奈良日帰り旅*奈良町屋と十輪院の蓮

さてさて奈良町は、路地をひとつ間違えると、幾通りにも行く道に、お店や風情ある町屋があって楽しい反面、ついつい寄り道をしてしまい、目的の場所へ行くのに、時間がかかることもしばしば・・・。私たちもゆっくり見て周ろうとしても日帰り旅としつつ半日しか時間が無いので・・・、さらっと写真でお楽しみください。ちょこちょこ追記し今回は、かなり長いレポート兼日記になりそうな予感・・・です。
f0221708_22215851.jpg
酒蔵ささやさんで頂いた(駅にも置いてあると思いますが)、『奈良町おさんぽMAP』や『ならまちまちかど博物館』という地図やお店等の情報を基に、周られると初めての方も散策がより楽しめるかと思います。
まずは、老舗奈良漬店が運営される食空間のあしびの郷(さと)へ・・・。情緒ある建物に奥行きの広いお庭は、気持ちを穏やかにしてくれそうなところ・・・。お漬物御膳が人気のようですが、臨時休もあり、この時はお休みだったようで残念でした・・・。
f0221708_22435441.jpg
続いて、東の方へ路地を入ると、庚申さんのおつかいの身代わり申(さる)のお守りを、手作業で作り販売もされておられる奈良町資料館へ・・・。江戸時代の奈良の町屋が残る奈良町の中心=元興寺の金堂の跡地で、涼みながらも、奈良町で使われていた生活民具に、江戸時代の絵や看板等々を無料で見学することが出来ます。
f0221708_2243177.jpg
また、今回気づいたのは、『ならまちまちかど博物館』として奈良町の地域の方々が協力して、ボランティアの館長を務め、個人の収集品なども公開し、観光に来られた方へ地域の伝統の技や文化に触れる機会を提供してくださる取り組みがなされていたこと・・・。以前よりぐっと歴史や考古学がお好きな方や知らない方にも、観光を楽しんでいただけそう・・・。
f0221708_22445728.jpg
そして、創業元暦元年で800年以上続く漢方専門薬局の菊岡漢方薬でも・・・。漢方薬に使われる製薬原料の見本や器具の展示に見学だけの方も多いようで、気軽に見せていただけ、仁の江戸時代にタイムスリップしてしまいそうで、ドキドキしました。現在ももちろん胃腸薬の陀羅尼輔(だらにすけ)だけではなく、症状や体質に合わせて、漢方薬の処方もしてくださるそうです。
f0221708_23104838.jpg
続いて今回ぜひこの目で見ておきたかった過去・・数年前の奈良を舞台にしたTVドラマ『鹿男あをによし』で、小川先生=鹿男先生の下宿先のような(実際はセット)奈良町物語館へ・・・。
f0221708_22442320.jpg
天井が高く採光が天井窓からふりそそぎ町屋らしい佇まいを見せてくれました。神の使いの人間の言葉を話す鹿=ロボット鹿も来たことがあるのだそう・・・。



f0221708_0225095.jpg
続いて十輪院町にさしかかり、元は大寺院だった元興寺の別院とされ真言宗醍醐派の寺院で、本尊は石造の地蔵菩薩(7月23日 18:00~地蔵盆)の十輪院へ・・・。ちなみに地蔵盆の様子は、いつも奈良の多くの情報や行事を教えてくださるnaraspaさんのブログ『奈良雑記 古き都の四方山の・・・』でぜひどうぞ。
f0221708_2246890.jpg
開基(創立者)は、寺伝によると朝野魚養(あさののなかい)という、奈良時代に右大臣・吉備真備(きびのまきび)の長男で、元正天皇の旧殿を拝領し創建したそうで、中世以降は庶民の地蔵信仰の寺として栄えたよう。朝野魚養は能書(書道の名人)とされ、空海の書の師ともいわれているそうですが・・・。
f0221708_22454457.jpg
とにもかくにも、大好きな蓮をひっそりゆっくりと見せていただけ感動しました。陽射しの強さと猛暑のような夏の暑さで、朝開きお昼間には閉じてしまう蓮の花も、咲いたままで人間と同じく少し苦しそうに見えたりもしますが・・・。さてさて続きは、いよいよ夫待望の目的地へ・・・。

