは主に重曹(じゅうそう)を使って(以前の記事「深山幽谷 重曹」もよければ。)
キッチンの油汚れのある五徳や排水溝のぬめりには、
重曹の粉をふりかけ、水分を含ませて汚れを落としたり、家財も薄めた重曹水の吹き掃除で、
きれいに手垢なども取れてかなりの効果があり、油汚れに重曹は有効だなと確信していました。
けれど、水垢に関しては・・・。

f0221708_1643320.jpg


重曹に薄めたお酢をかけてその発砲効果で汚れが落ちやすかったり、
みかんやレモンの皮でステンレスのキッチン洗いを洗うときれいになり、
酸は水垢にかなりの効果を発揮すると感じてはいたのですが、
クエン酸の使用までには(シークヮサ―柑橘類の果汁で代わりになるかと思っていたので)
踏み切れず!?・・・。実際に使っている友人たちの「使うとピカピカよ~。」の言葉に背中を押されて、
300gで348円くらいのお掃除用のクエン酸
(工業的にはデンプンあるいは糖をコウジカビの一種で発酵させて作られているそうです)を購入し、
お水で薄めて使ってみたら、
「水垢が・・・、汚れがクエン酸でゆるんで軽やかに流されていく。」という印象・・・。(汚れが弱いところ)

f0221708_13321615.jpg


これまで必死にメラニンスポンジや重曹やお風呂用の洗剤でゴシゴシ?擦っていたのが、
まるで無駄でもあったかのようで・・・、化学反応の力に驚きました。
きっと多くの方が使われて、その効果は実感されているとは思いますが・・・、
まだの方はよければお試しください。また詳しく知りたい方は、
部分掃除の方法が細かく記載されたこちら→「重曹掃除とクエン酸掃除」も是非ご覧ください。

f0221708_13322949.jpg


多くの植物の種子や果汁中に遊離の酸として含まれるクエン(枸櫞)というのは、
中国産のレモンの 一種を指すシトロンの漢名で、
シトロンをはじめレモンや未熟なダイダイなど柑橘(かんきつ)類の果実に
とくに多く含まれているところから、クエン酸(citric acid)と呼ばれているのだそうです。
またwikipediaによると、
「クエン酸の塩は、カルシウムイオンとキレート結合するので、
かつては検査用血液サンプルの抗血液凝固剤などとしても利用された。
現在でも成分献血時にクエン酸ナトリウムとともに抗血液凝固剤として使用される。
クエン酸ナトリウム・クエン酸カリウム合剤(商品名ウラリット®配合錠)は
尿をアルカリ化させ尿酸の排泄を促進することから痛風に代表される高尿酸血症の治療薬として処方され、
尿路結石や代謝性アシドーシスの治療にも使用される。」と重曹と同じく、
健康や医療の面での効果もあることが分かりすっきりしました。
冬には欠かせないビタミンCたっぷりのみかんを食べて、
お家だけでなく身体もお肌もピカピカ?で血液もさらさら!でいたいなと思いました・・・。



人気ブログランキングへにほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ

昨日は3月並みの温かさだったようですが、今日は久しぶりの冷たい雨・・・。
来週から雪が降るくらい?に寒さ厳しくなるそうですし、
インフルエンザも流行り始めたようなので、手洗いうがいを励行し、皆様どうぞ温かくされてお過ごしください。
1ヶ月近く続いた乾燥注意報・・・今日の雨で記録もストップしましたが・・・。
乾燥を防ぐ手の保湿には、ハンドクリームの二度塗りがよいそうで、
一度塗りより何倍かの保湿効果があるという新しい研究結果が出たとか・・・。
[PR]
by tukimi-kai | 2012-01-19 14:20 | 衣食住 | Trackback | Comments(3)

