もみじ狩 厄除詣りと松尾寺

今年最後の3連休中の勤労感謝の日に、
日本最古の厄除霊場と云われる奈良県大和郡山市の松尾寺へ行ってまいりました。

f0221708_22303296.jpg


10年ほど前から、猫夫と私の交互!? で、前厄・本厄・後厄の歳に当たり、
ほぼ毎年のように、厄除けでお詣りに来ているお寺ですが…季節ごとの楽しみもあり、

f0221708_13233997.jpg


今回はこんなにきれいな紅葉の時期に来る事が出来て…
それだけでも!?紅葉の枯葉と共に!?厄が落ち!?ご利益があったような気がしました。

f0221708_22315538.jpg


沢山の写真を載せておりますので、よければ写真だけでもご覧いただければ嬉しく思います。
これまでの松尾寺の記事、2012年8月「百合香る 松尾寺」2013年10月「厄除祈願 松尾寺」もよければどうぞ。

f0221708_22324597.jpg


駐車場に車を停め、北惣門をくぐり、醸造に適した水とされ"大和の名水100選"にも選ばれれている、
松尾水(まつのおのみず)の自然湧水で手水し喉を潤し、108段の石段を登り、正面にある鐘楼(やくよけの鐘)の奥の本坊へ…。

f0221708_22332838.jpg


こちらの本坊の御祈祷受付で、始めに受付と説明を受け、本堂(重要文化財)で厄除け祈願という流れです。

f0221708_22334952.jpg


ご祈祷の受付をしている最中に、ようやく私の後厄が来年で終わり、今後は5年くらい先でいいのかなと思った瞬間…
一般には知られていない本厄歳に猫夫が当たることが発覚し、急遽2人揃って、お祓いを受けることとなりました…。

f0221708_22442551.jpg


ちなみに男女共の厄歳(大厄・小厄)は、30・40歳代に集中しており、
前厄・本厄・後厄と3年連続で夫婦交互にお詣りするだけで、ほぼ毎年…今後も通うことになりそうな気がしたり…。

f0221708_13262945.jpg


そんな風に健康や車の運転等にも気を付けながら過ごすことが大切な年であったり、
なにか異変を感じるようであれば、皆様も一度ご祈祷を受けてみられてもいいのかなと思います。
ご心配な方は、HPでご年齢等のご確認を…。➸松尾寺HP[男女共の厄歳(大厄・小厄)]

自分自身の気持ちや考えの問題かもしれませんが、明らかに気の流れが変わったり、
1年間毎日祈っていただけるので、私の場合は特に交通安全や安心感が得られる気がしています。


にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ



f0221708_22405869.jpg


HPより
「松尾寺は、養老2年(718)、天武天皇の皇子舎人親王(とねりしんのう)が、勅命による日本書紀編纂の折、
42歳の厄年であったため、日本書紀の無事完成と厄除けの願をかけて建立された日本最古の厄除霊場です。

f0221708_22352530.jpg


親王が松尾山に参詣修行し、ご祈願の養老2年2月初めの午の日、東の山に紫の雲たなびき(瑞雲)、
千手千眼観世音菩薩が天降りご出現なされたという「松尾山縁起」により、
国運隆昌・国体安穏を祈祷申し上げる勅願寺として、
歴代皇室の御叡信厚く、後水尾天皇も御持仏の如意輪観音を下された由緒ある寺です。」


f0221708_22504142.jpg


本殿(重要文化財)でのご祈祷後は、始めの受付やご祈祷後に再度詳しく説明があり、
その後に拝観する松尾山神社やお堂の案内もされますが、今回も七福神堂で、木製最古の大黒天(重文)と七福神を拝んで、

f0221708_22421686.jpg


最後に鐘楼("やくよけの鐘")を、同伴者の猫夫も一突きし、お寺を後にしました。
毎年のように突いているので、聞きなれた"やくよけの鐘"の音ですが、
この時は静寂に包まれた夕暮れのお寺内に、きれいに響き渡り、
秋から冬にかけての静かな季節だからこそなのかなと、ある句ができた背景もわかった気がしたり…。

