桃の節句 年季の入った?!豪華な七段飾りのお雛様

如月(きさらぎ)2月が終わり、
春の訪れと花粉症を感じる弥生(やよい)…3月が始まり、
昨日3月5日は、春の季語にもなる…二十四節気の"啓蟄"(けいちつ)でした。

f0221708_15451079.jpg


お雛祭りの前の先々週末、冬旅のお土産を渡すために、実家に帰る際のドライブでは、
あちらこちらで、桃の花?!桜の花?!と見間違える程の…紅梅白梅が咲き誇って、
気温は低いものの…春らしい明るさと優しい暖かさを感じたりも…。

f0221708_15484446.jpg


そして3月3日は、"上巳の節句"(じょうしのせっく)や桃の節句と呼ばれる…ひな祭り
子供がいない我が家では、特にお雛飾りもなく…"ひな祭り"の予定もなく、少し淋しいので、
前日に購入してきた…の花を、玄関に飾ったくらいなのですが…。
(花屋で購入すると、高いかもしれない…この桃の花3本は、ホームセンターで258円という破格の安さでした…。)
久々のブログ記事更新ですが、お時間&関心がありましたら、おつき合いお願い致します。





f0221708_15561700.jpg


昨年、弟の子どもが生まれ、初めて…お宮参りに参加しましたが、
「今年は、何十年かぶりに、お雛様を出したから見にきて~」…と母から連絡をもらい、
(実際は数年?!十数年!!なのですが…。)
沖縄のお土産を渡すいいタイミングで、お雛様を見に行くいい機会に恵まれました。

f0221708_15523541.jpg


雛壇飾りの下には、お供え用の毛氈(もうせん)を以前は確か敷いていましたが、
…母は敷き忘れているのか…敷くのが面倒だったのか…飾り方も少し昔と違うようなのですが…。
そして、お雛様のお供えには、沖縄で出会った…忠孝酒造株式会社(ちゅうこう)の黒麹を使った甘酒「忠孝 黒あまざけ (720ml)」と、
幻の沖縄銘菓?!お祝いの日に食べる…儀保饅頭(ぎぼまんじゅう)に似せた…"の"の字饅頭を…。

f0221708_15532159.jpg


姉が生まれた時に、私達の為に…母の祖父母から贈られたお雛様は、
45年以上経った今も…こんなに立派で…色褪せず、綺麗な状態であるのには驚きました。
かなり今でも?!昔の購入当時も!!高価なものであったことは明らかで、
私たち子どもや、母である娘に対する祖父母の親の気持ちが伝わり、今になって…よりその有難さを強く感じました。

f0221708_15474375.jpg


子供の頃、いつもこのお雛様を見る時は、ゆっくり近づき、恐る恐る丁寧に触ってみたり、
まるでこのお雛様が飾られている間だけ…お客様(祖父母)が滞在しているかのような…
何とも言えないおこがましい…不思議な気持ちになって、
オルゴールを鳴らしてみたりと、子供心ながら楽しんでいた記憶が蘇りました。

またあまりこれまで関心を示さなかった弟も娘をもつ父親として、
お雛様の綺麗な姿に感激していることも知り、それはそれで感慨深いものがありました。

f0221708_15540031.jpg


七段飾りの年季の入った豪華なお雛様を愛でるのは簡単ですが、実際には…母は、
少しサプライズで皆を驚かせたい気持ちもあって…1人で奥の部屋から何度も運び、飾りつけをしてくれたようでした。
その結果…数日後、足を傷めて大変だったということも聞いていたので、
「ぜひ行きたいし、見ておきたい!!」と感じて…行って良かったです。

1人で組み立て、雛壇の一人一人を丁寧に出して並べる作業には、
母の私達子どもに対する想いや長年心配していた跡を継ぐ孫ができた嬉しさや、
孫たちの成長や健康や幸せになって欲しい願いが込められて、祖父母から代々受け継がれていくのだなと感じます。

f0221708_15454604.jpg


ひな祭りの起源は、江戸時代で…ひな人形で遊ぶ「ひな遊び」から、
18世紀初めには、女性のお祭りとして、女児の誕生を祝う為に…ひな人形を飾り始めたそうですが、
倹約令の対象となるほどの豪華さを誇ったものや手作りの素朴な飾りも残っているとか。

近年では、7段飾りが差別的になるとの考えや、住宅事情で一段飾りが主流にもなっており、
7段飾りの年季の入った豪華なお雛様は、現在にはそぐわないかもしれませんが、
私にとっては、大切な思い出や財産であり、親や祖父母の形見のようなものだなと感じました。

f0221708_15544269.jpg


日々の生活や仕事の忙しさや、行事どころではない…
病気やケガや手術や受験等々で精一杯で、何年も飾らない年もありましたが…
こうして…年々大変になる作業でも…数年に一度飾ってもらうと、
ゆっくり飾る時間や直す時間にも意味があることに気づいたり、愛でる時間があることにも感謝でき、
家族の繋がりや想いに…感動したり、幸せを感じることができました。

奈良でのお水取りが終わるまでの間は、“三寒四温”で…冬と春の間を行き来し、
徐々に春の季節を迎える…季節の変わり目を、花粉症で苦しいながらも愉しみたいと思います。
最後までご覧いただきありがとうございました。
エキサイトブログの記事投稿の編集が新しくなり、使い勝手が悪くなりましたが、3月は年度末…。
昨年2016年の旅記事をサクサクっと書き残し、先月訪れた冬旅をゆっくり綴っていきたいと思っています。



ブログランキングに参加しています。
更新の励みになりますので、
よろしければこちら↑に「次の更新も待ってるよ…。」というあたたかいクリックも↑お願い致します。
クリックいただきますと他の方の楽しいブログもご覧いただけます。060.gif

[PR]
by tukimi-kai | 2017-03-06 15:37 | 心技体 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kiminikki.exblog.jp/tb/27615919
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


大好きな旅のように、      自分の人生=日々の暮らしをも楽しみたいです。


by tukimi-kai

プロフィールを見る

最新の記事

終戦の日 豊作の葡萄と共存共..
at 2017-08-15 20:37
ふらり奈良旅*奈良の銘酒”春..
at 2017-07-05 12:57
ふらり奈良旅*変わりゆく?!..
at 2017-06-30 15:21
梅雨入り ベランダ庭で地味に..
at 2017-06-20 15:01
柳緑花紅 花々に癒された?!..
at 2017-05-12 15:12

カテゴリ

ご挨拶
衣食住
心技体
奈良
京都
福井
香川&徳島2010
香川&徳島2012
香川&徳島2013
香川&徳島2014
和歌山2010
和歌山2011
和歌山2012
兵庫2013
東京2013
東京2014
沖縄2015
沖縄2016
大阪2010
大阪2011
大阪2012
大阪2013
大阪2014
大阪2015
大阪2016
サイパン2010
ギリシャ
イタリア
東日本大震災

記事ランキング

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...

タグ

ブログパーツ

  • このブログへのリンクはフリーですが、掲載されている写真・画像・イラスト・文章を無断で使用することを禁じます。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31