無病息災 節分の恵方巻

節分(せつぶん)は、本来は各季節の始まりの日の立春・立夏・立秋・立冬の前日で、「季節を分ける」ことを意味しているのだそう。

031.gif江戸時代以降は特に、立春(毎年2月4日ごろ)の前日を指す季節の変わり目には、邪気()が生じると考えられており、豆が「魔滅」に通じる為、鬼に豆をぶつけることにより邪気を追い払い、一年の無病息災を願うことと、悪霊ばらい行事として豆まきが行なわれたのだとか・・・。

そして撒かれた豆を自分の年齢(数え年)の数だけ食べたり、自分の歳の数の1つ多く食べると、体が丈夫になり、風邪をひかないという習わしもあるのだそう。皆さんは、福豆恵方巻は食べられましたか・・・?年々食べるお豆の個数も増えて(我が家では歳+1個)撒いたお豆ではなく神棚もないけれど、懐紙に包んでお供えした後いただきます。実家ではきちんと豆も炒って、子どもの頃は習字に使う半紙を半分に折り、、親の歳の豆の多さに驚きながら豆を包み、神棚にお供えしていた事を思い出し、出来るだけ同じようにしたいと思っています。

031.gif節分は、運勢的に特にこの立春の前日から新しい歳で、運気が変わるということと、夫が邪気に憑かれやすいこともあって、ここ数年大切に考えるようになった日本の行事です。そして今年初めて作ろうと決めた恵方巻に悪戦苦闘!?しました。昨年も"まきす"を使わず、なんちゃって細巻き寿司は、作ってみたものの・・・、きちんと"まきす"を使うのは今回が初めて・・・。

お節料理の"煮しめ"(夫が気に入り3週間連続・・・!?)を作ってから、案外巻き寿司も簡単かも?!と思ってみたものの、やはりかなり手間がかかり、お米を研ぐことからはじめ、ついでにおでん風の煮物も作ったりし、1-2時間はかかりました。海苔の大きさに合わせて切られた市販の具材を購入すると楽には出来ますが、2.3本購入した巻き寿司と変わらない金額になりそう・・・。

けれど自分で作ったことで、それまでただ丸かじり(丸かぶり)していただけとは違い、作ってくださっている方の工夫や、時間がかかっていることの有り難さや、ひとつひとつの具材の味が分かり、また"まきす"のクルクルする感じも楽しかったです。うまくは出来なかったけれど、夫が「おいしくない。」とは言わなかったので良しという感じで、来年は時間があれば・・・?と思っています。




f0221708_15372616.jpg
なぜか風習には疎いけれど、お祭りや行事好きの夫・・・、2011年の恵方の南南東を向いて「食べるよ。」と言うと、いきなり立ち上がり直立不動になり、たて笛でも吹くように黙々と食べていたのが面白く、先に笑ってから私も黙々と食べました。

031.gifちなみに、恵方(幸運を招く方角)を向いて、太巻き寿司を丸かぶりするのは、関西発祥の風習なのだそう。海苔業者の商売繁盛に一躍買っているとも思われがちですが、確かに江戸時代末期から明治時代初期に、大阪の商人(船場の商人)による商売繁盛の祈願事として始まったという説もあるそうです。

031.gifまた食べ終わるまでは口を利いてはいけないこの風習には、商売繁盛や無病息災を願って、七福神に因み、かんぴょう・キュウリ・シイタケ・だし巻・ウナギ(代わりにカニかま)・でんぶ(入れず・・)などの7種類の具を入れることで「を巻き込む」という意味もあるのだとか。

031.gif包丁を入れないで食べるのは「を切らない」という意味も込められているようです。確かに市販の具材も長いカニかまが売られていて驚き購入しましたが・・・。また本当は?「目を閉じて一言も喋らず、願い事を思い浮かべながら太巻きを丸かじりする」と言う説も・・・。何も考えず、眼をあけて食べてしまいました。

031.gifイワシまで手が回らず・・・、銀木犀のヒイラギの葉を玄関に挿しました。実家にいた時は、きちんと(イワシ)の頭と(ヒイラギ)を戸口に挿して、焼いたイワシの頭の悪臭と、ヒイラギの棘で鬼を追い払うという魔除けの風習を忠実に実行していた母はすごいなと思いました。昔はそのイワシの頭もいつも2.3日で、近所の猫のご馳走になっていましたが・・・。

病気がなく健康なことを、"無病息災"(むびょうそくさい)と云いますが、これ以上病に悩まされないことや、多くの災害やデモの被害が早く終息されるように祈る節分を迎えました。ただ国民のほとんどがこの昔からの風習を楽しみながら大切に守っていたり、伝統行事を継承していたり出来ることも、多くの願いのある証拠だったり、平和である象徴のような・・・。皆様にも新しい歳が大変な状況でも、それを乗り越えられ、楽しみや幸せを多く感じられる事がありますように。060.gif



ブログランキングに参加しています。更新の励みになりますので
こちら↓に「食べたよー。」クリックをお願いいたします


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良県情報へ


ご覧いただきありがとうございました。051.gif

■後記■
インフルエンザが流行っている夫の職場・・・。少し花粉症やアトピーで調子が悪くなった夫に、「効果なかったね・・・。」と話すと、「この巻き寿司を食べたお陰で、インフルエンザにはかからずよかったのかも。」「具材の味がそれぞれ分かったし・・・。」と珍しくお褒めの言葉・・・。雪はもう降らないかな。そういえば、昨年はベランダ庭に一人豆撒きした後、鳥たちが綺麗に食べてくれていたような・・・。
[PR]
by tukimi-kai | 2011-02-05 17:12 | 衣食住 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://kiminikki.exblog.jp/tb/15454803
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kotonote at 2011-02-06 18:13
キミさん、すごい!!
とっても美味しそうな恵方巻きです。
そのうえおでんまで~♪
手抜きで買ってしまいましたが、来年は作りたくなりました。
Commented by tukimi-kai at 2011-02-06 20:04
琴さん、ありがとうございます!!
綺麗な切り口の巻き寿司は、
実は夫が失敗した時に備えて買って来てくれたものなので・・・。
私は、琴さんの海鮮巻き寿司がおいしそうで、
食べたくなり、来年買いたくなりましたよ~♪


大好きな旅のように、      自分の人生=日々の暮らしをも楽しみたいです。


by tukimi-kai

プロフィールを見る

最新の記事

秋の夕暮れ奈良旅*初めての正..
at 2017-11-23 17:16
香川&徳島の旅*うどん県で頂..
at 2017-10-02 14:26
御菓子司 風情ある…なかにし..
at 2017-09-14 16:47
終戦の日 豊作の葡萄と共存共..
at 2017-08-15 20:37
ふらり奈良旅*奈良の銘酒”春..
at 2017-07-05 12:57

カテゴリ

ご挨拶
衣食住
心技体
奈良
京都
福井
香川&徳島2010
香川&徳島2012
香川&徳島2013
香川&徳島2014
和歌山2010
和歌山2011
和歌山2012
兵庫2013
東京2013
東京2014
沖縄2015
沖縄2016
大阪2010
大阪2011
大阪2012
大阪2013
大阪2014
大阪2015
大阪2016
サイパン2010
ギリシャ
イタリア
東日本大震災
香川&徳島2016
香川&徳島2017

記事ランキング

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
more...

タグ

ブログパーツ

  • このブログへのリンクはフリーですが、掲載されている写真・画像・イラスト・文章を無断で使用することを禁じます。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31