一陽来復 なんとかできた…節分の恵方巻作り

冬と春を分ける…2月3日の節分の日が終わり、
2月4日に二十四節気の…立春(りっしゅん)を迎え、今年の新しい運気へと変わりました…。
暦の上での春は訪れましたが…まだまだ冬の寒さ本番と云う所で、インフルエンザが流行り、スギ花粉も飛び始めました。

f0221708_13160892.jpg


今年は昨年の2倍の飛散らしく?!花粉症もひどくなりそうなので、温かくして栄養や睡眠をとり、
マスクや眼鏡で花粉を遮断し、外出後にはうがいが手洗いを励行し、感染予防に努めたいものです。

昨年2016年は、9年に一度の幸運な年だったようで、すべてが、何となく…順調に…幸せを感じる年でしたが…。
(船酔いで死にそうにもなりましたが、一時的な事なので…。)
今年2017年は、挨拶の「花鳥風月 波乱な年」でも書いた通り…少し変化のある…何かある年とは気づいていましたが…。

f0221708_12583093.jpg


今年は次々度重なる些細なトラブルを不思議に感じて調べてみると、
猫夫は、大殺界の3年目、私は1年目で、12年に一度の大殺界がまたも夫婦共に重なってしまったようです…。
ですので、偶然仕事も休みだったので、大殺界を払拭する意味でも…今年の節分の日は、
体調も良くなかったのですが…頑張って?!
関西では定番の恵方巻(えほうまき)を例年同様?!無事に…何とか作れて、行事食を愉しむ事ができ、ほっとしました。

f0221708_12594524.jpg


節分や立春の詳しい説明は、以前のブログ記事でどうぞ。
➸2011年「無病息災 節分の恵方巻」/2012年「邪気払い 節分から立春へ」/2013年「国利民福 節分に呼び寄せる福
2014年「温泉療法 音の花温泉」/2015年「節分の日 恵方巻づくり」/2016年「鬼外福内 毎年恒例化しつつある?!恵方巻作り





f0221708_13054240.jpg


今年は、わざわざその為の買い物もせず、家にあるものだけの具材を利用した…質素な行事食でしたが、
やはり家で手作りすると、年に一回なので、巻きずしの作業を再確認し忘れないだけでなく、
年々の節分ブームに高価に値上がりする…恵方巻を購入しなくて済みます。

また、何より酢飯が柔らかく…海苔は味わい深く…家で作る方が「できたてなので、美味しい!!」と思う事です。
食品添加物もなく…砂糖の甘さも少なく…身体にいい食材だけを選べたり、心も体も喜ぶような優しく美味しい味になるのです。
(単に薄味だけかもしれませんが、せっかく作ったのだから…自画自賛♪)

f0221708_13050313.jpg


また恵方巻に入れる具材は、毎年少しずつ違いがあり、
■昨年2016年は、
●恵方巻:高野豆腐.椎茸.三つ葉.ほうれん草.カニカマ.厚焼き玉子.桜でんぶと
●サラダ巻:ほうれん草.カニカマ.厚焼き玉子.三つ葉.購入玉子焼き. 桜でんぶ.
ツナのマヨネーズ合え(醤油とからしやワサビもちょこっと入れて) の
7種類の具の2種類を7本と3本ずつで…計10本を作りました。

f0221708_13062771.jpg


■今年2017年は、
豪華な海鮮巻きは…傷みが早いので入れず、きれいな切り口でもありませんが、お家にある具材ばかりで作りました。
高野豆腐や干し椎茸やツナ缶は、夫が好きでいつもストックにあり、
カニカマや祝雷やほうれん草は、常に冷蔵庫で保存しているものです…。

●恵方巻:高野豆腐.椎茸.ほうれん草.カニカマ.祝雷(しゅくらい).母手作り沢庵と
ツナのマヨネーズ合え(醤油に蜂蜜もちょこっと入れて) で、
ツナを入れての7福の7種類の具のご飯の量を加減して(5合炊くはずが、4号にしました。)
無言で1本食べるようにと…細巻き5本+太巻き5本=計10本を作りました。

f0221708_13070491.jpg


また高野豆腐や椎茸を煮る為に、冬の定番おかずの”高野豆腐の含め煮"も作り、2日間食べ続けました…。
久々にインスタントのシジミ汁も飲みましたが、
なぜだか物凄く美味しく感じ、和食で統一するのも行事の時にはいいものだなと実感したり、
体が弱っている時ほど…和食の良さを、年々強く感じたり…。

