記紀万葉 長谷寺

毎年のように訪れている長谷寺ですが、今年ほどなぜだか落ち着かず、御詣りしたことがなかったような気がします。
姉家族も含めて車2台に乗車して(お正月の三が日だけは、拝観料も隣接する駐車場も無料)
8名で訪れるのが、ここ数年恒例となっている1月2日の初詣・・・。
寒くても元気に駆け上がる子どもたちに、引っ張られたり手を繋ぎながら?
108間399段の登り廊もワイワイと話しながら登ると、楽しくてあっという間・・・。

f0221708_0392765.jpg


昨年は春生まれの姪の春娘と、階段の数を数えて登っていたのですが、途中で何か話す度に数がわからなくなってしまい・・・。
今年は、大晦日-元旦にかけてのNHKTV番組『ゆく年くる年』で年始早々東大寺のご住職?が
鐘楼太郎(こんな名前にも驚き)の鐘を突きながら、そのままスルーンと鐘の中へ姿を消された姿に初笑いした話で笑いながら・・・。

f0221708_22585069.jpg


こちらは、山号を豊山( ぶさん )と称し、寺号を長谷寺( はせでら )と言い、
正式には豊山神楽院長谷寺の、奈良県桜井市にある真言宗豊山派(ぶざんは)の総本山で、
西国三十三箇所観音霊場の第八番札所でもあり、多くのお坊さんが修行されています。
途中の回廊で出会うと「ようお参りで・・・。」「あけましておめでとうございます。」「こんにちは。」と
その時節に応じて気持ちよく挨拶を交わしてくださるのもこのお寺ならでは・・・。
また長谷寺は末寺三千余ヶ寺、 檀信徒はおよそ300万人ともいわれているとか。

f0221708_0374357.jpg


そして古くから「花の御寺」と云う愛称で呼ばれている長谷寺は、いつ詣っても四季折々の花が楽しめますが、
牡丹の花が有名で、冬の季節は冬牡丹が植栽され大切に育てられ、
その一枚一枚の可憐な花びらが集まり、大輪となっている咲く花の姿に心が癒されます・・・。
また「こもりくの泊瀬山」と万葉集に歌われているように、この地を昔は豊初瀬(とよはつせ)や泊瀬(はつせ)など
美しい名でよばれていたので、初瀬寺・泊瀬寺・豊山寺とも言われていたそうです。

f0221708_22592335.jpg


昨年偶然に知った『奈良の歩き方新提案 歩く・なら 記紀・万葉でたどる奈良』のホームページ
(知らなかった歴史や遺跡もかなり詳しく説明されています)で、
「"倭王"武と名乗った雄略天皇の拠点へ」で長谷寺も掲載されていますが、
平安時代の古典文学の「万葉集」「枕草子」「源氏物語」「更級日記」「蜻蛉日記」等には、
この地を題材にした歌が数多く詠まれていたとか・・・。(以前の記事「こもりく 初瀬川」もよければどうぞ。)
あちこちに歌碑がありますので、探してみながら御詣りされるのも楽しいかもしれません。
一昨年(2010年平城遷都1300年祭の記念式典のあと)は天皇陛下が希望されて、
皇后陛下とともに御詣りされたように、多くの万葉の歌人やその時代の女性たちも、
ご本尊である十一面観世音菩薩への信仰をされていたことがうかがい知りえます。




f0221708_22594353.jpg


長谷寺公式ホームページ(四季の写真がきれいなアルバムがお勧めです)によると、
「徳川幕府による大規模な造営として代表的な寺院本堂であり
、我が国における観音信仰の中心的な役割を果たした重要な建築として、平成16年12月に国宝の指定を受けた」そうです。

f0221708_1174794.jpg


とはいえ、「朱鳥( あかみどり )686(元)年道明(どうみょう)上人は、天武天皇のおんために
銅板法華説相図( 千仏多宝仏塔 )を西の岡に安置、のち727 ( 神亀四)年、徳道(とくどう)上人は、
聖武天皇の勅を奉じて、衆生のために東の岡に十一面観世音菩薩をおまつりになられました。」
以来なんと9度を超える罹災で、本堂は焼失と復興を繰り返してもきたそう・・・。

f0221708_2301066.jpg


また「小初瀬山の中腹にぐいと張り出した懸造り(舞台造り)の大建築で観音堂、大悲閣ともいいます。
間口、奥行きとも9間の本瓦葺き。正堂(内陣)と礼堂(外陣)をひとつにした双堂と呼ぶ様式で、
間に石敷の土間(拝所)を設けています。南面は豪快な入母屋造りですが、
屋根の構成は複雑で八ツ棟造りとも呼ばれています。」と立派な伽藍の造りも初めて知った気がしました。

