秋桜畑と 唐古・鍵遺跡

先週末、実家に帰る車の中から(行くときからチェック)すぐ近くに見える、
ピンクや白に彩られたコスモス畑が目に入り、
国道24号線の道路沿いに無料の駐車場もあり、帰りに寄ってみることにしました。
いつかゆっくり訪れてみたいとは思っていましたが、よく通る付近であればあるほど、
いつでも寄れると思ってなかなか寄れないのが、奈良では多い近くの観光地や文化施設…。

f0221708_11134984.jpg


そこは、年に一回のこの季節だけのコスモス畑と一緒に見える、
奈良県磯城郡田原本町(しきぐんたわらもとちょう)にある、国の史跡に指定されている唐古・鍵遺跡(からこ・かぎいせき)…。

f0221708_1117484.jpg


田原本町HPより
「田原本町大字唐古から鍵にかけて所在する弥生時代の環濠集落遺跡である。
奈良盆地のほぼ中央、標高48~51メートルの沖積地に立地する。
1936・7年、国道敷設用採土に伴い唐古池底の調査がおこなわれた。
この時に出土した土器や木製品等は弥生時代の総合的な認識をもたらし、
畿内の土器編年の枠組みを作った。その後、発掘調査は1977年に再開され、2009年3月までに106次に達している。

f0221708_1117476.jpg


集落は、多条環濠を有し、大型建物や高床・竪穴住居、木器貯蔵穴、井戸、区画溝などの遺構で構成されている。
大環濠(内濠)は直径400メートルの範囲を囲み、外濠を含めた全体では約42万平方メートルの面積を占める。
出土遺物は土器、農工具・容器などの木製品、石鏃や石包丁などの石器、骨角器、卜骨などの祭祀遺物、
炭化米、種子、獣骨類など多種多様な遺物、さらには銅鐸の鋳型などの鋳造関係遺物、
褐鉄鉱容器に入ったヒスイ勾玉、絵画土器れた絵画土器など特殊な遺物も出土している。
これらの遺構・遺物から本遺跡は、近畿地方の盟主的な集落と考えられている。」

f0221708_1118136.jpg


『魏志倭人伝』に記されてある卑弥呼がいたであろう宮室も、このような楼閣であったような記述があったそうです。
その説明が一つ上の写真(クリックで↑拡大可)にありますので、よければご覧ください。
発掘されたその中の絵画土器に描かれた楼閣を復元したものが、この唐古・鍵遺跡のシンボルとなっているようです。
そのシンボルキャラクター楼閣くん(ろうかくくん)もできていて、"うどん脳"と違い、ちょっと愛嬌がありかわいいです…。

f0221708_11183215.jpg


出土した遺物は、田原本青垣生涯学習センター2階の唐古・鍵歴史ミュージアム
(アクセス地図はクリックで↓拡大可)に展示されているようです。
少し離れているところにあるのが残念で、今回も行けませんでしたが、こちらにはまたいつか行きたいです。

f0221708_11195785.jpg


そしてこの唐古・鍵遺跡を保存する目的で、平城宮跡と同じような公園の予定地となっているようで…。

f0221708_115997.jpg


違うところは、元の自然の植物や桜等の樹木を植えて、住民や観光客もお散歩や遊べる地域に根差した
公園づくりをしようと田原本町がされてるところで、こちらは工事が進むといいなと、ふと思ってしまいました。

f0221708_11214046.jpg


藤原宮跡でも今が(今週は??)満開のコスモスが見れるようで、もともとそちらへ向かうのが目的だった方が、
「国道から見えてこちらによってみました。これから藤原宮跡へ行ってきますよ。」とお車で来られている方に…。
(昨年8月の記事「藤原宮跡 大和三山と秋桜と蝶」もよければどうぞ。)
ご近所の方で犬のお散歩やウォーキングをされておられる方、
仕事帰りにふらりとお車で立ち寄った方と…、コスモスに魅かれるようにみなさん次々と来られていました。

f0221708_1121133.jpg


ひまわりと同じように、太陽の向きに花の顔を向けるコスモスは、
秋風に吹かれてゆらゆら揺れて、普段でもシャッターを早く切りすぎて、ピンボケしてしまうことが多い私は
苦戦してしまいました。その時お会いした、ため息の午後さんのblog『奈良deため息』で、素敵な写真の数々もぜひご覧ください

楼閣とススキとコスモスと[花]
この広い野原いっぱい 藤原京① [花]
この広い野原いっぱい 藤原京② [花]

