稲荷神社 式年造営記念の秋祭り2014

十年前!?数年前くらいまでは、夕暮れ時ともなると…多くのカメラマンたちが撮影に来ていた棚田の風景…。

f0221708_1714563.jpg


高齢化により多くが休耕田になってからは…
ほとんどカメラマンも来なくなってしまいましたが、この方角からは立派な棚田も健在です…。

あぜ道ばかりのとても不便な場所ですが…私にとっては大切な場所なので…
コッソリ静かに残しておいてほしいと思う風景でもあります…。こんなこともあるため要注意です➸News

f0221708_16595347.jpg


20年に一度の式年造営と聞くと…、昨年2013(平成25)年秋には第62回の式年遷宮が伊勢神宮で、
出雲大社では60年に一度、来年は春日大社と…大きな神社や神宮だけだと思われがちですが…
(ちなみに神宮の場合は、式年遷宮が正式名称のようです。)

f0221708_1711188.jpg


先週の秋晴れに恵まれた日曜日、実家近くの稲荷神社(いなりじんじゃ)でも、
20年に一度!!の式年造営を記念したお祭りがあり、実家でごちそうを食べた後…その神社へ行ってまいりました。

f0221708_10254362.jpg


小さな村のお祭りだけれど…、
綺麗に立て替わった立派な社の前に、提灯が飾られ櫓も組まれ、
野村真紀さんの歌謡ショーや参加者にははずれなしの大抽選会や御供まき(ごくまき)や、
消防団の運営するフランクフルト屋さんに… ベビーカステラの出店までもあり…。

f0221708_17105175.jpg


村に住む人だけでなく、
村から出た氏子(うじこ)と呼ばれる私たちまでもが寄付金をし参加させていただき、
久々に会う幼馴染や家族や村の人々と共に、楽しい記念すべきひと時が過ごせ、楽しませてもらえました♪

f0221708_1741068.jpg


またこの実家近くのこの稲荷神社へは、子供の時から成人の写真を撮影した時以来!!
約20年ぶり!!に訪れ…不思議な感覚を味わうことになりました。


にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ



子供の時感じていた感覚よりも、神社の大きさも高さも、そこへ行くまでの道幅も家の大きさも…
すべてが2分の1や3分の1に縮小して見えたこともその一つ…。
勿論それは、身長も今より30cm位低いのですから、目線からして違うので当然なのですが…、
人に対しても…、ほぼ30年ぶりに会う同級生や一緒に分団で登下校をともにした幼馴染の姿の変貌ぶりにも衝撃を受けることに…。

f0221708_17154855.jpg


よく友人や姉が、昔小学生の時、格好よく人気者だった同級生と、同窓会であったり、
ある程度有名になって広告や写真で顔をみかけたりした時、
歳をとって…老けて太り、髪がハゲてなくなり…衝撃を受けたと聞いたことはあったけれど…
今回…私も同じ体験をしてみると、実際はかなりショック度が大きく衝撃的でした…。

f0221708_17165443.jpg


この神社で遊んだ日々やクリスマス等の行事のことや、
神社の横のトイレから手が出てくるという怖い噂話、石垣からリスが出てきたり、夏休みのラジオ体操等々…
かすかな記憶や懐かしい思い出の数々に…頭がめぐましく走馬灯のようにぐるぐる回る中…、

よく遊んだり一緒に登校した小学生の頃のかわいい面影しか想像していなかった幼なじみがたちが…
いきなり浦島太郎の玉手箱を開けたように…2.30年の歳月が一度に吹き飛ぶぐらいに月日が流れ、
急に老けてしまったような姿に衝撃を感じたのでした。

f0221708_17161688.jpg


女性は面影もそのままに衝撃も少ないけれど…、男性はかなり皆!!衝撃的で、
異性に対してはついつい厳しくチャックし、面影が残っていない錯覚に陥る為かなと思いながらも…。

ただこちらが感じてるということは、多少なりとも相手も感じるようで…
現に「子供の頃は細くてかわいい姉妹と思っていたのに…。」との発言や
子供の時以来久々に会う幼なじみのお母さん等は「え~〇〇ちゃん…!?変わったな~」と言う一言もあり…
かなりグサっと…後からショックを受けている自分がいて驚きました…。

f0221708_17261964.jpg


若さと見た目と体型は、変わるものだなつくづく思いながらも、
それらはすべて、みんなが苦労や楽しい幸せな経験と共に数十年頑張って生きてきた証なのだから、
何も恥ずかしがることもないのですが…。
やはり良い印象を持ち続けてほしいと願うのは…女性の性(さが)なのかもしれず、
次回会う時まで、もう少し健康のため!?にも頑張って痩せたり!?少しだけ若くきれいに!?
素敵な印象に変えたいななどと密かに??無謀!?にも想うのでした。

f0221708_17264935.jpg


好きな人やかっこいいと思う人はいなかったので…、このくらいの衝撃で済みましたが、
会っておきたい人には、同窓会や何かの集まる機会があれば、30歳代前半くらいででも一度あっておいた方が、
お互いに!?衝撃やショックは少なくていいかもしれない…と、若い方は後の祭りにならないようにと…改めて感じました。

