壺中之天 雪景色

今朝起きると天気予報通りの積雪で、あたり一面の銀世界・・・。
奈良に10cm以上の雪が降り積もり、大雪になるのは3年ぶりだとか。
f0221708_2191548.jpg
とても明るく・・・けれど、白と黒で表現された水墨画のような世界・・・。
よければ、自己満足写真ですが、優しい日本の?奈良の?雪景色におつきあいください。
f0221708_219335.jpg
雪が降り積もるだけで、現実的な彩りが(少し残っているところも・・・)消え去り、
雪によって見事に描かれたように、幻想的な水墨画の世界が出来上がっています。
f0221708_21102338.jpg
雪景色を眺めているだけで、日常の風景とは違い、雪国を旅したような気分にもなり、嬉しい1日になりました。雪国では雪下ろしや雪の被害もあり大変だと思いますが、久しぶりの雪で、明日には消えてしまう?かもしれない奈良の雪景色は、希少で感激してしまうものなのです。



f0221708_21104239.jpg
雪景色にうっとりしていたのも束の間・・・。
「北海道の雪祭りや流氷クルーズに毎年行きたい。」と願っている、
雪景色好きな母からは「降ってる?積もってる?きれい?!」との大喜びで電話があり、
f0221708_2111946.jpg
近所の公園や道からは、子どもたちの遊びながら「キャーキャー!」と叫んだり笑う声・・・。そして、降っている雪がおさまると、お腹をすかせて?かわいいお客様たちがいつものようにやって来ました。
f0221708_21113855.jpg
えさを探してスズメにヒヨドリ、メジロまで雪景色に戸惑いながら右往左往・・・。バナナとみかんをあげると大喜び?で、番(つがい)でいつも仲良く、けれど目が悪そうなメジロは「ピーピー」可愛くさえずりながら、カメラのレンズではなく、何かの気配(私!?)を少し気にしながらも一生懸命食べていました・・・。
f0221708_21115254.jpg
ヒヨドリは、いつもつがいでやって来るのに、寒さで相方が来られず?今日はお一人様で淋しそう・・・。
f0221708_2112986.jpg
現実とは全く様子の違った場所や、俗世間から離れた理想的な世界を、別天地の"壺中之天"(こちゅうのてん)と言うのだそう・・・ですが、いつもの風景に戻ると、ほっと安らいだりもするのでした。

ブログランキングに参加しています。よろしければ更新の励みになりますので
こちら↓に「雪きれいだったね。」クリックをお願いいたします。 

にほんブログ村 旅行ブログへにほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へにほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良県情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへにほんブログ村
ご覧いただきありがとうございます。060.gif
■後記■
積雪の嬉しさで、ついつい子どもに戻って、雪だるまを作ってしまいましたが、雪の冷たさで小手先だけで作ろうとすると、案外難しく・・・。歪(いびつ)な形になり、今年の干支の雪兎を作れば良かったなと、また雪の降るのを期待してしまいそうです。この日は坂道の積雪による事故が心配で、1日おうちで過ごしました。
[PR]
by tukimi-kai | 2011-02-11 22:02 | 奈良 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://kiminikki.exblog.jp/tb/15490181
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kotonote at 2011-02-12 09:33
>奈良の雪景色は、希少で感激してしまう

そうそう!まさにそうなんですね。
キミさん、上手にまとめますね。
これが毎日なら大変なんですけど3年ぶりだから思わず
写真なんて撮りたくなるんですよね(笑)。
Commented by tukimi-kai at 2011-02-12 14:35
琴さん、奈良県民の気持ちを
分かっていただき、ありがとうございます。
今日も吹雪のような風雪で、
その寒さと車の運転の危険さから、もういいかなと思ってみたり、
きれいな雪景色はいつまでも見ていたいと感じたり・・・(笑)。
琴さんの平城宮跡の写真も、電車の中からの撮影とは思えず
素敵で、奈良の寺社仏閣に雪は似合うなと感じましたよ。
Commented by らんまる at 2011-02-13 13:15 x
ぶろぐランキングに参加されているんですね 楽しく読ませていただきます。
奈良は 日本人の心なのかもしれません。

札幌は 今日で盛大に開催された雪まつり終了します。

地元ですし 子育てもとっくに終わりましたのであらためて出向きませんが 車で横を通りながら できていく過程も楽しみます。
鹿さんつながりで・・・・
ぜひ 一度 宮島の鹿で検索して見てくださいませ。

哀れで涙がこぼれました。
Commented by tukimi-kai at 2011-02-13 20:32
らんまるさん、はじめまして。
コメントをいただきありがとうございます。
北海道の札幌雪祭りを通りながら見れるなんて、素敵ですね。
奈良にいても、いつでも行けると思うので、
若草山の山焼きや正倉院展に行かないのと似ている様な気がしました。

奈良の鹿は「奈良の鹿愛護会」の保護で管理されているようで
安心ですが、広島県の宮島の鹿もきっちり管理されるべきなのでしょうね。
奈良でも「奈良の鹿愛護会」を支援するための商品や、
飲料自動販売機や募金箱が設置されていたり、
常に支援してくれる店舗や団体を募集しているようで、
どこの財政も厳しく、地域住民の一般の方々や
観光客の協力なしでは成り立たないことが多いと感じました。
考える機会を与えてくださって、ありがとうございました。


大好きな旅のように、      自分の人生=日々の暮らしをも楽しみたいです。


by tukimi-kai

プロフィールを見る

最新の記事

終戦の日 豊作の葡萄と共存共..
at 2017-08-15 20:37
ふらり奈良旅*奈良の銘酒”春..
at 2017-07-05 12:57
ふらり奈良旅*変わりゆく?!..
at 2017-06-30 15:21
梅雨入り ベランダ庭で地味に..
at 2017-06-20 15:01
柳緑花紅 花々に癒された?!..
at 2017-05-12 15:12

カテゴリ

ご挨拶
衣食住
心技体
奈良
京都
福井
香川&徳島2010
香川&徳島2012
香川&徳島2013
香川&徳島2014
和歌山2010
和歌山2011
和歌山2012
兵庫2013
東京2013
東京2014
沖縄2015
沖縄2016
大阪2010
大阪2011
大阪2012
大阪2013
大阪2014
大阪2015
大阪2016
サイパン2010
ギリシャ
イタリア
東日本大震災

記事ランキング

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...

タグ

ブログパーツ

  • このブログへのリンクはフリーですが、掲載されている写真・画像・イラスト・文章を無断で使用することを禁じます。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31