歓天喜地 祝なでしこジャパン

近畿地方にも直撃すると言われていた台風6号が、四国から紀伊半島の潮岬南を直角に通過して、東海・関東地方や今年自然世界遺産に登録された小笠原諸島方面、日本列島沿いに北上していきそうです・・・。写真は最近日の出を見ることがなかったのですが、たまたま起きた朝4時過ぎの朝焼け(ご来光は雲で見えず)と・・・、後半は昨日の夕刻の台風の前触れの写真です。(代えた薬の効果で朝起きれるようになり、朝が使用電力も少ないので・・・朝型生活にシフト中・・・。さすがに日の出は見れませんが・・・。旅の記録はまた次回から・・・)
f0221708_17553982.jpg
台風に備えてベランダ庭の鉢を寄せたり(昨年オリーブの木が倒れて、鉢がぱりんと割れたので)、キャンドルや懐中電灯(ラジオつき)も準備していたけれど、今回は我が家では何の被害もなく・・・。けれど、記録的な大雨で、和歌山県内では河川の氾濫や土砂崩れの危険があり、避難勧告が出て(避難されたり自主避難も)、停電や浸水した家屋に亡くなられた方もけが人もあるなど・・・。まだまだ地盤が緩み、危険はあるようなので土砂崩れの危険のある地域の方(我が家!?)や関東地方の方は大型の台風にどうかご注意ください。
f0221708_1756045.jpg
サッカーの女子ワールドカップ(W杯ドイツ大会)で、初優勝を遂げた女子日本代表(なでしこジャパン)が19日帰国しました。優勝されたことは勿論!監督の采配と澤選手のリーダーシップやチームワーク等の信頼関係はさることながら、ワールドカップを受け取り最後にT シャツに着替えて、みんなで出された「To Our Friends Around the World Thank You for Your Support」の世界へのメッセージにも感激しました。
f0221708_17561853.jpg
東北地方出身の選手もおり、被災地の方々日本国民の気持ちを代弁してくれたメッセージや、優勝を果たして、日本に元気や勇気やあきらめない強さを教えていただいたようで本当に嬉しかったです。最後の決勝戦では、過去25戦0勝でアメリカには一度も勝った事がなかったけれど、先制点を2点も取られてしまったけれど、最後の最後まで粘り強く戦い抜いた勝利・・・。「負けないイメージがした。」「PK戦の前の監督との話も笑ってリラックスできた。」「佐々木監督は優勝すると断言していた。」というのは、多くの努力が自信を生み、勝利女神がに導いてくれているようにも・・・感じます。
f0221708_17563498.jpg
また最優秀選手(MVP)と得点王に輝いた主将澤穂希選手は、アメリカで出来た恋人に「結婚を取るか?サッカーを取るか?」と迫られながらも、サッカーに18年を捧げた積み重ねもあり、北京オリンピックでの4位が最高で、メダルは一度も手にしたことがなかったそう・・・。「金メダルは軽いけれど、5回分の重みはあります。」と話すその澤選手の座右の銘は「夢は見るものではなく、叶えるモノ」・・・!!




f0221708_17253788.jpg
まだまだ女子のサッカーは、知名度も認知度も少なく、なでしこリーグの中でもプロ契約している選手はわずか6名で、男子サッカーとは比較にならない程、W杯優勝の報酬金も年棒も低いのが現実・・・。次はオリンピックでの優勝を目指し、女子のサッカーを盛り上げ多くの方に見てもらうことや、多くの女子が夢や希望を持ちサッカーを続けてくれることを望んでいると話す澤選手は、これまでの苦難に満ちた女子サッカーの道を歩んでこられたのだなと思いました。
f0221708_1726412.jpg
ちなみの今回注目が注がれたなでしこ(ナデシコ.撫子.瞿麦)は、ナデシコ科ナデシコ属の植物のカワラナデシコ(学名: Dianthus superbus L. var. longicalycinus)の異名で、ナデシコ属の植物の総称だそう。秋の七草の一つでもあり、6月頃から8月頃にかけて開花するピンク色(白色もあり)の可憐な花は、
我が子を撫(な)でるようにかわいい花という事から、撫子(なでしこ)と呼ばれるようになったとか。  
f0221708_17255148.jpg
中国から平安時代に渡来した唐撫子(からなでしこ:石竹)に対して、日本女性の美称によく使われるナデシコの花言葉は、純粋さ・ひたむきさ・心の強さと、なでしこジャパンそのもののように感じたり、大和なでしこそのものの、女性的な美しさや真の強さも感じます。
f0221708_17263978.jpg
また学名のDianthus(ダイアンサス)は、ギリシャ語の「Dios(ギリシャ神話の神:ジュピター)+anthos(花)」が語源で、ジュピターの花の意味だそう。この言葉からして女神様が微笑みついてくれていたような気がしてしまい、よく昔は近所のお庭でもアジサイ同様咲いていたお花にも、こんな意味があったなんてと驚きました・・・。
f0221708_17265583.jpg
大いに喜ぶ"歓天喜地"(かんてんきち)を感じる為に・・・、感化されて私も新しい夢に向かって走らず、ゆっくり歩んでみようかなとも思いました。皆さまの夢は?それに向かっていますか?あきらめてはいませんか?なければ創ってみませんか・・・?

