<   2011年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

鼻高仙人 霊山寺

近畿大学農学部の文化祭をチラッと見た後、以前から何度も前の道や近くを通りかかり、気になっていた 奈良市中町にある真言宗大本山の寺院霊山寺(りょうせんじ.呼称りょうぜんじ・れいざんじ)へも行ってまいりました。駐車場も120台駐車可と広く、その駐車場では時折フリーマーケットが開催されることも・・・。この頃は11月初めなので、楓が色づき始めたばかりでしたが、今はかなり楓等の紅葉も見頃か?雨で落葉しているかと思います。
f0221708_3472086.jpg
大辯財天の朱塗りの大鳥居が、参拝者を出迎えてくれています。お寺なのに鳥居があるのは、神仏習合の名残で、神様も仏様も大切にする日本人らしさ?を顕しているようです。(かなり長い記事ですので、お時間のある時か・・関心のある方は、よければどうぞおつき合いください。)
f0221708_026322.jpg
お寺の中にお風呂がある!?と聞いていたのですが、入ってすぐ左手に、仙人亭(お土産物屋とお食事処)とその奥に、こちらのお寺の由来とも言える薬師湯殿が・・・。そのまた裏山?にはゴルフ練習場までもがあるようですが・・・。
f0221708_0273582.jpg
その由来とは・・・HPより、霊山寺の所在する富雄の里は、古事記には「登美」で、日本書紀では「鳥見」の地となっているそうです。1300年余り昔の奈良時代、右大臣小野富人(遣隋使・小野妹子の息子と伝わり、通称が鼻高仙人)が壬申の乱に関与した為に、672(弘文元)年、官を辞して、登美山(とみさん)またはその奥の鼻高山(びこうさん)に閑居したそう・・・。それから684(天武12)年4月5日から21日間、熊野本宮に参籠し、この間に薬師如来を感得されて、登美山に薬草を栽培し薬草湯屋を建てられ、そこで薬師三尊仏を祀り、薬草風呂で諸人の病を治されたのが、こちらのお寺の始まりで、薬師湯に起源があったのでした。
f0221708_027913.jpg
またお寺としての創建したのは・・・、728(神亀5)年には、流星が宮中に落下して大騒ぎになり、孝謙皇女が征中の病(ノイローゼ)にかかられた時に、聖武天皇の夢枕に鼻高仙人が現れて、湯屋の薬師如来を祈念すれば治るとのお告げで、すぐに行基菩薩が代参し、皇女の病が快癒したとか・・・。
f0221708_0275347.jpg
その為736(天平8)年、聖武天皇の勅命を受けて、行基菩薩が大堂等の伽藍を建立されたそうです。東大寺と同じくこちらでも、行基さんは人々の為に貢献されていたんだなと、ひっそり佇む行基菩薩像にも手を合わせました。ちなみにこちらにある行基菩薩像は、近鉄奈良駅の噴水の上にある像と赤膚焼の同じもので、一説には同じものが3体あるらしいのですが、もう1体がどこにあるのかは不明だそうで、霊山寺の七不思議に入っていました。
f0221708_15374390.jpg
また、印度婆羅門(インドバラモン)僧の菩提僊那が来日され、登美山の地相が、インドの霊鷲山(りょうじゅせん)にそっくり似ているということから、お寺の名称を霊山寺(りょうせんじ)と名づけられたとのこと。また、境内にはその菩提僊那のお墓もあるとか・・・。