そして、最近の私のブーム…わさびが異常にはまって好きなので、
(納豆や焼き肉にも…わさび+ポン酢やわさび出汁醤油を混ぜて食べています。)
手作りの恵方巻は、やや薄味だったので…わさび醤油をつけて食べました。

f0221708_13095336.jpg


ですが、ごはん好きな夫は、毎年の如く…直立不動で…恵方の北北西を向いて、何もつけずに…
帰宅後、着替えもせずに…気がつけば…無言で1本食べるだけでなく、
細巻き2本+太巻き2本=計4本も一気に食べて、それだけで…今年の恵方巻作りも成功したように感じました。

f0221708_13105772.jpg


節分豆は、自治会で今回から始めて配布されたもので、年々歳に応じて(今年の年齢+1=数え歳)…
食べる豆の数が増える一方なので、今年は、キラキラ輝く北欧ガラス食器…iittala(イッタラ)のカステヘルミに、
酉年にちなみ…花喰鳥の懐紙を引いて載せてみました。

昨年年末から活けている…お正月花として購入した…"千両"は、何とかこの節分の日まで持ってくれ、
魔除けにもなる…赤い実が飾れ、柊はないものの…ベランダ庭の"銀木犀"のギザギザの葉を玄関先に飾りました。

f0221708_12565000.jpg


”一陽来復”(いちようらいふく)とは、『コトバンク』より
「〔「易経復卦」より。陰が極まって陽が生ずること〕
①冬が去り春がくること。新年がくること。
②悪いことが長く続いたあとで、ようやくよい方へ向かうこと。
③(一年を易の十二卦けに配当すると、陰暦10月に陰が極まり、11月の冬至に一陽がかえることから) 陰暦11月または冬至のこと。」

f0221708_13114982.jpg


信じる…信じないは…人それぞれだけれど、
恵方巻を食べたり…節分の豆を食べたり等々…節分の行事を行うことによって、
無病息災を願い…七福神に因んだもので、福を巻き込むと意味付けされる…日本の行事を愉しみ、
少し願いを掛け、心が少しでも軽く感じるのならば、日本の行事として行う意味はあるようにも思う…今年の節分になりました。

f0221708_13113233.jpg


2月は、"節分の日"に、"バレンタイン"や、年に一度の大型の休みを取っていく冬旅と…行事や我が家のイベントが目白押し…。
あっとう云う間に過ぎ去る…逃げる2月だから、
一つ一つのイベントを楽しみながら、寒く冷えこむ…冬の季節も、あともう1ヶ月と少しと考え過ごしたいと思います。

エキサイトブログの記事投稿の編集が新しくなり、とても使い勝手が悪くなり…
体調も思わしくない為、当分慣れるまでは、ゆっくり投稿になりそうです…。
最後までご覧いただきありがとうございました。



ブログランキングに参加しています。
更新の励みになりますので、よろしければこちら↑に
「続きも待ってるよ…。」というあたたかいクリックも↑お願い致します。
クリックいただきますと他の方の楽しいブログもご覧いただけます。060.gif

[PR]
by tukimi-kai | 2017-02-08 13:28 | 奈良 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kiminikki.exblog.jp/tb/27520337
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


大好きな旅のように、      自分の人生=日々の暮らしをも楽しみたいです。


by tukimi-kai

プロフィールを見る

最新の記事

検査手順 マインドフルネスの..
at 2017-03-31 18:08
桃の節句 年季の入った?!豪..
at 2017-03-06 15:37
一陽来復 なんとかできた…節..
at 2017-02-08 13:28
旧暦正月 幻想的な?!若草山..
at 2017-01-31 19:47
伝統行事 初めての!!千本杵..
at 2017-01-20 13:18

カテゴリ

ご挨拶
衣食住
心技体
奈良
京都
福井
香川&徳島2010
香川&徳島2012
香川&徳島2013
香川&徳島2014
和歌山2010
和歌山2011
和歌山2012
兵庫2013
東京2013
東京2014
沖縄2015
沖縄2016
大阪2010
大阪2011
大阪2012
大阪2013
大阪2014
大阪2015
大阪2016
サイパン2010
ギリシャ
イタリア
東日本大震災

記事ランキング

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...

タグ

ブログパーツ

  • このブログへのリンクはフリーですが、掲載されている写真・画像・イラスト・文章を無断で使用することを禁じます。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30