カテゴリ:和歌山2010( 9 )

和歌山日帰り旅*マリーナシティ1 黒潮市場

海の日の前日・・・。朝日がまぶしく夏日を感じさせてくれています。
いつもこの日は、福井県若狭の海で過ごすはずが・・・。
今年は漁の解禁日が20日の平日であった為、たまたまいただいた無料券を手に和歌山へ・・・。

f0221708_2112390.jpg


今年はなぜか和歌山の旅?続きに、
まぐろ食べ放題で海や海の幸を満喫でき嬉しい限りです。

f0221708_21125485.jpg



どこに向かうかと思うような道・・・。到着したのは和歌山マリーナシティです。
なんとここへ来るのは結婚前・・・今から8?9?年前・・・。少し思い出があるのと
どう変わっているか?変わっていずに懐かしさを感じるのか?楽しみにしていました。

f0221708_21131529.jpg


まずは駐車場から、ポルトヨーロッパの入り口へ。

f0221708_21134477.jpg



東側エントランスをくぐり、いきなりポルトヨーロッパを素通りし
西側エントランスから直行で黒潮市場へ・・・。

f0221708_2114771.jpg


手の甲へスタンプを押してもらうとポルトヨーロッパへは
その日に限り何度でも入場可能で・・・、昔と変わっていなくて少し嬉しかったり・・・。

f0221708_21143352.jpg



黒潮市場の横の海つり公園で今年初めての花火も打ち上げられるためなのか、
前にはなかった建物がたっているせいなのか・・・、何だか以前より活気づいている気がして楽しみです。

f0221708_21145199.jpg


黒潮市場に入ると一日に三回ほど行なわれる
まぐろの解体ショー が行なわれており、多くの人だかりでした。

f0221708_21274322.jpg



大きなまぐろの姿を横目に見ながら、奥へ奥へ・・・。

f0221708_2129212.jpg


途中生け簀をのぞくと・・・、あわびがウヨウヨ・・・!!

f0221708_2130253.jpg



こちらも横目に見ながら・・・、「早く!早く!」とあわてる兎夫の後を付いて向かった先は・・・。

More 洞窟?レストラン
[PR]
by tukimi-kai | 2010-07-18 22:31 | 和歌山2010 | Trackback | Comments(0)

和歌山日帰り旅*マリーナシティ2 紀の国フルーツ村

バイキングレストランゴンドワナでの昼食後、黒潮市場周辺を探索しました。
前回来た時にはなかった紀の国フルーツ村がありましたが、
まずはじめに、子ども向けのイベント「宝探し」を覗いてみました。

f0221708_2041897.jpg
アメジストやガーネットにトパーズなどの約30種類の宝石?を砂の中から、約20分間の間に探すというイベント・・・。子どもたちが必死に宝探しをしている姿はかわいかったです。

f0221708_20415791.jpg

037.gif気づけば必死になって・・・、大人たちも探していました。
熱中症にでもなりかねない炎天下、水に手をつけ気持ちよさそう・・・。
大人小人とも800円で採ったものは持ち帰りできたり、
加工賃を別に払うと、ネックレスなどのアクセサリーにもしていただけるようです。

f0221708_20422240.jpg
続いて紀の国フルーツ村へ。地元和歌山の生産農家直売のマーケット・・・。
新鮮野菜や果物とそれらを使ったスウィーツやジュースなどなどが安くで販売されていました。

f0221708_20425688.jpg

帰りに立ち寄り、たまねぎや黒豆や古代米、そしてかなり格安でも品のいい桃をたくさんお土産に購入しました。また桃やオレンジ、みかん100%のフレッシュスムージー300円も大人気で、身体にすぐ吸収されていくようでおいしかったです。涼しいクーラーの利いた紀の国フルーツ村からでてみると・・・、

f0221708_20435422.jpg
043.gif「海の似合う男の人が・・・?!」昔こう呼ばれたのがよほど嬉しかったのか、そう言うだけで、にやりと喜ぶ夫・・・。今夜の20時から(約10分間)の花火のために、立ち入り禁止になっていました。