記紀万葉 長谷寺

毎年のように訪れている長谷寺ですが、今年ほどなぜだか落ち着かず、御詣りしたことがなかったような気がします。
姉家族も含めて車2台に乗車して(お正月の三が日だけは、拝観料も隣接する駐車場も無料)
8名で訪れるのが、ここ数年恒例となっている1月2日の初詣・・・。
寒くても元気に駆け上がる子どもたちに、引っ張られたり手を繋ぎながら?
108間399段の登り廊もワイワイと話しながら登ると、楽しくてあっという間・・・。

f0221708_0392765.jpg


昨年は春生まれの姪の春娘と、階段の数を数えて登っていたのですが、途中で何か話す度に数がわからなくなってしまい・・・。
今年は、大晦日-元旦にかけてのNHKTV番組『ゆく年くる年』で年始早々東大寺のご住職?が
鐘楼太郎(こんな名前にも驚き)の鐘を突きながら、そのままスルーンと鐘の中へ姿を消された姿に初笑いした話で笑いながら・・・。

f0221708_22585069.jpg


こちらは、山号を豊山( ぶさん )と称し、寺号を長谷寺( はせでら )と言い、
正式には豊山神楽院長谷寺の、奈良県桜井市にある真言宗豊山派(ぶざんは)の総本山で、
西国三十三箇所観音霊場の第八番札所でもあり、多くのお坊さんが修行されています。
途中の回廊で出会うと「ようお参りで・・・。」「あけましておめでとうございます。」「こんにちは。」と
その時節に応じて気持ちよく挨拶を交わしてくださるのもこのお寺ならでは・・・。
また長谷寺は末寺三千余ヶ寺、 檀信徒はおよそ300万人ともいわれているとか。

f0221708_0374357.jpg


そして古くから「花の御寺」と云う愛称で呼ばれている長谷寺は、いつ詣っても四季折々の花が楽しめますが、
牡丹の花が有名で、冬の季節は冬牡丹が植栽され大切に育てられ、
その一枚一枚の可憐な花びらが集まり、大輪となっている咲く花の姿に心が癒されます・・・。
また「こもりくの泊瀬山」と万葉集に歌われているように、この地を昔は豊初瀬(とよはつせ)や泊瀬(はつせ)など
美しい名でよばれていたので、初瀬寺・泊瀬寺・豊山寺とも言われていたそうです。

f0221708_22592335.jpg


昨年偶然に知った『奈良の歩き方新提案 歩く・なら 記紀・万葉でたどる奈良』のホームページ
(知らなかった歴史や遺跡もかなり詳しく説明されています)で、
「"倭王"武と名乗った雄略天皇の拠点へ」で長谷寺も掲載されていますが、
平安時代の古典文学の「万葉集」「枕草子」「源氏物語」「更級日記」「蜻蛉日記」等には、
この地を題材にした歌が数多く詠まれていたとか・・・。(以前の記事「こもりく 初瀬川」もよければどうぞ。)
あちこちに歌碑がありますので、探してみながら御詣りされるのも楽しいかもしれません。
一昨年(2010年平城遷都1300年祭の記念式典のあと)は天皇陛下が希望されて、
皇后陛下とともに御詣りされたように、多くの万葉の歌人やその時代の女性たちも、
ご本尊である十一面観世音菩薩への信仰をされていたことがうかがい知りえます。

More 国宝の本堂・・・。
[PR]
by tukimi-kai | 2012-01-15 01:43 | 奈良 | Trackback | Comments(6)