f0221708_13353695.jpg


偶然にも11月15日(土)~25日(火)9時-16時に
"松尾寺開山舎人親王伏し拝み伝承地への紅葉狩"と云う行事があり、
「約300メートルの紅葉・照葉を楽しんでいただき、舎人親王伏し拝み、
伝承地から開山舎人親王と同じく厄除観音に合掌していただく」
ことが出来ましたが、行事に限らずご祈祷される方は、いつでも本堂におられる開山舎人親王像を拝観することもできます。

f0221708_2252266.jpg


時間が遅くなり…私たちも約300メートルの紅葉・照葉を楽しめる伝承地には一部しか行けませんでしたが、
また来年この紅葉の時期に訪れる際には愛でる事が出来たらといいなと思います。

f0221708_22545877.jpg


まだまだ奈良の紅葉情報では、あちこちのお寺で紅葉の見頃を迎えて、楽しむことはできそうですが、
これからは…紅葉したもみじや銀杏がはらはらと落ちる桜の絨毯ならぬ、紅葉の絨毯も楽しめる季節なのかなとも思います。
ただ松尾寺は、かなり山の上で寒いですので、行かれる際には温かい服装でご拝観されますように…。

f0221708_22553185.jpg


夕暮れ時で遅くなったにもかかわらず、2人揃ってずっと気になっていたご祈祷もしていただけ、安心しました。
またかなり暗くなり…閉観の17時前までいると…ライトアップはされてはいませんが、
センサーで感知した、ほのかに照らされた灯りで…秋の夜の少し怪しげな紅葉も見る事も出来、充実した休日となりました。

f0221708_2256239.jpg


少し余談ですが、最近関心があることで…。
先日放映されたプレミアムヒストリー「飛鳥の大宇宙~キトラに眠るのは誰だ~」というNHK番組は、
最新の研究データから導き出された埋葬者を、それぞれの専門家が探る番組で、
自分が予想していた埋葬者とは違う、舎人親王を含む!?天武天皇の息子の皇子7人!?に関連する…?と、
これまで知らなかった事実もわかり、とても興味深く楽しく見れる番組でした。
BSプレミアムでは、11月28日(金)午前8時から8時59分に再放送予定ですので、関心ある方は是非。

f0221708_1327693.jpg


そして奈良では、天皇皇后両陛下もご覧になられた、
奈良県立美術館の「大古事記展」が12月14日まで開催中で、ぜひ行きたいなと思っているのですが…どうなることやら。
また今朝奈良地方だけに放映された「体感!古事記~日本はじまりの物語~」も、
NHK総合で11月29日(土)午前10時5分から10時48分に、近畿ブロック・2府4県で放送されますのでよければ。


最後まで長々とした文に写真と…ご覧いただきありがとうございました。
次回から…大阪夕暮れ旅の続きをお送りします。お楽しみに…♪

にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ

見られたついでに、更新の励みになりますので、クリックも↑お願い致します。
クリックいただきますと、他の方の楽しいブログもご覧いただけます。060.gif


[PR]
by tukimi-kai | 2014-11-24 22:29 | 奈良 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kiminikki.exblog.jp/tb/23334811
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


大好きな旅のように、      自分の人生=日々の暮らしをも楽しみたいです。


by tukimi-kai

プロフィールを見る

最新の記事

香川&徳島の旅*うどん県で頂..
at 2017-10-02 14:26
御菓子司 風情ある…なかにし..
at 2017-09-14 16:47
終戦の日 豊作の葡萄と共存共..
at 2017-08-15 20:37
ふらり奈良旅*奈良の銘酒”春..
at 2017-07-05 12:57
ふらり奈良旅*変わりゆく?!..
at 2017-06-30 15:21

カテゴリ

ご挨拶
衣食住
心技体
奈良
京都
福井
香川&徳島2010
香川&徳島2012
香川&徳島2013
香川&徳島2014
和歌山2010
和歌山2011
和歌山2012
兵庫2013
東京2013
東京2014
沖縄2015
沖縄2016
大阪2010
大阪2011
大阪2012
大阪2013
大阪2014
大阪2015
大阪2016
サイパン2010
ギリシャ
イタリア
東日本大震災
香川&徳島2016
香川&徳島2017

記事ランキング

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...

タグ

ブログパーツ

  • このブログへのリンクはフリーですが、掲載されている写真・画像・イラスト・文章を無断で使用することを禁じます。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31