生駒聖天 宝山寺のお彼岸万燈会2012

先日の9月22日(土・祝)は秋分の日でお彼岸の中日…。
この日を境に秋の空気に変わり、朝夕はぐっと寒くなり、
夜はクーラーも扇風機もいらず窓もしめて、お布団が気持ちよく感じられるようになってきたように思います。

f0221708_18134326.jpg


衣替えや部屋の模様替えもそろそろと、今週でクールビズも終わる季節にようやくなりました…。
我が家では日中はクーラーはつけず、猫夫は夜風の通るフローリングの床の上や猫シートのような冷却シートの上、
ほとんど扇風機もかけずに夜は寝る日々で安眠できず心配でしたが…何とか今年の夏も過ぎました。

f0221708_1816731.jpg


夏の節電に猛暑の暑い夏を感じ乗り越えられて「今年はよく頑張ったね。」と思われる皆様、
本当にお疲れ様でした。今週のお昼間はまだ30度前後の気温も、
来週の10月からは20度台となり、過ごしやすい秋の季節になりそうでホッとしています。

f0221708_18162828.jpg


前置きがまたまた長くなりましたが(内容もかなり長いですのでご覚悟を…)、
奈良県生駒市で毎年秋分の日に行われている宝山寺のお彼岸万燈会(まんとうえ)へ昨年に続き行ってまいりました。
(昨年の記事は「宝山寺の お彼岸万燈会」でどうぞ。)

f0221708_1817770.jpg


ちなみにwikipediaより「彼岸(ひがん)は、雑節の一つで、春分・秋分を中日とし、
前後各3日を合わせた7日間のこと。また、この期間に行われる仏事のこと。
暦の上では最初の日を「彼岸の入り」、最後の日を「彼岸明け」
なお、地方によっては最後の日を「はしりくち」という地方もある。
俗に、中日に先祖に感謝し、残る6日は、悟りの境地に達するのに必要な6つの徳目、
六波羅蜜を1日に1つずつ修めるためとされている。」とか。

f0221708_18325038.jpg


今年は日も暮れて少し涼しく夜風に吹かれながらの夜のお散歩のように、
宝山寺参道から灯る行燈の明かりを頼りに、宝山寺へ…。

f0221708_1819268.jpg


奥の院へと続く石段に奉納された灯篭は600基で1万個のローソクが灯されていたとか。
なら燈花会のイベントでは、ローソクではなく、
水に浮かべるフローティングキャンドルだったように思いますので、
ローソクが灯されている事で、昔ながらの伝統行事の趣を感じます。
ちなみにロウソク点灯は16:00からで、そのローソクの燈火が消えるのが消灯20:00と
ろうそくの長さがぴったりで驚きました。昔はお香やろうそくの長さでも時間が測れたといいますし…。

f0221708_1975680.jpg


参拝に来られていた方は、多くの方がご自分やご家族、子供たちが描いた行燈を探しながら、
見つけると記念撮影されたりという楽しみもあったようです。
昨年にも増して今年はお子さんの絵や言葉以上に、
ご年配の方々の素敵な絵画や俳句が書かれたものが多かったように思います。
そして石畳の階段の踊り場には大きな行燈も今年は登場していました。
昨年よりぐっと暗い参道の急坂の石畳の階段を、
手作り行燈の明かりが照らし続けて、宝山寺へと誘(いざな)ってくれているように感じます。




f0221708_18343631.jpg


「聖天さん」の名で知られる生駒山の中腹にある宝山寺は、歓喜天をも祀り、
商売繁盛にご利益があるそうで、参拝に来られる方が多く、
昔は多くの方がこの石畳の階段を歩くか、ケーブルカーでしか行けなかった参道です…。
現在は宝山寺へは、近鉄 生駒駅からはケーブルカーで宝山寺駅で下車し徒歩10分か、
車では宝山寺の駐車場が2箇所(無料50台・250台)と生駒観光のゲート前にも無料の駐車場があるので、
少し狭い急坂ですが歩く距離が減り便利で、車いすで来られている方や年配の方も多く見かけました。