白い神鹿 春日大社

元旦の恒例行事は、おせち料理とお屠蘇をゆっくりいただいた後の初詣です。
まずは度々参っていますが、生駒市の宝山寺へ・・・。
お正月の三が日、本当にこちらは年々お参りする方が増えてきているようで(震災の影響もあるのかも)、
元旦の午後からは中門からお参りするまでにも長い行列に並び、
生駒聖天と云われる大聖歓喜天様に御参りするだけで精一杯で、多くの参拝者の方がおられて困惑しました。

f0221708_16394461.jpg


帰りの日本最古からあると云われるケーブルカー(犬の車両:ブル)の中では、
「やっぱり車で来て、ずっと坂道で車の中で待つより、こっちの方がミケ(猫の車両)も見れるしいいね。」という親子の会話も・・・。
続いては近鉄電車に揺られて、奈良市内の近鉄奈良駅に到着し、
東大寺のある東の方へふらふら歩いて行ってしまったのですが、急遽目的の場所へ行く為、
道を南に曲がると眼の目に、国立博物館が・・・。
昨年夏にも建物に映し出される幻想的な映像を見れましたが、建物だけでもこんなに立派で素敵だなんて・・・。

f0221708_16403349.jpg


そして、参道に出ると(すでに17時を過ぎ)日も暮れ、鹿さんが帰っていく姿や、
現・国立博物館仏教美術資料研究センターの建物もライトアップされて、なんだかタイムスリップしたかのような気分にも・・・。

f0221708_16404980.jpg


こちらは1902(明治35)年に竣工され、奈良県物産陳列所として開館し、
県下の殖産興業と物産の展示販売をおこなう施設として利用されており、
耐震補強改修工事の為休館していたそうですが、平成23年8月3日より一般公開を再開しているのだそう・・・。

f0221708_177713.jpg


これから向かうのは・・・、昨年の初詣は世界遺産に1998(平成10)年「古都奈良の文化財」として
登録されたその中の東大寺でしたが、
同じく世界遺産の春日大社です。そして春日大社を覆う春日山原始林も世界遺産・・・。

f0221708_13425827.jpg


広大な春日大社の境内には60以上の摂末社があるそうなのですが、
まずはその中でも若宮神社の近くにある、日本で唯一ご夫婦の大国様をおまつりしているとされる
夫婦大國社(めおとだいこくしゃ)と、金運福運の守り神の金龍神社へ・・・。
こちらは↑その途中にある十日えびす佐良気神社・・・。
f0221708_16584744.jpg


仲良く見える夫婦間にもそれなりの危機はあり、その度に夫婦大國社にはお参りしているような気もしたり・・・。
お正月の期間は商売繁盛と良縁の特別祈祷も行なわれ、お守りが人気でした。
また金龍神社は、今年の干支にあやかって御参りする方が多くて・・・、
長い長い行列ができていた為に、少し離れてお参りしました。そしていよいよ、春日大社ご本殿へ・・・。

More 春日大社と朱の色の意味・・・。
[PR]
by tukimi-kai | 2012-01-10 17:27 | 奈良 | Trackback | Comments(2)

冷吟閑酔 3重おせち

冬の寒さが一番厳しい"寒"の時期に入ることを「寒の入り」(今年は1月6日)といい、
その"寒"は、24節気のうち"小寒"から始まり、もっとも寒い"大寒"を過ぎて"立春"になるとか。
ということで・・・、寒中見舞い申し上げます。
ますます寒さ厳しい折ですので、どうぞ節電の冬ですが、暖かくしてお過ごしください。
この時期、私自身も体調が悪化しやすく、本当に沖縄やハワイに移住するか、
温泉でずっと過ごす湯治(とうじ)にでも行きたいと、毎年のように考えてしまいますが・・・。

f0221708_16181236.jpg


さてさて、一応毎年?昨年!?から、時間があるので作り始めたお節料理を、今年も記録として残しておこうかなと思っています。
同じようなblog記事を載せるのは、辞めておこうかなとも思ったのですが、きっと来年は作らないかな?とも思って・・・!?