そんな由来にある薬師湯には、もちろん聖武天皇も鳥狩りの折、また光明皇后も入湯されたと伝えられています。昭和57年に現代的な浴場に改築が行なわれてはいるけれど、風情ゆかしき歴史のあるところだなんて知らなかったので驚きました。
f0221708_1541952.jpg
そしてその昔、薬草湯で人々を救った小野富人(鼻高仙人)の心を、今も伝えるべく、アロエやどくだみにバラのエキスといった、薬草湯が楽しめるそうです。冬至の日に柚子(ゆず)風呂に入ると健康になれるそうで、12月22-24日は柚子風呂になるとか・・・。入湯料は、大人600円小人300円ですが、薬草だけでなく、霊泉(弱酸性緑ばん泉)も混入しており、鉄分が多く含まれるので良く温まり、疲労回復・更年期障害・リウマチ性疾患・慢性湿疹等に効能効果があるので、これからの季節には良さそうですし、次回は一度ゆっくり入ってみたいなと思います。
f0221708_0292383.jpg
山の方へ入っていくと、突然・・・八体仏霊場が出現し驚きました。生まれ年の干支(えと)と生まれた日の星座で、その12支と星座を組み合わせたお守り本尊は、人々の一生をお守り下さる開運、厄除けの仏さまとして広く親しまれているそうです。5年の歳月を経て平成3年に完成された新しい感じのするものですが、それぞれの人を守ってくださる守護の仏様が、一目瞭然に分かるご霊場のようです。少し前にたまごさんに教えてもらったのですが、ここへ来ると、自分を守ってくださる仏さまが、どんな方なのかがはっきりしていいかもしれません・・・。
f0221708_0281943.jpg
その八体仏霊場の上の階段を上がっていくと、天龍閣や聚楽殿という新しい雰囲気の宿坊(しゅくぼう.お寺内の宿泊施設)や、苔色がきれいな、風情のある庭園があり、旅館やホテルかと見間違えそうでした。
f0221708_0284359.jpg
その横の鳥居をくぐって石畳の階段を上がるか、左手(南)にある三重塔(重要文化財ですが、時間が無く今回は行けず・・・)を見ながら地蔵院へ向かうやや広い道をまっすぐ進み、竜神池のある隣の階段を上がると、本堂への階段が広がります。地図も見ないまま、歩いていたのですが、うまく導かれるようにたどり着けました。お寺とはいえ、宝山寺と同じく山全体がお寺の敷地となっているようなので(以前訪れた「大神神社 三輪山3」はご神体が山そのものなのですが・・)生駒山の宝山寺と同じように、ゆっくり周るにはとても広大で、いい運動にもなりそうです。
f0221708_030866.jpg
竜神池があったり、竜の青銅が多いのは、どうやら・・・平安時代、弘法大師空海が来寺され、「登美山に力の強い神様がおられる」と感得され、奥の院に大辯財天女尊(弁天さん)として祀られたのが起因しているようです。またそれまで法相宗だった霊山寺ですが、弘法大師が真言宗を伝えられ、以後は法相宗と真言宗の2宗兼学のお寺にもなったとか・・・。
f0221708_0294173.jpg
また、鎌倉時代には北条時頼の帰依が厚く多くの寺領を下付けされ、1283(弘安6)年には、本堂の改築や伽藍の大修理が成されたそう。そして、豊臣秀吉公の社寺政策により、寺領百石も与えられ、徳川幕府に受け継がれてからも、御朱印寺として国家安泰と五穀豊穣そして幕府の武運長久を祈願し、寺勢21ヶ坊を数え栄えてきたそうです。