気になるお店や時間があれば行って見たかった場所は、歩けば歩くほど出てくるのが、最近の奈良町の楽しいところで・・・。今回は行けなかった、ならまち格子の家や元興寺塔跡や頭塔など南方面を、次回は散策してみたいなとも思いましたし、富雄から2007年ならまちにある築90年の町屋を改装して移転したフランス料理のお店「Bon apettie めしあがれ」に予約をして(満席の時もあり)行けばよかった(一番下の右の写真で十輪院の前)とも・・・。猫好き夫は、どうやら隣にできた犬カフェ?には目もくれず、猫カフェ寧古庵に行きたくて仕方がなかった様子でした。


人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ


[PR]
by tukimi-kai | 2011-07-18 00:17 | 奈良 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://kiminikki.exblog.jp/tb/16288331
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by miyo at 2011-07-19 19:27 x
奈良にお住いで、奈良観光とは、、、
あぁ、なんて、なんて、
うらやますぃ~!のでしょう!!

ロボット鹿、
私の奈良旅において、1番最初の観光地(?)でした。
現在は部屋の1番奥に展示され、
薄暗い中、そっと佇んでいますね。
それでもやっぱりいつか『先生!』って声をかけられそうで
ついつい見入ってしまいます。
Commented by tukimi-kai at 2011-07-19 19:47
す、すみません・・・。なぜだかここ数年
ようやく住んでいる奈良の魅力を再認識なのです。

さすがmiyoさん!ロボット鹿もご存知だったのですね。
現在も!?部屋の一番奥におられるなんて、つゆ知らず・・
下宿先も奈良町物語館とばかり思い込んでいて・・・・、
セットと知りがっくし・・・したところだったのですよ。
この帰りに会った鹿が、かなり
神の使いっぽい雰囲気があって驚きました。
Commented by kotonote at 2011-07-23 16:25
庚申さんの身代わり猿。
購入はされませんでしたか?
結構お高いのですが、ストラップなどもあって、
私は車に乗せてお守りにしています。
本当は家族の数をつなげるといいんですよね~☆
Commented by tukimi-kai at 2011-07-23 18:02
お守りは、昔から長谷寺で購入したものと決めていて・・・
購入はしていないのですが、家にはよく似た形の
お土産でもらった"さるぼぼ"がいっぱいあります・・・。
>庚申さんの身代わり猿。
といえば琴さんのイメージですね。家族の数をつなげると
いいから、ああして繋がっているんですね~☆


大好きな旅のように、      自分の人生=日々の暮らしをも楽しみたいです。


by tukimi-kai

プロフィールを見る

最新の記事

秋の夕暮れ奈良旅*初めての正..
at 2017-11-23 17:16
香川&徳島の旅*うどん県で頂..
at 2017-10-02 14:26
御菓子司 風情ある…なかにし..
at 2017-09-14 16:47
終戦の日 豊作の葡萄と共存共..
at 2017-08-15 20:37
ふらり奈良旅*奈良の銘酒”春..
at 2017-07-05 12:57

カテゴリ

ご挨拶
衣食住
心技体
奈良
京都
福井
香川&徳島2010
香川&徳島2012
香川&徳島2013
香川&徳島2014
和歌山2010
和歌山2011
和歌山2012
兵庫2013
東京2013
東京2014
沖縄2015
沖縄2016
大阪2010
大阪2011
大阪2012
大阪2013
大阪2014
大阪2015
大阪2016
サイパン2010
ギリシャ
イタリア
東日本大震災
香川&徳島2016
香川&徳島2017

記事ランキング

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
more...

タグ

ブログパーツ

  • このブログへのリンクはフリーですが、掲載されている写真・画像・イラスト・文章を無断で使用することを禁じます。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31