f0221708_1620753.jpg


作ったと言っても、昨年同様?紅白なますと、煮しめ(高野豆腐入りと鶏肉入りの2種類)とお雑煮と、
夫担当の数の子だけで(お酒の肴になるようなものばかり・・・)、他は購入した詰め合わせおせちなのですが・・・。
自己流で作るよりも、レシピを参考に作るほうがおいしいことが分かり、
今年もその方法で作って、仕上げは味見をして少し調整しての出来上がりでした。

f0221708_16183494.jpg


煮しめは、昨年からこちらのレシピを参考にさせてもらいながら、七福になる!?ように、
里芋・人参・蒟蒻・蓮根・くわい・しいたけ+高野豆腐or鶏肉("七福をとる"にかけてだそう・・・)を入れると、
量が多くてお鍋いっぱいで何だか煮過ぎてしまって大変でした。
最終的にこちらはお正月三が日では食べきれず、小さく切ってお好み焼きの具材に・・・。
紅白なますは、こちらのレシピですが、冷凍しなかったので、シャキシャキ感はなく・・、
前年姉に千切りになっていないと言われたので、今回は千切りスライサー?を使って・・・。
けれど、一度作ってみたかった本物の柚子を使った器に、
その柚子の果汁も絞って皮も入れて(本当はすりおろし?)、甘酸っぱくてなかなか美味しかったです。
夫に言わせると「紅白なます・・・!と言う感じですかね・・・」ということで、これが彼の褒め言葉?のようでした。

f0221708_1619387.jpg


そして、1月2日に姉家族も集まる実家用にも、同じように詰め合わせおせちを・・・。
けれど、毎年すべてを数日前から下ごしらえして作る、実母のおせちの味にはかないません。
母も7.8人分くらいを1人ずつの重に詰めて作っているのですが、
我が家の二人にも、いつもパックに入れて持ち帰らせてくれていて・・・。
見た目ではない、本当に心のこもった、子どもの時には分からなかったお正月の節句の料理で、いつも安心できる美味しい、飽きのこない味・・・。

f0221708_16192769.jpg


ただ我が家でも、毎年作っていると、おいしく作れるコツもわかってきたりして・・・。
夫は今年も屠蘇散(とそさん)が手に入り満足した様子(薬局やドラッグストアであるようです)で、
今年のお酒はなぜか呑みやすく美味しいと感じたのには・・・、包まれていた袋に書かれていたみりんを少し加えたせいだからだとか。
数の子も昨年まで適当に作っていたようなのですが、今年は私と同じくレシピを参考にもして・・・。

f0221708_16185715.jpg


白居易の「舟中晩起」の中に、さりげなく歌を吟じ、
ほのかに酔う気ままな暮らしを例えた、"冷吟閑酔"(れいぎんかんすい)という言葉があるそうです。
元旦からお正月の三が日だけは、思い存分呑んで、のんびりしてもらえるように、
前日の大晦日は料理苦手な私も、3重のおせち作りに頑張るのでした。
そして、3つのおせちに、いつも私は2種類のお雑煮をいただいて、ようやく新しい年を迎えられる、そんな気がするのでした。




人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ

ちなみにそのお雑煮は、以前は関東風のおすまし雑煮(夫希望)と、
関西でも奈良特有の白味噌仕立てで具沢山の雑煮に丸餅で、その丸餅はきな粉で食べるという2種類でしたが、
年々あっさりしたものが好きになって、今年は我が家はおすまし風の雑煮のみ、
実家で奈良特有の"きな粉雑煮"(と云うらしい!?)をいただきました。きな粉でお餅を食べるのを忘れてしまいましたが・・・。
[PR]
by tukimi-kai | 2012-01-08 17:19 | 衣食住 | Trackback | Comments(2)

歳の暮れ 餅つきと彩華に年越し

年末年始と毎年恒例行事で、自分たちでなぜだか忙しくしているような我が家・・・。
年始もあわただしくあちらこちらと初詣に行っていて、ようやく日常をとり戻しつつ、
今年ももう1週間も過ぎてしまっていた事に、月日の経つ時間の速さを感じます。
子どもが感じる時間の流れより、大人が早く感じてしまうのは、
子どもより行うべき事や考える事が多かったり、集中していたり忙しかったりする為だと思っていましたが・・・。

f0221708_1947969.jpg


「哀しかったり辛かったりしんどい時は、時間がなかなか過ぎないでしょう。」と言う言葉にドキッとし、
楽しかったり嬉しかったり幸せな充実した時間が時を早く感じさせるんだなと思いました。
(年始早々楽しいことばかりではなかったのですが・・・)

