奈良日帰り旅*東大寺ミュージアム

ゴールデンウィーク中、春の平城京天平祭を楽しんだ後は…、
今回私がどうしても行きたいと思っていた、東大寺ミュージアムへ向かいます。

f0221708_1954596.jpg


平城京天平祭が行われていた世界遺産の平城宮跡のエントランス広場(バスターミナル)から、
臨時で出ている「奈良観光周遊バス」(200円/回)で、JR奈良駅→近鉄奈良駅→奈良県庁前(奈良公園内)へまずは移動…。
奈良県庁の入り口でも動かないせんと君のお出迎えに、一応同じポーズを決める猫夫…。
せんと君は、奈良県職員(公務員&平城遷都1300年記念で生まれたゆる?キモかわキャラ!)でもあり…、
2012年の今年は、『古事記』編纂(へんさん)から1300年の節目で、
奈良の観光PRのために、烏帽子(えぼし)をかぶった奈良時代の官人姿に装いを変えたそうです。

f0221708_19453364.jpg


奈良県庁前に到着すると、
10分ほどして来た(木簡型1日フリー乗車券では乗り降り自由で500円/日.施設割引特典もあり)
「奈良公園ぐるっとバス」に乗継ぎ、次は奈良県庁前→(市内循環バスもありますので、
お疲れになられた方や足の不自由な方はご参考に)大仏殿春日大社前へ…。
そして、下車徒歩5分の東大寺へ向かうのですが、若草山や奈良公園の新緑が心地よく感じました。

f0221708_19465945.jpg


夕暮れ時でしたが、東大寺の参道では、さすがにGW中で、多くの方と行き交いながら…、
並んでいる露店に目を奪われたりも…。けれど多くの子供連れのご家族のお目当ては、鹿ちゃんたちとの戯れ…。

f0221708_19483854.jpg


私たちも久しぶりに、鹿せんべいを買い求め、いつものように猫夫も鹿さんたちの人気者のなろうと試みましたが…、
この季節の鹿さんたちはいっこうに鹿せんべいに目もくれず・・・むしゃくしゃと新しい芝の新芽を食べていました。
子供たちも口元まで一生懸命に鹿せんべいをあげて、ぷいっとそっぽを向かれがっかりしたりも…。

f0221708_19485137.jpg


そうこうして、南大門を抜けて、旧東大寺学園の移転に伴い、その跡地に昨年(2011年)10月10日に建設された、
東大寺総合文化センターの中の東大寺ミュージアムの前に…。

f0221708_19501556.jpg


入り口横では、東大寺ミュージアムと大仏殿共通割引券(大人:中学生以上800円.小学生400円.個人のみ)が販売されていました。
平城京天平祭を楽しんできた私たちには案の定時間がなく…、
今回は東大寺ミュージアムだけを目的としていたので、直接施設の入り口へ…。

f0221708_20234373.jpg


また東大寺の大仏殿と同じ、午前9時半から大仏殿閉門時間
(入館は30分前.11-2月:16時半/3月:17時/4-9月:17時半/10月:17時)までの開館時間ですので、ご注意を…。
私たちもぎりぎり30分前でしたが、その分館内はカフェスペース
(南大門を見ながら一服できます)以外は、人も多くなくてゆっくり見ることができ、よかったです。

f0221708_19493778.jpg


現在、東大寺ミュージアムでは、法華堂(三月堂)不空羂索観音(ふくうけんさくかんのん/ふくうけんじゃくかんのん)立像(りゅうぞう)が、
宝冠修理のため(修理は終了して展示中)宝冠・光背・持物等を取り外した御姿で、
平成24年4月3日(火)-平成25年1月14日(日)まで公開されています。




f0221708_19511848.jpg


真近で見れる多くの宝石が散りばめられた豪華な宝冠もさることながら、
国宝 不空羂索観音立像の大きさとすべての人を包み込み、
その人の心をも見透かされているような第三の眼を持たれる神々しいお姿に、思わず手を合わせてしまいます。

f0221708_19504555.jpg


満たされた気持ちで、少しお土産を買い、立派な阿形吽形の金剛力士像のお姿に毎度のことながら見とれつつ
南大門を超えて…。
途中もやはり露店を眺めてみたり、川岸を歩いたりと
ゆるゆる久し振りに奈良公園を散策して、大仏殿春日大社前のバス停へ戻ってみると…。

f0221708_19514217.jpg


帰りも、"木簡型1日フリー乗車券"をまた利用しようと思っていたのですが、
「奈良公園ぐるっとバス」は17時まででなくなり・・・。

f0221708_19521830.jpg


泣く泣く?新緑に心安らぎ楽しみながら!!奈良公園をてくてく歩いて…、
三月堂の宝物を見た後は、二月堂の方へ…。果たして到着できたのでしょうか…??