f0221708_20441067.jpg

続いて外から シーサイドバーべキュー海床 を見ながら・・・、またまた黒潮市場の中へ。

f0221708_20443738.jpg
こちら↑のシーサイドバーべキュー海床 では、黒潮市場で購入した食材をバーべキューにしたり、

f0221708_2045787.jpg

購入した天ぷらやラーメン、海鮮丼やまぐろの大トロ中トロのお刺身等々をお好きに選んで

f0221708_20452396.jpg
持ち運び食べられるシステムで、
潮風を感じ海を間近に見ながら、新鮮な海の幸をいただくのもよさそうです。

More 再び黒潮市場へ…。
[PR]
by tukimi-kai | 2010-07-18 22:16 | 和歌山2010 | Trackback | Comments(0)

和歌山日帰り旅*マリーナシティ3 ポルトヨーロッパ

和歌山日帰り旅の続き・・・最終回のポルトヨーロッパです。
これから再度東側エントランスからポルトヨーロッパへ入り楽しみます。

f0221708_19103295.jpg


駐車場には「巨大迷路パイレーツラビリンス」や「巨大迷路恐竜冒険島」各入場料500円があって、
暑くなければ子供も大人?も楽しめそう…。
f0221708_19104515.jpg


また駐車場には住宅展示場?もあり、2軒の家の中を見学できて、一戸建ちの夢が膨らんだり・・・。
和歌山熊野の自然木の暖かさを感じたり、木の温もりのある家具をみたり、
椅子に実際に座れる等その坐り心地や触れる柔らかな感触や居心地のよさに安らぎを感じました。
ここのおうちの窓から見えるパークパシフィークの様子も面白いものでした。

f0221708_1911155.jpg
ポルトヨーロッパへ入場するとすぐにパークパシフィークがあり、遊園地らしいアトラクションがいっぱいです。
とはいっても子供たちしか楽しんでいないようですが…、かなりスリリングです。

f0221708_19112164.jpg

また入場の時にいただくマリーナシティやその周辺の詳しい地図やホームページを見たり、
実際にぐるぐる(猫夫のように?!)歩いてみると十二分に満喫できると思います。熱中症にはご注意を・・・。

f0221708_19114066.jpg
その複雑な地形?を利用した「謎の宝島アドベンチャー~隠された埋蔵金を探せ!!~」という
体験型宝探しゲーム500円/一人なるイベントも小学生くらいのお子様にはよさそう・・・。
グアムでも同じようなゲームがありましたが、古びた感じの?の宝箱が何かの陰に隠れてひっそりとあるのには驚きます。

f0221708_1912135.jpg

また「わくわくふれあい動物村」400円もあり、
羊やヤギへの餌やりなどたくさんの動物達とふれあいも楽しめます。

f0221708_19121827.jpg
ポルトヨーロッパへと移る橋の下では海水が流れ、
鯛の餌やり500円も楽しめるようで、たくさんの威勢の良い鯛がピチピチ跳ねていました。

f0221708_19123725.jpg

やっとポルトヨーロッパ中へいく頃には暑さでバテぎみに…なりつつ周囲を探索・・・。

f0221708_19125096.jpg
こちらは、夏にはピッタリ!?の怖さと水しぶきで涼し気な
ポルトヨーロッパの名物?のアトラクション"ハイダイブ"600円です。一度乗ってみたいのですが・・・、

f0221708_1913495.jpg

何度も私以上に来ているのに、一度もアトラクションに乗ったことがない?ということが、
今回初めて判明した超怖がりな猫夫と一緒なので今回もパスしました。

f0221708_19132019.jpg
水しぶき&悲鳴に思わず観客も大喜び?!です。 水しぶきに毎回かかる虹もきれい・・・。

f0221708_19134044.jpg

探索よりも少し休んでお茶をすることに・・・。

f0221708_19142677.jpg
中世地中海の港町を再現したとされるポルトヨーロッパ・・・。068.gif
異国情緒あふれる?建物に少し酔いしれながらビールといきたいところ・・・、

f0221708_19144343.jpg

暑さが強くてアルコールはしんどく、より暑くなりそうだったので、本当にお茶だけをいただきました。

f0221708_1915550.jpg
レトロな受け渡し口もなかなか味わい深げです。

f0221708_19152612.jpg

ポルトヨーロッパらしい建物になつかしさと・・・、

f0221708_19154312.jpg
これが本当の石の建物なら・・・、と思いながら探索再開です。

More 美しい街並み・・・
[PR]
by tukimi-kai | 2010-07-18 19:34 | 和歌山2010 | Trackback | Comments(0)

