生駒聖天 宝山寺のお彼岸万燈会2011

更新に日は経ってしまいましたが、9月23日祝日(秋分の日)でお彼岸の中日に、宝山寺で行なわれた
お彼岸万燈会(まんとうえ)に初めて行ってまいりました。17時から(20時まで)宝山寺本堂で、
懺悔・減罪・四恩(父母.国土.衆生.三宝)・祖先に日頃の感謝をあらわす法要が営まれていたそうです。

f0221708_21122493.jpg


私たちが到着したのは19時くらいで、あっという間に日が暮れて・・・、
生駒市民の方々が書かれた万燈という言葉通りのたくさんの手作り行燈の光が、
急坂の石畳の階段を照らし続けて、宝山寺へと誘ってくれているように感じました・・・。

f0221708_2143699.jpg


階段を登り惣門をくぐると(右手には和光殿と呼ばれる宝山寺の特産品の宝山寺味噌や仏具やお土産のお店とトイレもあります)、
「厄除け 生駒山宝山寺」「開運 お彼岸万燈会」と書かれた紙のタスキをこの日だけ、
首にかけて頂き、それだけで厄除けや開運できたようで有難い気持ちにも・・・。

f0221708_2133739.jpg


そしてまた階段を登り中門をくぐると境内(詳しい境内・ご本尊案内はホームページでどうぞ。)では、行燈に変わり燈火の光が、
宝塔や本堂(奥に不動明王像)や拝殿(奥に大聖歓喜天像)に、裏手にある本尊弥勒菩薩像が安置され、役行者ゆかりの般若窟(はんにゃくつ)と呼ばれる洞穴さえもうっすら照らし出し、幻想的な世界が広がっていました。

f0221708_2131460.jpg


そして、その前では次々と演奏も続けられ、私たちがここへと辿り着いた時には、
聴覚障害のある方々が一体感と迫力のある太鼓の演奏を奉納されているところでした。
また「今年は特別なお彼岸の日となりました。・・・」等のアナウンスに、
東日本大震災や台風12号の被害でお亡くなりになられた方々をこの場にいる方々が皆同じ気持ちで偲んでいるように感じました。

f0221708_2145465.jpg


初詣ではあまりの人の多さでお参りするにも、長い行列に並ばなければなりませんでしたが、
この日は全く並ぶこともなくお参りできました。また一度も混み合っていて、
寄ったことのなかった茶所(お茶やさん)で休憩して、甘さ控えめで美味しい和菓子(一皿で400円)や
お茶(気持ちで)もいただくことができました。じっくりみると、昭和レトロな年季の入ったものばかり!で、感動・・・。




f0221708_2153772.jpg


帰りの階段の行燈は、闇の暗さと反比例するかのように、よりオレンジ色の輝きを放ち、帰る人々を見送ってくれているようです。

f0221708_2155513.jpg


階段の途中で、茶道を嗜まれておられる有志(ボランティア?)の方々が、
生駒市名産の茶道具を使って?のお抹茶を入れてくださっており、こちらでもいただくことに・・・。
野点(のだて)で辺りが、電気ではなく本物の篝火(かがりび)の光だけで真っ暗でしたが、
お家で自分で点てたお抹茶よりも、抹茶の濃さや新鮮な香りが引き立ち、より一層?数段!!美味しかったです。

f0221708_2174075.jpg


行く前にも立ち寄った大和平野を一望できるところで、光り輝く一軒一軒の温かい家庭の光や、
道路や建物を照らすネオンに、電気の有難さも感じながら、きれいな夜景を眺めて感動し・・・。

f0221708_2165542.jpg


夕暮れ時の来た時とは少し違う光景も楽しみながら・・・、

f0221708_2181646.jpg


ほとんどの方が自動車かケーブルカーで来られていた為に、ひっそりして
何故だか行燈の光さえも弱く感じる石畳の階段を下り、帰路に着きました。
長くご覧いただきありがとうございました。

■昨年平城遷都1300年祭で修理され特別公開されていた、2階建ての客殿として建てられた擬洋風木造寄棟作りの重要文化財 宝山寺の獅子閣(ししかく)の特別公開が、10月1日(土)-10月10日(月・祝)の午前8時-午後4時(入場は午後3時30分まで)にまた行なわれてますので、寺院に洋風建築を取り入れたとして注目を浴びている「獅子閣」の建築にご興味のある方はこの機会に是非どうぞ。前回の公開では見れなかったので行きたいなと思っています。
■また12月1日には宝山寺の年中行事の生駒聖天厄除大根焚き (いこましょうてんやくよけだいこんだき)も開催予定・・・。生駒の聖天さんの好物である大根(なのでご紋も大根とは・・・!)(約1千本)が大釜で炊かれた後に、厄除けもかねて参拝者に振る舞われるのですが、深夜0 時から大根がなくなるまで(13時頃??)の開催だそうなので、行かれる方はお早めに・・・。また檀家さんや参拝者の方々が宝山寺へお供えされたお下がりの大根と神酒で焚き上げ特別に調合したタレでいただけるとか。大根は、体内の毒を消すと古くから云われており、体内のみならず精神的にも解毒していただく行事だそうです。こちらも一度はいつか行きたいなと思ってます。

人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
[PR]
by tukimi-kai | 2011-09-30 22:08 | 奈良 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://kiminikki.exblog.jp/tb/16625321
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by naraspa at 2011-10-02 01:19 x
こんばんわ
私は、奥院の方でウロウロしていたので知らなかったのですが色々な催しが行われていたんですね。次回は参考にさせて頂きます^^

でも、参道から見る生駒の夜景は天空へ続くように見えて本当に綺麗でしたね^-^
Commented by tukimi-kai at 2011-10-02 02:34
naraspaさん、コメントありがとうございます!
私は逆に、奥院の方へ全く行くことができなかったので、naraspaさんのブログで素敵な写真を(いつも通り・・・)楽しませていただきました。参考にしていただけるなんて、嬉しいお言葉もありがとうございます。

少し寒いくらいの冷たい空気の方が、夜景も輝いて見えるようで綺麗なのかもしれませんね^-^


大好きな旅のように、      自分の人生=日々の暮らしをも楽しみたいです。


by tukimi-kai

プロフィールを見る

最新の記事

香川&徳島の旅*うどん県で頂..
at 2017-10-02 14:26
御菓子司 風情ある…なかにし..
at 2017-09-14 16:47
終戦の日 豊作の葡萄と共存共..
at 2017-08-15 20:37
ふらり奈良旅*奈良の銘酒”春..
at 2017-07-05 12:57
ふらり奈良旅*変わりゆく?!..
at 2017-06-30 15:21

カテゴリ

ご挨拶
衣食住
心技体
奈良
京都
福井
香川&徳島2010
香川&徳島2012
香川&徳島2013
香川&徳島2014
和歌山2010
和歌山2011
和歌山2012
兵庫2013
東京2013
東京2014
沖縄2015
沖縄2016
大阪2010
大阪2011
大阪2012
大阪2013
大阪2014
大阪2015
大阪2016
サイパン2010
ギリシャ
イタリア
東日本大震災
香川&徳島2016
香川&徳島2017

記事ランキング

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...

タグ

ブログパーツ

  • このブログへのリンクはフリーですが、掲載されている写真・画像・イラスト・文章を無断で使用することを禁じます。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31