f0221708_1214872.jpg


この境内内をなぜだか姪の2歳6ヶ月の夏娘を抱きかかえながら、御詣りすることになってしまい、
16kgの天使は重くて・・・、でも嬉しく温かくかわいくて・・・。
結局、お詣りしながら家族の健康と幸せだけを願っていた気がします・・・。
昨年(よければ「花の御寺 長谷寺」もどうぞ。)
色を塗り直したという方がおられたり、あちこち触っていたら「一箇所しかお願いは聞いてもらえないよ・・・。」と忠告を受けた、
賓頭盧尊者(びんずる)様にだけ、病のこともお願いしながら触れさせてもらって・・・。
赤いお顔(赤い全身も!?)のびんずる様は、お酒を飲んでお釈迦様の叱責を受け、本堂の外へ出されたといういきさつで、
どこのお寺でも本堂の外陣に座っておられるのだそうですが、
今年は赤いお顔やお身体が、多くの方々の手で磨かれ?光沢も出て素敵な感じになり、威厳を感じたりも・・・。

f0221708_2302990.jpg


帰りは階段を降りた所にある売店(多数お守りや数珠やお香もあり)では、
家族のお守りを選ぶことに夢中で、自分のものを購入しそびれたりもして・・・。
毎年購入するのは、花守りと呼ばれるお守りや鈴が入った根付けなど、厄除けにも鈴の音で邪気が払えるということで重宝しました。

f0221708_2123290.jpg

そして、この長谷寺までの門前町でのお楽しみは、
参道に沿う風情ある町並み・・・。
そしてお土産には、花より団子で焼きよもぎ餅の草もちが名物・・・。
多くのお店がある中、長谷寺の鳥居近くの白酒屋さんでは、
多くの天然の蓬を入れて、その場で杵と臼を使って
作られているのでやわらかく、
甘さ控えめな漉し餡が入った草もちは、
昔からあるようでおいしく、試食もできておすすめです。


また長谷寺に向かって歩かれると、参道の左手に、古い酒屋の山田酒店さんが、茶房長谷路という
和風カフェを開かれていて、中庭を眺めながらお抹茶や和菓子やお食事もいただけます。
この建物は1811(文化8)年の建造で、国の登録有形文化財にも指定されているのだとか・・・。
またお泊りは、有名なところでは、長谷寺湯元 井谷屋さんでしょうか・・・。
2010年NHKで放映されていた『万葉ラブストリー』の舞台にもなり、参道を挟んで別館もあり、
鰻の寝床のように玄関間口に比べて、広い敷地であることに以前驚いたような・・・。
地下600mより噴出する良質の温泉があるのも魅力です。
そして、桜の満開の季節には、桜の花びらで一面ピンク色に染まる近鉄長谷寺駅や桜吹雪を受けて走る電車も楽しめます。
機会があれば、ぜひ訪れてみてくださいね。長い文章におつき合いいただき、ありがとうございました。