和歌山の旅*那智勝浦6 まぐろ祭り

現世にもどる?迎えのかめが来ました。

f0221708_1672434.jpg


来る時にも立ち寄った勝浦港横の 勝浦漁港協同組合 魚市場では、年に一回の
 まぐろ祭り が開催されていて…(毎週土曜日には朝市があるそうです。)

f0221708_168291.jpg


どこから集まってきたのかと不思議に思うくらいの人の波にまぎれて、
まぐろのつみれの入ったまぐろ汁をいただきました。060.gif

f0221708_1610831.jpg


ほかにも餅撒きやまぐろのあたるビンゴゲームや
マンボウの試食(カニとエビをたしたようで甘くプリッとしているとか…
新鮮でないと食べれないので一般には流通しないそうです。)、
キハダまぐろの即売会(我が家もお土産に!)などの催しがあり、大いににぎわい楽しみました。

f0221708_15233028.jpg


この場所は後で知ったのですが、にぎわい広場と言うそうな…。

f0221708_16103613.jpg



More 続きもどうぞ・・・。
[PR]
by tukimi-kai | 2010-01-30 19:30 | 和歌山2010 | Trackback | Comments(0)

和歌山の旅*那智勝浦5 ホテル浦島 

紀伊勝浦の海岸に近い、もう少しで那智駅という手前、バスの車窓から世界遺産
紀伊山地の霊場と参詣道の補陀洛山寺(ふだらくさんじ)を発見!
青岸渡寺と同じくインドより漂着した僧によって開かれたとされる
ひっそりとした寺院ですが・・・熊野夫隅須美大神(くまのふすみのおおかみ)=
伊邪那岐命(いざなぎのみこと)の本地仏とされる千手観音を本尊としているそうです!

f0221708_1783936.jpg

紀伊勝浦駅につき、歩いて海岸へ向かうと・・・

f0221708_19274446.jpg

右手にすごい数のビンナガ(ビンチョウ)まぐろが水揚げされているに驚きました。
こちらの勝浦漁港は、延縄(はえなわ)漁法による生鮮まぐろ水揚げ日本一だそう・・・。

f0221708_1710935.jpg

左手にホテル浦島がみえ、迎いの定期船が来てくれる観光桟橋へ・・・。もしやこれは・・・ウエルかめ!?

f0221708_15131988.jpg

ホテル浦島の浦島とは・・・浦島太郎の「浦島」だったんですね!気づくの遅すぎですか・・・?少し聞いてはいましたが、1つの島がすべてホテルになっていて、その島こそ「浦島」!!とは驚きました。

More 続きもどうぞ・・・。
[PR]
by tukimi-kai | 2010-01-29 19:50 | 和歌山2010 | Trackback | Comments(0)

和歌山の旅*那智勝浦4 熊野古道

通常は、熊野古道大門坂のバス停で降りて、熊野古道を歩き、
熊野那智大社にお詣りするのが、正しい行き方とは思いますが、
時間がなく体力に自信がないため、熊野古道を最後に歩くことにしました。

f0221708_17305696.jpg
と・・・ここで「西国三十三所観音巡礼」第一番札所の世界遺産青岸渡寺
詣るのを忘れていたのに気づきました!が、時すでに遅し・・・不思議の国のアリスの
兎のような夫は、さっさと進んで「時間がない!」と大急ぎで駆け下りていきます。059.gif

f0221708_17235911.jpg
又、次回来るときの楽しみがふえたと、

f0221708_1656271.jpg
気を取り直し・・・癒しのスポットへ・・・

f0221708_1558458.jpg


More 続きもどうぞ。
[PR]
by tukimi-kai | 2010-01-29 19:05 | 和歌山2010 | Trackback | Comments(0)