f0221708_1841639.jpg


けれど最近ではその車道を通って、車で来られる方が多いので、
参道のお店や旅館の経営は大変で、賑わいは少ないものの、こうした行事があると、
ひっそりと静かに旅館の玄関のスリッパが揃えられ、
打ち水がされてお客様をお迎えする準備がされているのも風情を感じます。

f0221708_18404111.jpg


そんな中、昨年知った新しいお店は賑やかに目立っていました。
以前からあり、何度か訪れたことがあるのは、
赤提灯の罹っている電飾華やかな異国情緒が漂うナイヤビンギさん…。
今年は店前でお団子の焼かれたいい香りと、
手作りキャンドルが優しい明かりで参詣る人をねぎらい楽しませてくださっていました。

f0221708_11121476.jpg


そしてそのナイヤビンギのお向かいに、2010年12月に完成されたAtelier & Showroomで、
ハンドメイドアクセサリーやパーツを作られておられ、販売されておられるchiel(シエル)さん・・・。
年々趣が深くなり、アンティークな雰囲気が素敵で、通常は予約制のレッスンのみですが、
たま~にオープンされるので一度訪れたいところ…。
いつもblogを見せてもらったり、外観のお宅の様子を勝手に撮影させてもらったり…。
(詳しいお店の説明は、昨年の記事「生駒観光 宝山寺参道のchiel&Maharajaya」でよければご覧ください。)

f0221708_18422331.jpg


そして昨年17-19時までのハッピーアワーの文字に誘われて、ビールを飲んだ、
少しエキゾチックなバリ風の雰囲気の摩波楽茶屋 Maharajaya(マハラジャヤ) さんは…、
今年はハッピーアワーはなくなり、寄らずじまいに。

f0221708_18431813.jpg


その代わりに、階段の途中で、茶道を嗜まれておられる有志(ボランティア?)の方々が、
生駒市名産の茶道具を使って?のお抹茶を入れてくださるお茶席があり、行列に並んでいただくことに・・・。

f0221708_18565553.jpg


昨年の野点(のだて)では辺りが、電気ではなく本物の篝火(かがりび)の光だけで真っ暗でしたが、
今年も室内でしたが行燈の明かりだけでお抹茶とお菓子をいただきました。
暗闇でいただくだけあって、視覚よりも味覚が研ぎ澄まされるようで、
お菓子の品のいい甘さと、お抹茶の新鮮な香りに濃さが引き立てられより美味しく感じました。

f0221708_18551098.jpg


階段を登り惣門をくぐると
(右手には和光殿と呼ばれる宝山寺の特産品の宝山寺味噌や仏具やお土産のお店とトイレもあります)、
「厄除け 生駒山宝山寺」「開運 お彼岸万燈会」と書かれた紙のタスキをこの日だけ、
首にかけて頂き(猫夫はリレーランナーのようですが…)、
それだけで厄除けや開運できたようで有難い気持ちになり・・・。

f0221708_18454731.jpg


階段を登り中門をくぐると境内(詳しい境内・ご本尊案内はホームページでどうぞ。)
では、行燈に変わり燈火の光が、宝塔や本堂(奥に不動明王像)や拝殿(奥に大聖歓喜天像)に、
裏手にある本尊弥勒菩薩像が安置され、
役行者ゆかりの般若窟(はんにゃくつ)と呼ばれる洞穴さえもうっすら照らし出し、
幻想的な世界が昨年同様広がっているように感じます。

f0221708_1932058.jpg


出かけたのが遅く私たちが到着したのは19時半くらいで、
17時から(20時まで)宝山寺本堂で、
懺悔・減罪・四恩(父母.国土.衆生.三宝)・祖先に日頃の感謝をあらわす法要も終了しようとし、
迫力のある太鼓の演奏を奉納も終わろうとしていました。けれど目的はお詣り…。

f0221708_1902924.jpg


多くの方が帰られはじめて、今年はなぜだか本堂の奥に鎮座される不動明王像のお顔がくっきり見えて…
何だか怒られているような厄を取り払ってくださるような気がしながら、
ゆっくりとお詣りできたのがよかったです。