人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
 
これまでの治療の甲斐もあって?びんずる様にお願いした事もあって!・・・、寒い日が続いているのに、ここ数日症状が緩和し薬の量が減りつつあり、薬による副作用から開放されるようで、希望の光が見えてきたそんな気がしています。びんずる様と長谷寺・春日大社に子どもたちに感謝・・・。
[PR]
by tukimi-kai | 2012-01-15 01:43 | 奈良 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://kiminikki.exblog.jp/tb/17075407
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by miyo at 2012-01-16 09:17 x
先日、やっと今年初めての奈良行きが決まり
kimiさんにも一緒に喜んで頂きましてありがとうございました。
でも、今回も残念ながらたったの1泊になってしまい
あちこち希望していた訪問場所も制限しなくてはなりません。
その中の一つが長谷寺です。
kimiさんのお話を読んでいると、どうしても行きたいっという
欲求を抑えることができません。
でも時間的なことを考えると、
次回もっと日程に余裕のあるときにしようかとも思いますし。
あ~~、どうしようか、、、、などと
考えているのも旅の楽しさのひとつなのでしょうね。
Commented by rakurakurakuko at 2012-01-16 15:48
あぁ長谷寺!
奈良にお寺は数多いけれど、ここも好きなお寺のひとつです。
あの長い長い階段がいいですよね~。
それからお寺に続く門前町。
あの雰囲気も大好き♪
用もないのにあれこれ買いたくなります。(笑)
体調が良いほうに向かわれているようで何よりです♪
今年は寒いですからね~。
どうぞまだまだ油断せずお風邪など引かれませんように♪
Commented by tukimi-kai at 2012-01-16 15:49
miyoさん、無理なさらず・・・。観光に来られる方は多いかもしれませんが、
4月の春の桜や5月の牡丹に、梅雨時や夏は紫陽花に、秋は紅葉と・・、
いつ訪れても花に癒されますし、もう少し暖かい季節の方がおすすめですよ~。
「どうしても行きたいっ」と思ってもらえるだけで、感激です。
まずは本来の目的?鹿さんに久しぶりに会って楽しいんでみては・・・。
行く前は勿論、旅中や帰って思い出すのも、本当に旅の楽しみですね~。
もう少ししたら、奈良きたまちふらり旅も更新しま~す。
Commented by tukimi-kai at 2012-01-16 16:04
楽子さん、ありがとうございます!
楽子さんも来られたことがあって、
しかも好きなお寺のひとつだなんて、嬉しい限りです。
早速、blogを拝見させてもらって・・・。秋の紅葉の季節もいいですね~。
もう少ししたら花粉の季節なので、注意をしつつ、
楽子さんも温かくされて、風邪など引かれませんように♪
Commented by Neneco at 2012-01-18 14:51 x
kimiさん、遅ればせながら
明けましておめでとうございます☆
昨年はkimiさんのブログに出会い、たくさんの心に残るメッセージをいただいて本当にありがとうございました^^
年末のご挨拶もできないまま、新年を迎えてしまい、
新年のあいさつも遅くなってしまってごめんなさい。。
ブログへも出向いていただき、本当にありがとうございました☆
今年もたくさんのキラキラ光るお話、楽しみにしています^^

長谷寺!私も大好きなお寺です。
まだ関東に住んでいたとき、姉と旅行をして思い立って出向いた場所です(メインは京都だったのですが、突如長谷寺へ・・)
kimiさんも記事に書かれていますが、参道で食べたよもぎ餅のおいしさが忘れられません!
翌日に、上賀茂神社へ行って、門前にある有名な神馬堂のやきもちを食べたのですが
「長谷寺にはかなわない!」と姉と言っていたくらいです^0^
季節ごとに花も楽しめるということで・・また長谷寺へ出かけたくなりました!

それから体調もよくなられてきているようでよかったです^^
ご家族と笑い合ったり、姪っこさんの子供パワーももらえたのかもですね♪
今年も笑顔あふれる一年でありますように☆
Commented by tukimi-kai at 2012-01-18 18:17
Nenecoさん、こちらこそ昨年は、励ましや共感のコメントを
たくさんいただいて・・・嬉しかったですし、ありがとうございました。
今年もマイペースで時々blog更新になるかもしれませんが、
どうぞよろしくお願いします。また時々Nenecoさんのblogにも
お邪魔させてもらって、刺激&猫癒しをいただきたいと思っています。
Neneco も長谷寺来られたことがあって、長谷寺がお好きだなんて・・・、嬉しいです!
しかもよもぎ餅(昔ながらの草もちと呼んでいるよう・・・)の美味しさも分かっていただけて・・・。
また是非奈良へも遊びにいらしてくださいね。
Nenecoさんにとっても、笑顔あふれる幸多き一年となりますように☆


大好きな旅のように、      自分の人生=日々の暮らしをも楽しみたいです。


by tukimi-kai

プロフィールを見る

最新の記事

秋の夕暮れ奈良旅*初めての正..
at 2017-11-23 17:16
香川&徳島の旅*うどん県で頂..
at 2017-10-02 14:26
御菓子司 風情ある…なかにし..
at 2017-09-14 16:47
終戦の日 豊作の葡萄と共存共..
at 2017-08-15 20:37
ふらり奈良旅*奈良の銘酒”春..
at 2017-07-05 12:57

カテゴリ

ご挨拶
衣食住
心技体
奈良
京都
福井
香川&徳島2010
香川&徳島2012
香川&徳島2013
香川&徳島2014
和歌山2010
和歌山2011
和歌山2012
兵庫2013
東京2013
東京2014
沖縄2015
沖縄2016
大阪2010
大阪2011
大阪2012
大阪2013
大阪2014
大阪2015
大阪2016
サイパン2010
ギリシャ
イタリア
東日本大震災
香川&徳島2016
香川&徳島2017

記事ランキング

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
more...

タグ

ブログパーツ

  • このブログへのリンクはフリーですが、掲載されている写真・画像・イラスト・文章を無断で使用することを禁じます。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31