ただこの歳で会うと、いいおじさんおばさんの年代だからこそ!!
言いたいこともある程度はズバズバと言い合え、懐かしい子供の頃の思い出も笑って話せ、
辛酸をなめてきたそれぞれの人生を、互いに何も語らぬとも讃えあっているような印象も受けました。

f0221708_17274256.jpg


また、もっといろんな地元の歴史や家族や近所の人の話をじっくりゆっくり聞きたいと思っていたのに、
衝撃的過ぎて…少々疲れてしまったお祭りになり…、少しばかりもったいなかったかなとの思いも…。
ともあれ…また年に一度でも神社でのお参りに行った時や、実家に帰った時に、
旧友!?や村に住む方々に会える事を楽しみにも感じるようにもなった、記念のお祭り!!?となりました…。

そして、ゆっくり考えると、そう言えば!!子どもの頃に見た親と同世代の近所や村の大人の人は、
当時40.50歳代だったので、現在は60.70歳代なはずで、充分な歳月が流れているのに…
その印象は当時のままで…その面影も老いをあまり感じないことにも不思議な気持ちになりました。
それは、時々でも実家に帰る度に会い挨拶している為か?!ある一定の時期になると、大人の姿はそれ程変わらない為なのかなとも思えたり…。
また皆さんきっと持病はあろうとも現役で働かれてきたり、自宅でも田畑仕事や村の仕事があり、
日々元気に社会的な役割を持たれて充実した月日を過ごされてきた為なのかなとも思われ、私もそんな風に歳を重ねたいとも思うのでした。


長くなりましたが最後までご覧いただきありがとうございました。また少し追記するかもしれません…。
見られたついでに、更新の励みになりますので、クリックも↓お願い致します。
クリックいただきますと、他の方の楽しいブログもご覧いただけます。060.gif

にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ


【覚書】
平成大造営記念碑には
「祭神は宇賀魂神(宇迦之御魂神(うかのみたまのかみ)で、稲の霊(食)を司る神様です。
永生4年(1507年)より二十秋回?の?改築を重ねて
今回式年に寄り全面新築奉献し、氏子万民の安全幸福を祈る。」と書かれてありました。
ちなみに「ウカ」は穀物・食物の意味で、穀物の神や稲の神を意味するそうな。

実はこの少し前から、奈良での多くの古墳の発見に関連して、家系や村にまつわる歴史に興味を持って調べているうちに、
今ある環境や人間関係にも影響を与えているのではと思うようになり、
自分の気持ちの問題なのですが、妙に納得してしまって…なんだかすっと落ち着いたような気がしていました…。
皆さまもご自身の家系の歴史や生まれ育った町や村の身近な場所や、近くの稲荷神社の歴史を
改めて調べてみられると、不思議な感覚と共に、自分のルーツを知れる良い機会になるかもしれませんね…。
[PR]
by tukimi-kai | 2014-10-26 16:56 | 衣食住 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kiminikki.exblog.jp/tb/23181708
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


大好きな旅のように、      自分の人生=日々の暮らしをも楽しみたいです。


by tukimi-kai

プロフィールを見る

最新の記事

終戦の日 豊作の葡萄と共存共..
at 2017-08-15 20:37
ふらり奈良旅*奈良の銘酒”春..
at 2017-07-05 12:57
ふらり奈良旅*変わりゆく?!..
at 2017-06-30 15:21
梅雨入り ベランダ庭で地味に..
at 2017-06-20 15:01
柳緑花紅 花々に癒された?!..
at 2017-05-12 15:12

カテゴリ

ご挨拶
衣食住
心技体
奈良
京都
福井
香川&徳島2010
香川&徳島2012
香川&徳島2013
香川&徳島2014
和歌山2010
和歌山2011
和歌山2012
兵庫2013
東京2013
東京2014
沖縄2015
沖縄2016
大阪2010
大阪2011
大阪2012
大阪2013
大阪2014
大阪2015
大阪2016
サイパン2010
ギリシャ
イタリア
東日本大震災

記事ランキング

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...

タグ

ブログパーツ

  • このブログへのリンクはフリーですが、掲載されている写真・画像・イラスト・文章を無断で使用することを禁じます。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31