f0221708_18481256.jpg


そして、私は階段を上がってきた疲れも吹き飛ぶくらいに、
体が軽くなるのを感じたのですが、もともと霊感が強い猫夫は、
本堂や拝殿から奥の院の方に近寄ると、手足がしびれぐったりなるということもあり、
お彼岸万燈会も終了真近となり帰ることに…。

f0221708_185864.jpg


終了した太鼓の演奏の後ろで猫夫が何やら発見…!素敵な画に文筆だと思ったら…、
生駒市や奈良県第2区から選出された国会議員の方々
(現・法務大臣滝まこと氏に衆議院の高市早苗氏他)の作られた俳句を代筆された?行燈でした。

f0221708_16212235.jpg


昨日は自由民主党の新総裁に決まった安倍晋三(あべしんぞう)元首相の横に、
高市早苗(たかいちさなえ)議員がいたり、石破 茂(いしばしげる)議員の横に、
三原順子議員がいたのが印象的でしたが…。

f0221708_16254058.jpg


高市早苗議員のように「自国の国旗損壊等による刑罰」の規定なしから、
他国のような処罰の対象の条文を追加する法律案を提出したりと、
本来の国会議員の仕事を全うしている、本当の政治家としての活動をしてくださっている方を応援したいなと思いました。

f0221708_1952940.jpg


多くの方が自動車かケーブルカーで来られていた為に、
ひっそりして何故だか行燈の光さえも弱く感じる石畳の階段を下り帰路につきました。
長い長い文章と、同じような写真ばかりにお付き合いただき、ありがとうございました。


ブログランキングに参加しています。更新の励みになりますので
よろしければこちら↓に「更新待ってるよ…。」というあたたかいクリックをお願いいたします。
クリックいただきますと他の方の楽しいブログもご覧いただけます。

にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ

先々週くらいから頭痛や熱感が強くて、また体調が悪化したかと思っていたのですが、
どうやら秋の花粉症のようでした…。また2か月以上続く痛みに耐えるのが限界になり、
昨日両手首の手背と右肩の3か所に局所麻酔の注射を打ってもらいました。
以前手の平(指の付け根)にも何度か注射したことがあり、
かなり痛かったと記憶していましたが、今回もかなり痛く…。
けれど、一時的の痛みは我慢できても、持続する痛みはずっと辛いので、楽になればと…。
その注射のお陰でかなり楽になり、Blogもようやく書けました。
一時的な我慢や出費や大変さを乗り越えば、継続的な安定が待っていると考えれば、
あらゆることの判断が楽になるようにも感じます。
またぼちぼち楽しみながら綴っていきたいと思います。
30日は満月でお月見ですが…、日本列島沿いに台風も進んでいるようですので、どうぞ皆様もお気を付け下さい。
[PR]
by tukimi-kai | 2012-09-27 19:19 | 奈良 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kiminikki.exblog.jp/tb/18009837
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


大好きな旅のように、      自分の人生=日々の暮らしをも楽しみたいです。


by tukimi-kai

プロフィールを見る

最新の記事

香川&徳島の旅*うどん県で頂..
at 2017-10-02 14:26
御菓子司 風情ある…なかにし..
at 2017-09-14 16:47
終戦の日 豊作の葡萄と共存共..
at 2017-08-15 20:37
ふらり奈良旅*奈良の銘酒”春..
at 2017-07-05 12:57
ふらり奈良旅*変わりゆく?!..
at 2017-06-30 15:21

カテゴリ

ご挨拶
衣食住
心技体
奈良
京都
福井
香川&徳島2010
香川&徳島2012
香川&徳島2013
香川&徳島2014
和歌山2010
和歌山2011
和歌山2012
兵庫2013
東京2013
東京2014
沖縄2015
沖縄2016
大阪2010
大阪2011
大阪2012
大阪2013
大阪2014
大阪2015
大阪2016
サイパン2010
ギリシャ
イタリア
東日本大震災
香川&徳島2016
香川&徳島2017

記事ランキング

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...

タグ

ブログパーツ

  • このブログへのリンクはフリーですが、掲載されている写真・画像・イラスト・文章を無断で使用することを禁じます。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31