工事中の平城宮跡とは違い、藤原宮跡のコスモスも、ため息の午後さんの撮影で、
私とは比較にならないほど本当にきれいに咲いていることが伝わってきます。

f0221708_11263238.jpg


そしてふとこちらに来られておられる方だったら、自然がお好きで署名活動にも賛同していただけるのではないかと思い、
何かに突き動かされるように、一人署名活動をすることに…。
お花畑のようなコスモス畑を楽しまれておられる中、署名にご協力くださったり、
お話を聞いてくださった方がほとんど…。この場を借りて…本当にありがとうございました。
詳しくは「署名活動 平城宮跡のこれから」をどうぞ。

f0221708_11222074.jpg


本日より国立博物館では"正倉院展"(第64回.2012年10月27日-11月12日9-18時)が始まり、
奈良公園の登大路園地ではシェフェスタin奈良(4年目.2012年10月27日-11月11日10-17時)が開催中です。
秋の紅葉も始まり、ちらほら木々の種類によっては色づき始めました。朝夕はかなり冷え込みますが、
過ごしやすいこの季節、ゆっくりまったり奈良の観光地を訪れてみてはいかがでしょうか。
気持ちが安らぎ、自然を見てリフレッシュでき楽しめるかと思います。


 にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良県情報へ

こちらのblogをご覧いただき、ありがとうございました。ランキングに参加中・・・。
更新の励みになりますので、「コスモスきれいね。何か虫ついてるけど…。」というあたたかい応援クリック↑をよろしくお願いいたします。
また、いろんな楼閣くんがダウンロードできます。イラストをクリックしてみてくださいね。


[PR]
by tukimi-kai | 2012-10-27 12:25 | 奈良 | Trackback | Comments(5)
トラックバックURL : http://kiminikki.exblog.jp/tb/18107917
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by miyorosisanda_you at 2012-10-28 13:59
Wow!
唐古・鍵遺跡は、ずいぶん前から行きたかったところです。
何かの本で見かけて以来、行く機会を狙っていたのですが
地図を見ると、車が無いと少々地理的に不便な場所にあるようで
行けずじまいで今に至っております。
足が悪いので、駅から歩くのもしんどいし
タクシーを借り切って行ったら楽かしら・・・と考えたり。

kimiさん的に、お奨めの交通手段はございませんか?

コスモスきれいですね~。
そういえば、4月の桜の時期以外、
私がお花のきれいな時期に奈良を訪れることは
あまり無いことに気づきました。
たまには、綺麗な彩りの奈良写真を撮ってみたいものです。
Commented by tukimi-kai at 2012-10-29 12:31
miyoさん、卑弥呼繋がりで?ご存じだったのですね!
確かに、唐古・鍵遺跡ミュージアムまででも、
近鉄田原本駅・西田原本駅下車で徒歩20分ですし、
田原本駅前で、レンタサイクルを借りても他の観光地までは行けないですものね…。よければお供しましょうか・・・?またそちらにお邪魔しま~す。

奈良県内の中南部のツアーは少ないと思いますが、
”やまとびとツアーズ”
(http://www.yamatobito.net/yamatobito-tours/index.htm)では、
日帰り・1泊2日のツアーがあり、「とっておきの奈良」が体験できるようです♪
奈良では雪景色を見ることも年に1.2回なので、その方が貴重かもしれませんね。
それにこれからの季節は、紅葉や夕焼けがきれいで、
今回はぜひ楽しんでくださいね♪
Commented at 2012-10-30 17:27
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tukimi-kai at 2012-10-31 12:03
mさん、そんなことがあるんですね…(涙)
春の連休含む行楽シーズンと、今の秋の正倉院展開催の時期は、
奈良で観光の方が一番多い季節ですしね。まさか…ね。
宿を変えればあるのかな~。

サイパンでも飛行機の座席がなくなるので、
いつも3か月前予約でも、ギリギリの時がありましたよ。
早く奈良へ来れるように、祈ってますね♪
Commented at 2012-11-13 07:37
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。


大好きな旅のように、      自分の人生=日々の暮らしをも楽しみたいです。


by tukimi-kai

プロフィールを見る

最新の記事

秋の夕暮れ奈良旅*初めての正..
at 2017-11-23 17:16
香川&徳島の旅*うどん県で頂..
at 2017-10-02 14:26
御菓子司 風情ある…なかにし..
at 2017-09-14 16:47
終戦の日 豊作の葡萄と共存共..
at 2017-08-15 20:37
ふらり奈良旅*奈良の銘酒”春..
at 2017-07-05 12:57

カテゴリ

ご挨拶
衣食住
心技体
奈良
京都
福井
香川&徳島2010
香川&徳島2012
香川&徳島2013
香川&徳島2014
和歌山2010
和歌山2011
和歌山2012
兵庫2013
東京2013
東京2014
沖縄2015
沖縄2016
大阪2010
大阪2011
大阪2012
大阪2013
大阪2014
大阪2015
大阪2016
サイパン2010
ギリシャ
イタリア
東日本大震災
香川&徳島2016
香川&徳島2017

記事ランキング

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
more...

タグ

ブログパーツ

  • このブログへのリンクはフリーですが、掲載されている写真・画像・イラスト・文章を無断で使用することを禁じます。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31