f0221708_19523960.jpg


奈良日帰り旅は、もう少しあと1回?程続きますので、お時間ある方や
これからの行楽シーズン奈良へお出かけされる予定の方は、よければご覧ください。
続きは…、鹿だらけ?です。

f0221708_11344641.jpg


昨日は、鹿苑(ろくえん)で、子鹿第一号が誕生し、かわいい姿がニュースで放映されていました。
今年も鹿苑(春日大社境内)内で子鹿公開(6月1日-7月1日.11:00-14:00)が行われ、多くのかわいい赤ちゃん鹿の姿が見学できるそうです。
現在では妊娠中の母鹿を、鹿苑で保護して多くが出産を迎えているようですが…、
以前は東大寺の参道で出産を見ることもしばしばあり、驚いた経験も…。



にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良県情報へ

ブログランキングに参加しています。更新の励みになりますので
よろしければこちら↑に「続きも待ってるよ…。」というあたたかいクリックをお願いいたします。
クリックいただきますと他の方の楽しいブログもご覧いただけます。


[PR]
by tukimi-kai | 2012-05-15 20:57 | 奈良 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://kiminikki.exblog.jp/tb/17543898
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by rakurakurakuko at 2012-05-19 16:55
普段のんびりしている奈良ですが、さすがGWの東大寺は人出もすごいですね!
東大寺ミュージーアム、行ってみたいなぁ。
南大門をくぐって…と言うことは、くぐって少し歩いて二月堂に行く道が出てくるところを反対の左側に行ったあたりにできたのですか?
他の方のブログで、近鉄奈良駅の中にいるせんとくんも衣装を着たせんとくんになっていて、なんだかいつもと違うわ~と思って見てました。
着ぐるみせんとくんもこの衣装を着たせんとくんにリニューアルしたのかしらね~。
Commented by tukimi-kai at 2012-05-19 21:16
楽子さん、そうなんですよ~。
でも夕方なので、まだこれでも少なかった方かもしれません…。
東大寺ミュージアムは、「こんなところにできたの?」と思うくらい東大寺の入り口前で…、地図を載せておきますね。中にあるカフェでゆっくり南大門を見上げて次回はお茶したいです~。
せんと君の衣装は、今年『古事記』編纂から1300年の節目で、奈良の観光PR目的で、奈良時代の官人姿に装いを変えたそうで、こちらも本文に追記しました。
今年はどんなイベントがあるかなと、奈良県民ながら楽しみにしていますよ♪


大好きな旅のように、      自分の人生=日々の暮らしをも楽しみたいです。


by tukimi-kai

プロフィールを見る

最新の記事

終戦の日 豊作の葡萄と共存共..
at 2017-08-15 20:37
ふらり奈良旅*奈良の銘酒”春..
at 2017-07-05 12:57
ふらり奈良旅*変わりゆく?!..
at 2017-06-30 15:21
梅雨入り ベランダ庭で地味に..
at 2017-06-20 15:01
柳緑花紅 花々に癒された?!..
at 2017-05-12 15:12

カテゴリ

ご挨拶
衣食住
心技体
奈良
京都
福井
香川&徳島2010
香川&徳島2012
香川&徳島2013
香川&徳島2014
和歌山2010
和歌山2011
和歌山2012
兵庫2013
東京2013
東京2014
沖縄2015
沖縄2016
大阪2010
大阪2011
大阪2012
大阪2013
大阪2014
大阪2015
大阪2016
サイパン2010
ギリシャ
イタリア
東日本大震災

記事ランキング

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...

タグ

ブログパーツ

  • このブログへのリンクはフリーですが、掲載されている写真・画像・イラスト・文章を無断で使用することを禁じます。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31