和歌山の旅*那智勝浦3 那智大社

日本一大きいおみくじで、7年ぶりに大吉が出て感激しました。060.gif
7年の間・・・前厄・厄・後厄の繰り返しで、おみくじはほとんど凶でした。
やっと今年から厄明け!!ちなみにワイルド夫はまだ厄中で小吉です。


f0221708_170726.jpg
この後、飛瀧神社の奥へ・・・長寿の水をいただきます。
二人とも電車の中でお酒を少々呑み過ぎたようで、脱水ぎみで・・・
何杯もおかわりさせていただきました。040.gif

f0221708_17184.jpg

この長寿杯は、100円でいただけるということで、記念のいいお土産に・・・。
またここ飛瀧神社では、黒檀の手作り夫婦箸や那智石でできた根付けなどもお土産として多数購入しました。お寺や神社にお詣りした時は、出来るだけその場所で・・・お布施代わりになるかと思いながらお土産を買うようにしています。

f0221708_1712720.jpg

子どもの頃、那智大滝によく来た記憶はあるのですが、
いつも三重の塔側から見ていたようで、ここから見るのは大迫力で新鮮でした。

f0221708_1725674.jpg



More 続きもどうぞ。
[PR]
by tukimi-kai | 2010-01-29 18:25 | 和歌山2010 | Trackback | Comments(0)

和歌山の旅*那智勝浦2 那智原始林

紀伊勝浦駅からは熊野路・定期観光バスもでていますが、
時間が無いので那智山往復割引乗車券(大人1000円)を駅横で購入し、
市バス(熊野交通)で那智山へ向かいます。f0221708_16181768.jpg
古くより熊野那智大社の神域として管理されてきた世界遺産 
紀伊山地の霊場と参詣道の那智原始林に入ると・・・
f0221708_16191087.jpg
空気のはりつめた感じに、なぜか研ぎ澄まされた感覚を思い出します。060.gif

続きをどうぞ
[PR]
by tukimi-kai | 2010-01-29 18:00 | 和歌山2010 | Trackback | Comments(0)

和歌山の旅*那智勝浦1 紀伊勝浦駅

1月下旬、以前よりいつかは行きたいと思っていた、
洞窟のある温泉=ホテル浦島南紀勝浦へ行ってきました。
はじめは温泉オンリーのプランでしたが、少しチェックインまでに時間があるということで、
急遽大好きな世界遺産 紀伊山地の霊場と参詣道も慌ただしくまわることに・・・
まずは天王寺駅から、 特急くろしお1号 で紀伊勝浦駅までの3時間半の移動です。

f0221708_1640453.jpg

途中、海が見えてくるとゆっくり運行してくださるサービスが・・
海の無い県に住む海好きの二人にとっては最高のおもてなしです。
Good job 運転士さん049.gif

More 続きもどうぞ。
[PR]
by tukimi-kai | 2010-01-29 17:49 | 和歌山2010 | Trackback | Comments(0)


大好きな旅のように、      自分の人生=日々の暮らしをも楽しみたいです。


by tukimi-kai

プロフィールを見る

最新の記事

終戦の日 豊作の葡萄と共存共..
at 2017-08-15 20:37
ふらり奈良旅*奈良の銘酒”春..
at 2017-07-05 12:57
ふらり奈良旅*変わりゆく?!..
at 2017-06-30 15:21
梅雨入り ベランダ庭で地味に..
at 2017-06-20 15:01
柳緑花紅 花々に癒された?!..
at 2017-05-12 15:12

カテゴリ

ご挨拶
衣食住
心技体
奈良
京都
福井
香川&徳島2010
香川&徳島2012
香川&徳島2013
香川&徳島2014
和歌山2010
和歌山2011
和歌山2012
兵庫2013
東京2013
東京2014
沖縄2015
沖縄2016
大阪2010
大阪2011
大阪2012
大阪2013
大阪2014
大阪2015
大阪2016
サイパン2010
ギリシャ
イタリア
東日本大震災

記事ランキング

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...

タグ

ブログパーツ

  • このブログへのリンクはフリーですが、掲載されている写真・画像・イラスト・文章を無断で使用することを禁じます。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31