人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ

昨年記事にした「喜怒哀楽 不運と幸せ」よりもずっと大変な心配な状況は起こるもので・・・、朗報があれば訃報や不吉なことがあり、日記として少し残しておきたいと思います。
1.涼を求めて先日訪れた生駒山の山中、夫は「ちょっと行ってみよう。」と何かに誘われるようにどんどん車を走らせ、私は「もう帰ろう。」と・・・。そこは後日ニュースで報道されていた、切断し白骨化されたご遺体が発見された場所でした。
2.その数日後、一羽のツバメが、進行方向を見失い我が家のベランダで動けなくなり、様子を見ていたのですが、翌日亡くなり(傷はなく熱中症??)、埋めました。(最近は土葬すると掘り起こす動物等もおり、細菌感染の危険から、燃えるゴミとして焼却処分する必要があるようです)この時は、親友のお家の野生猫たちは、よくトカゲや鼠やヒヨドリまでも捕まえてくるという話を思い出し、自然淘汰は仕方ないと割り切っていたのですが・・・。
3.7月7日初めて作った梅シロップ入りの4Lの果実酒ビンをぱりんと割ってしまいました。そしてその夜は、玄関先の換気口の上で数ヶ月前から作られていたツバメの巣の中で、雛が3匹生まれました。
4.W杯初優勝を遂げたなでしこジャパンのニュースで吉報と共に、一匹のツバメの雛が幼いながら(戻ってこないのもまた心配)飛び立ちました。3年前から毎年作られてきたツバメの巣に孵った雛は毎年大きくなると一度に姿を消す(カラスに食べられていた!?)哀しい出来事があっただけに今回は本当に嬉しかったです。

夫には昨年あたりから、亡くなられた方の霊の多くが、助けを求めて憑き易いようで、今回も??と関係ないようなことが多少なりともなんらかな関係あるようにも感じて、近況を書きとめました。
いつも長い文章におつき合いいただき、ありがとうございます。
[PR]
by tukimi-kai | 2011-07-20 18:36 | 心技体 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kiminikki.exblog.jp/tb/16301424
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


大好きな旅のように、      自分の人生=日々の暮らしをも楽しみたいです。


by tukimi-kai

プロフィールを見る

最新の記事

梅雨入り ベランダ庭で地味に..
at 2017-06-20 15:01
柳緑花紅 花々に癒された?!..
at 2017-05-12 15:12
検査手順 マインドフルネスの..
at 2017-03-31 18:08
桃の節句 年季の入った?!豪..
at 2017-03-06 15:37
一陽来復 なんとかできた…節..
at 2017-02-08 13:28

カテゴリ

ご挨拶
衣食住
心技体
奈良
京都
福井
香川&徳島2010
香川&徳島2012
香川&徳島2013
香川&徳島2014
和歌山2010
和歌山2011
和歌山2012
兵庫2013
東京2013
東京2014
沖縄2015
沖縄2016
大阪2010
大阪2011
大阪2012
大阪2013
大阪2014
大阪2015
大阪2016
サイパン2010
ギリシャ
イタリア
東日本大震災

記事ランキング

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 03月
more...

タグ

ブログパーツ

  • このブログへのリンクはフリーですが、掲載されている写真・画像・イラスト・文章を無断で使用することを禁じます。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30