歳の暮れ 餅つきと彩華に年越し

年末年始と毎年恒例行事で、自分たちでなぜだか忙しくしているような我が家・・・。
年始もあわただしくあちらこちらと初詣に行っていて、ようやく日常をとり戻しつつ、
今年ももう1週間も過ぎてしまっていた事に、月日の経つ時間の速さを感じます。
子どもが感じる時間の流れより、大人が早く感じてしまうのは、
子どもより行うべき事や考える事が多かったり、集中していたり忙しかったりする為だと思っていましたが・・・。

f0221708_1947969.jpg


「哀しかったり辛かったりしんどい時は、時間がなかなか過ぎないでしょう。」と言う言葉にドキッとし、
楽しかったり嬉しかったり幸せな充実した時間が時を早く感じさせるんだなと思いました。
(年始早々楽しいことばかりではなかったのですが・・・)

さてさて年末に戻って・・・、大慌てでサイパンへ行く前に親戚へのお歳暮をいつものようにお送りしたのですが・・・、
毎年12月30日は実家へ戻って姪や甥と共に、杵と石臼でのお餅つきを行ない、
つきたてできたてのお餅を配る、お歳暮周り?のような事が習わしとなっています。
(前年の様子は「年末恒例 お餅つき」もよければ。)

f0221708_222959100.jpg


この日は、村の中でご不幸事があり、行なうかどうかも迷っていたのですが、実父がその用でいない中、
代わりに弟やその彼女も手伝ってくれることとなり、7人(前の年は結局6人)の若い世代で作ることに・・・。
とは言っても、もち米洗いから蒸しや準備はほとんどが実母なので、感謝です・・・。
そしていつもはにぎやかにゆったりワイワイという感じなのですが、ご不幸ごとがあったこともあり、
1升を4回(と多くのお餅をつき丸めるのに必死で、何だか気ぜわしく終わってしまいました。
ちなみに、1・2升目は何も入れない白餅、3升目は桜海老を1袋入れただけの薄紅色餅、
最後の4升目に蓬をたっぷり入れた緑色がきれいなよもぎ餅に・・・。

f0221708_19474619.jpg


けれど気がつけば、みんな丸めたお餅を、最後に1口2口?1個2個!!何も味付けせずに、
こっそり?口に入れて試食中・・・。本来のもち米のおいしさがたまらないのです。
(私はつきかけの小づちされたもち米の形が残ったままを、おろし大根醤油で食べるのが一番おいしいと感じるのですが・・・)
大人には準備や後片付けが大変な作業でも、子どもたちにとってはいいお手伝いで、
楽しい思い出になるといいなぁと思ったりも・・・。そして、何といっても買ったり機械つきのお餅と違って、
出来立てはもちろん、時間が経っても、(すぐ冷凍保存しておき、焼くと)やわらかくておいしいので、
実母も毎年頑張ってくれることが、有難いなと思います。




その後は、奈良の中南和をぐるっと周って、つきたてのお餅を配るお歳暮周り!?(5軒)と年末のご挨拶へ・・・。

f0221708_19483350.jpg


「歳暮(せいぼ・さいぼ)は、年(歳)の暮れのことである。歳末(さいまつ)・歳晩(さいばん)。
1年の終わり12月の季語でもある。また比喩として、人生のうち老年期を意味する。
日本では、暮れに世話になった人に対し、感謝するなどの歳暮周り(せいぼまわり)と呼ばれる年中行事が行われることが多い。
このときに贈り物がされるが、この贈答品がお歳暮と呼ばれ、現在では「歳暮」「お歳暮」といった場合、
この贈答品、または贈り物の習慣を指すことが一般的である。」『Wikipedia:歳暮1/7/2012』より

f0221708_19484843.jpg


またもともとは、お歳暮には、神仏へのお供え物としての意味があり、ご先祖様にお供えする物を、
本家に送るなど親戚や家族同士で贈り合う事が一般的で、そうしたお供え物を共に食べることによって
贈られた人とのつながりが一層緊密になると考えられていたそうです。
現在のお歳暮は、年末の贈り物として、12月10 日-20日ごろに届けられますが、
お正月の「お年玉」が目上の人から目下の人へと贈られるのに対し、お歳暮は目下の人から目上の人へと
贈って日頃の感謝を表しているのと、最近では社会生活を営む上でお世話になった人だけでなく、
親愛の情を込めて友人・知人や親族にも贈るお歳暮へと少しずつ変化してきているとか。
品物は、日用品を選ばれることが多いのですが、古くは米や魚を贈っていたそうで、
なんだか昔ながらのお歳暮が、震災後特に見直されつつあるようにも思いました。

そして、最後は奈良のソールフード!?(勝手に命名)彩華ラーメンで・・・。
(前年の様子は「五臓六腑 彩華ラーメン」もよければ。)
そして31日は、お節料理作りに、夜は年越しおそば(夫担当)を食べ、
年(歳)を越したのでした。お葱も玉子も生!?は苦手なのですが・・・、作ってくれたことに感謝・・・。





人気ブログランキングへにほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
[PR]
by tukimi-kai | 2012-01-07 21:07 | 衣食住 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kiminikki.exblog.jp/tb/17046109
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


大好きな旅のように、      自分の人生=日々の暮らしをも楽しみたいです。


by tukimi-kai

プロフィールを見る

最新の記事

香川&徳島の旅*うどん県で頂..
at 2017-10-02 14:26
御菓子司 風情ある…なかにし..
at 2017-09-14 16:47
終戦の日 豊作の葡萄と共存共..
at 2017-08-15 20:37
ふらり奈良旅*奈良の銘酒”春..
at 2017-07-05 12:57
ふらり奈良旅*変わりゆく?!..
at 2017-06-30 15:21

カテゴリ

ご挨拶
衣食住
心技体
奈良
京都
福井
香川&徳島2010
香川&徳島2012
香川&徳島2013
香川&徳島2014
和歌山2010
和歌山2011
和歌山2012
兵庫2013
東京2013
東京2014
沖縄2015
沖縄2016
大阪2010
大阪2011
大阪2012
大阪2013
大阪2014
大阪2015
大阪2016
サイパン2010
ギリシャ
イタリア
東日本大震災
香川&徳島2016
香川&徳島2017

記事ランキング

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...

タグ

ブログパーツ

  • このブログへのリンクはフリーですが、掲載されている写真・画像・イラスト・文章を無断で使用することを禁じます。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31