さてさて年末に戻って・・・、大慌てでサイパンへ行く前に親戚へのお歳暮をいつものようにお送りしたのですが・・・、
毎年12月30日は実家へ戻って姪や甥と共に、杵と石臼でのお餅つきを行ない、
つきたてできたてのお餅を配る、お歳暮周り?のような事が習わしとなっています。
(前年の様子は「年末恒例 お餅つき」もよければ。)

f0221708_222959100.jpg


この日は、村の中でご不幸事があり、行なうかどうかも迷っていたのですが、実父がその用でいない中、
代わりに弟やその彼女も手伝ってくれることとなり、7人(前の年は結局6人)の若い世代で作ることに・・・。
とは言っても、もち米洗いから蒸しや準備はほとんどが実母なので、感謝です・・・。
そしていつもはにぎやかにゆったりワイワイという感じなのですが、ご不幸ごとがあったこともあり、
1升を4回(と多くのお餅をつき丸めるのに必死で、何だか気ぜわしく終わってしまいました。
ちなみに、1・2升目は何も入れない白餅、3升目は桜海老を1袋入れただけの薄紅色餅、
最後の4升目に蓬をたっぷり入れた緑色がきれいなよもぎ餅に・・・。

f0221708_19474619.jpg


けれど気がつけば、みんな丸めたお餅を、最後に1口2口?1個2個!!何も味付けせずに、
こっそり?口に入れて試食中・・・。本来のもち米のおいしさがたまらないのです。
(私はつきかけの小づちされたもち米の形が残ったままを、おろし大根醤油で食べるのが一番おいしいと感じるのですが・・・)
大人には準備や後片付けが大変な作業でも、子どもたちにとってはいいお手伝いで、
楽しい思い出になるといいなぁと思ったりも・・・。そして、何といっても買ったり機械つきのお餅と違って、
出来立てはもちろん、時間が経っても、(すぐ冷凍保存しておき、焼くと)やわらかくておいしいので、
実母も毎年頑張ってくれることが、有難いなと思います。

More 歳暮の意味と彩華と年越しそば・・・。
[PR]
by tukimi-kai | 2012-01-07 21:07 | 衣食住 | Trackback | Comments(0)


大好きな旅のように、      自分の人生=日々の暮らしをも楽しみたいです。


by tukimi-kai

プロフィールを見る

最新の記事

秋の夕暮れ奈良旅*初めての正..
at 2017-11-23 17:16
香川&徳島の旅*うどん県で頂..
at 2017-10-02 14:26
御菓子司 風情ある…なかにし..
at 2017-09-14 16:47
終戦の日 豊作の葡萄と共存共..
at 2017-08-15 20:37
ふらり奈良旅*奈良の銘酒”春..
at 2017-07-05 12:57

カテゴリ

ご挨拶
衣食住
心技体
奈良
京都
福井
香川&徳島2010
香川&徳島2012
香川&徳島2013
香川&徳島2014
和歌山2010
和歌山2011
和歌山2012
兵庫2013
東京2013
東京2014
沖縄2015
沖縄2016
大阪2010
大阪2011
大阪2012
大阪2013
大阪2014
大阪2015
大阪2016
サイパン2010
ギリシャ
イタリア
東日本大震災
香川&徳島2016
香川&徳島2017

記事ランキング

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
more...

タグ

ブログパーツ

  • このブログへのリンクはフリーですが、掲載されている写真・画像・イラスト・文章を無断で使用することを禁じます。