光彩陸離 生駒の桜見散歩

奈良でもソメイヨシノの桜が満開に咲く見頃を迎えました。

先週末は"花冷え"とも言える寒さでしたが、お陰で雨風で早く散るかと思われた桜の花の咲いている期間が、
少し延長されたようで、今週末くらいまで??満開から…桜が散り、川辺に落ちる桜筏(さくらいかだ)や、
花びらが地面を埋め尽くす桜絨毯(さくらじゅうたん)まで、たっぷり楽しめそうです。

f0221708_13391834.jpg


日本列島をどんどん北上していく桜前線ですが、皆様の近くでは桜はすでに満開??葉桜?!を迎えられているのでしょうか…?
この桜の季節は2週間なので、冬旅の途中ですが、雨が降る前日、
生駒市周辺を仕事帰りにぷらっと散歩し、撮影してきた写真を今回は残しておきたいと思います…。

f0221708_13401451.jpg


生駒で隠れた桜スポットは、桜の季節にお屋敷が見えなくなるくらいに桜で覆われた、勝手に命名した”桜屋敷”…。
どうやら…とある会社の保養施設のようでもありますが…???

f0221708_1341121.jpg


いつもは時間がぴったりで(30分おき!?)一緒に撮影できるされるミケやブルのケーブルカーは、残念ながら通過せずでした。
そして逆光でとても薄暗くなってしまいました…写真の場所に関しては…、以前の記事↓をよければご覧くださいね。
滝寺公園 春の桜」「不惜身命 散る桜

にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ




f0221708_13415819.jpg


また、その近くには地元民に”花見小路”(はなみこうじ)と呼ばれ咲くのが楽しまれている“桜の花のトンネル”も…。
こちらは昨年と違い、かなり枝打ちされてしまって、少し桜も少なく寂しくなっていました。

f0221708_1342138.jpg


桜の樹の寿命は60年とも云われ、ここ数年で枝がこみあった部分によく罹病するテングス病や、
カイガラムシ等の他の病気にも罹り、枯れ枝が増え枝打ちされる桜の古木も多くなり、
その管理がきっちりなされているならば、また若い枝が成長していくそうなので安心なのですが…。
そして、近年有名な桜の老木の中には、その貴重な桜の樹を後世に残すべく、
種を培養して苗木を育て、クローン化されているそうなのですが、なかなか苗木の成長が難しいとか…。

f0221708_13455912.jpg


また毎年思う事ですが、桜の写真撮影は本当に難しく…、見た目と違って逆行になったり光の入り方一つで、
きれいな薄紅のような淡いピンクの桜も、白一色であまり綺麗に撮れなかったり、全体の景色も暗く映ってしまったり…。

f0221708_13464990.jpg


とはいえデジカメより少し画素数が高いスマホではいい写真を撮れるはずもなく…。 (-_-;)

f0221708_14112898.jpg


だけれども、実際に肉眼で見れる桜は、この季節に日本に居る幸せを感じることができ、
この時期自分の目で愛でることが、本当に嬉しく感じ、有難いことと思えます…。
と言うのも、外国に滞在中や旅行中の方は、大抵日本の桜だけは見たいとおっしゃられますし…。

f0221708_1410836.jpg


  
また桜だけでなく、暖かく春日和となり、多くの野花や庭植え花や
大きな木にはミモザの花もたくさん咲き誇って、寒い寒い冬から、暖かい春が来たことを教えてくれているように感じました。

f0221708_14162836.jpg


野花?!(雑草) の中には、「ど根性大根」ならぬ石垣の間から咲き出てきた小さなピンクの花の"ホトケノザ"(仏の座)や、
「大犬の陰嚢」と書き小さな青花の"オオイヌノフグリ"に、
英名 Dandelion(ダンデリオン)でフランス語 dent de lionに「ライオンの歯」の意味を持つ"タンポポ"。

f0221708_1416498.jpg


庭植えされることの多い小さなピンクの花"カイドウ"(海棠)や黄色と黒の"パンジー"に、
最近ご家庭でも球根植物で、園芸栽培されていることが多い…
端正に庭で育てた祖母の目の前で、3歳の時姪っ子がその小さなかわいい指で
むぎゅっと取り、ぷちっと潰してしまったのが印象的で、見る度に思い出してしまう、"ムスカリ"(Muscari)の花。

f0221708_14174853.jpg


また桜とお似合いで同じ季節に咲く雪の様な小さな白花を、柳の様にしなる枝いっぱいに咲かせる雪柳(ユキヤナギ)や
早春に、鮮やかな黄色い花を細い枝いっぱいに咲かせる”連翹”(レンギョウ)等々…。

f0221708_14181622.jpg


そして先日購入した大好きな"ラナンキュラス"…。
桜と同じく、あっという間にかわいい蕾がふわっと開いてしまいました。
桜も含め、咲き誇る花の命は短いけれど、その分綺麗で輝いて見えます…。

これから、より多くの花や木々の新芽が芽吹く新緑が楽しめるのではないかと思います。

f0221708_14224669.jpg


"光彩陸離"(こうさいりくり)とは、
「光が入り乱れてまばゆいばかりに輝き、非常に美しいさま。物事が他を圧してすばらしいさま。」で
"光彩"は、鮮やかな光、"陸離"は、きらきらと輝いているさまの意。」だそうです。

f0221708_14242993.jpg


"光彩陸離"の季節が、桜が散った後にも来そうですが、
眼の老齢化に伴う"白内障"の発症には太陽の光をまぶしく感じる初期症状があるそうです。
そして白内障の原因となる老化を促進させる要素として、紫外線の影響もが大きいようで、
ヨーロッパ人のように、サングラスをかけることが予防には効果的だそうです。

皆様もこれからのまぶしい新緑の季節…どうぞ行楽シーズンで外出される時には、
紫外線に気をつけられ、"光彩陸離"の景色をたくさん楽しめますように。

長いお散歩におつきあい頂きありがとうございました。

にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ

ブログランキングに参加しています。更新の励みになりますので
よろしければこちら↑に「続きも待ってるよ…。」というあたたかい応援クリックをお願いいたします。
クリックいただきますと他の方の楽しいブログもご覧いただけます。060.gif
[PR]
by tukimi-kai | 2014-04-08 14:33 | 奈良 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kiminikki.exblog.jp/tb/21735047
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


大好きな旅のように、      自分の人生=日々の暮らしをも楽しみたいです。


by tukimi-kai

プロフィールを見る

最新の記事

香川&徳島の旅*うどん県で頂..
at 2017-10-02 14:26
御菓子司 風情ある…なかにし..
at 2017-09-14 16:47
終戦の日 豊作の葡萄と共存共..
at 2017-08-15 20:37
ふらり奈良旅*奈良の銘酒”春..
at 2017-07-05 12:57
ふらり奈良旅*変わりゆく?!..
at 2017-06-30 15:21

カテゴリ

ご挨拶
衣食住
心技体
奈良
京都
福井
香川&徳島2010
香川&徳島2012
香川&徳島2013
香川&徳島2014
和歌山2010
和歌山2011
和歌山2012
兵庫2013
東京2013
東京2014
沖縄2015
沖縄2016
大阪2010
大阪2011
大阪2012
大阪2013
大阪2014
大阪2015
大阪2016
サイパン2010
ギリシャ
イタリア
東日本大震災
香川&徳島2016
香川&徳島2017

記事ランキング

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...

タグ

ブログパーツ

  • このブログへのリンクはフリーですが、掲載されている写真・画像・イラスト・文章を無断で使用することを禁じます。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30