More 国宝の本殿と龍と・・・。
[PR]
by tukimi-kai | 2011-11-20 04:09 | 奈良 | Trackback | Comments(4)

光陰流水 近大農学部の文化祭

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]
by tukimi-kai | 2011-11-13 23:57 | 奈良

天然自然 マリーゴールドとフィトンチッドに癒されて

先月末に、3ヵ月ぶり?に実家へ帰りました。毎月帰って、山の空気を吸って、自然を見ないと、うまく気分転換できずに調子を崩していたけれど・・・。今回は無理して帰ったこともあって?風邪をこじらせ、先週病院で抗生剤も含め薬を処方してもらったのにもかかわらず、未だすっきり治らず継続中・・・。朝夕はめっきり寒くなってきたけれど、微熱がありあまり寒さを感じていませんでした。
f0221708_16285646.jpg
けれど、立冬(りっとう.今年は11月8日)が過ぎ、ここ2.3日でぐっと冷え込んできたような・・・。今年の?この時期の風邪は長引くようなので、皆様も温かくされて、外出後の手洗いうがいを励行されご注意ください。とはいえ、季節ごとに変わる田畑の景色や山の野草の花々を見ながら、実家へ帰る道のりは、1人であれこれ考えを巡らすひとときで、全く違うアイデアやひらめきがあって、楽しいものです。
f0221708_16342022.jpg
そして、実家では山々に小川に草木と、自然なままの緑がいっぱい・・・。今年は例年より?暖かいこともあり、奈良での紅葉は(桜は落葉してしまったけれど、楓や銀杏などは)これからが見頃のようです・・・。とはいえ、実家の玄関は、秋のディスプレイに・・・。すべて買ったものではなく、近くで採ったり、母が畑で作ったものばかり・・・。綿花の綿毛に包まれた種をもらい来年蒔いて育つのを楽しみに、買おうか買うまいか迷っていた吾亦紅(われもこう)は畑中いっぱいに咲いたのだとか・・・。
f0221708_2013798.jpg
そして、実家のご近所でも秋と言うのに、鮮やかで元気がもらえそうな色とりどりの花が「お帰り!・・・また頑張ってね!」と声をかけてくれるように咲いて、迎えたり見送ってくれています。このオレンジやレッドの色鮮やかなマリーゴールドは、仏花用によく庭で生育されているのが、以前より何かしら不思議に感じていたのですが、キク科の花だったとは・・・。
f0221708_20125389.jpg
wikipedia(2011.11.11)によると
「マリーゴールド(英語: marigolds、学名:Tagetes)は、キク科コウオウソウ属のうち、草花として栽培される植物の総称。また、花の色や形がよく似ていて、葉にトマトのへたのような青臭いにおいのあるキンセンカを指すことがある。意は「聖母マリアの黄金の花」。花言葉は「信頼」、「悲しみ」、「嫉妬」、「勇者」、「悪を挫く」、「生命の輝き」、「変わらぬ愛」、「濃厚な愛情」」だとか・・・。なんだか人間の一生を表している様な花言葉や、今でも花びらが目薬に使われているなど・・・調べてみると奥が深い花でした。
f0221708_20124023.jpg
そして"天然自然"とは 「人間が手を加えないで、物事がそのまま存在する状態を表す語。天がつくった、そのままのあるがままであること。また、ひとりでに物事が起こること。」を云うそうですが・・・。ここでの自然は、実は人間が改良し作り出した山々に、いろんな人の手が加わってこそ、自然に毎年咲き続けている草花・・・。
f0221708_20122570.jpg
そしてこの歳になって、山や海や天然自然な景色に癒されたり、山登りを趣味の持つ"山ガール"が流行り、多くの人が自然を求める傾向にあるのは(コストがかからず趣味にできる?)、なぜかなと思っていましたが・・・。森林浴をすると植物が出すフィトンチッドを取り込み、体が健康になったり心が癒されたりする効果があるからだとわかりました。(気づくの遅すぎ?)
f0221708_16293681.jpg
wikipedia(2011.11.9)より「フィトンチッド (phytoncide) とは、微生物の活動を抑制する作用をもつ、樹木などが発散する化学物質。植物が傷つけられた際に放出し、殺菌力を持つ揮発性物質のことを指す。
1930年ごろロシアのボリス・トーキンが、植物を傷つけるとその周囲にいる細菌などが死ぬ現象を発見した。ボリス・トーキンはこれを植物が周囲に何らかの揮発性物質を放出したためと考えて、この物質をフィトンチッドと命名した。フィトンチッドは「植物」を意味する「Phyto」と「殺す」を意味する「cide」から作られた造語である。」そうです・・・。
f0221708_20133595.jpg
傷ついた心や身体が、フィトンチッドによって再生されるかのようで驚きました。具体的には精油に含まれるテルペノイドやフラボノイドという化学物質などが該当し、フィトンチッドでなくても、アロマなどでも人により癒しや安らぎの効果は、発揮されるようです。最近の私の癒しの香りは、ラベンダーや柑橘系のスッキリした香りですが、自然の持つ景色や草花にも感謝しながら、頑張って過ごしたいなと思います。そして、"食欲の秋"と云う言葉通り、"栗おこわ"や"新米"などの秋の旬の味覚もいっぱい味わって、栄養もしっかりとって・・・。


人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
[PR]
by tukimi-kai | 2011-11-09 21:26 | 奈良 | Trackback | Comments(5)


大好きな旅のように、      自分の人生=日々の暮らしをも楽しみたいです。


by tukimi-kai

プロフィールを見る

最新の記事

香川&徳島の旅*うどん県で頂..
at 2017-10-02 14:26
御菓子司 風情ある…なかにし..
at 2017-09-14 16:47
終戦の日 豊作の葡萄と共存共..
at 2017-08-15 20:37
ふらり奈良旅*奈良の銘酒”春..
at 2017-07-05 12:57
ふらり奈良旅*変わりゆく?!..
at 2017-06-30 15:21

カテゴリ

ご挨拶
衣食住
心技体
奈良
京都
福井
香川&徳島2010
香川&徳島2012
香川&徳島2013
香川&徳島2014
和歌山2010
和歌山2011
和歌山2012
兵庫2013
東京2013
東京2014
沖縄2015
沖縄2016
大阪2010
大阪2011
大阪2012
大阪2013
大阪2014
大阪2015
大阪2016
サイパン2010
ギリシャ
イタリア
東日本大震災
香川&徳島2016
香川&徳島2017

記事ランキング

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...

タグ

ブログパーツ

  • このブログへのリンクはフリーですが、掲載されている写真・画像・イラスト・文章を無断で使用することを禁じます。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30