まほろば 癒しの里

連日平城遷都祭で北部はにぎわいをみせていますが、大和(なら)のまほろばといえば中部も…。
静かで穏やかな田園風景がひろがり、新緑きれいな大和三山も眺められる桜井橿原を訪れました。

f0221708_21491961.jpg


前に住んでいた家の近くや時々行くお店などGWやお盆休み、年末年始など年に1~2回
もしくは2年に1回よく訪れるところへ行くなんて・・・、まるで猫や虎が一日縄張りをまわるようにも思えます。037.gif

f0221708_21494715.jpg



毎年恒例の行事や訪れる場所が年々増えていくのは、変化がなく何か物足りないような・・・
それでいて、変わらない風景や感覚は安らぎや心地よさを感じさせてくれます。
バス停でバスを待つ観光の方々・・・それもそのはず、

f0221708_21501584.jpg


こちら↓↓(写真一つ下)は、桜井市を代表する観光スポット、
卑弥呼の墓ともいわれる箸墓古墳(はしはかこふん)!
とは言ってもいつも通過する国道169号線の山側(東)にひっそりと普段は人気の無い所・・・
なぜか近くを通るだけで力が抜け、自然と癒される感覚になります。
卑弥呼(ひみこ175-248年頃)の没年に近い3世紀半頃造られたとされる、全長272mの前方後円墳。諸説はいろいろありますが・・・

f0221708_21503842.jpg



蜀漢・西晋の官僚、陳 寿(ちん じゅ223-297年)の著書・『三国志』中の「魏書」(全30 巻)の
東夷伝倭人の条=『魏志倭人伝』(ぎしわじんでん)に伝えられる
倭国の女王「卑弥呼」の墓ではないかという邪馬台国畿内説が巻向遺跡が見つかってからは特に有力!?でしょうか。

f0221708_21512271.jpg


また『日本書紀』に記載されている第7代孝霊天皇(こうれいてんのう・紀元前342年-紀元前215年)の
皇女、倭迹迹日百襲姫命大市墓(やまとととひももそひめのみことおおいちのはか)として
現在は在宮内庁で管理されているなど、こちらでは年代が400年以上異なっているのが不思議だとか。

f0221708_2152495.jpg



しかし一方で、倭迹迹日百襲姫命には巫女としての神話があり、
紀元前92年に崇神天皇(すじんてんのう・紀元前148-紀元前29年)の依頼で
災害の原因を占い三輪山の大物主神を祀ることを進言し、
崇神天皇は大物主神の娘・大田田根子(おおたたねこ)を大神神社の神主にすると災害がなくなったと言う伝説も・・・。
こちら↓はその三輪山を御神体にした大神神社(おおみわじんじゃ)の大鳥居です。

f0221708_21522369.jpg


最近スピリチュアルスポットとしてテレビで取り上げられてから、観光客が増えたようで
この日は三輪そうめん(スピリチュアルフードらしいです)の千寿亭の前に行列が出来ていて驚きました。
また、倭迹迹日百襲媛命は大物主神の妻となったものの、大物主の本体が蛇であることを知って驚き、
その妻は箸が刺さって死んだため葬った墓が「箸墓」と呼ばれるようになった
崇神紀十年の条の箸墓伝説も残るなど古代ロマンが広がります。

f0221708_23204693.jpg



こちらは↑いつも立ち寄る、地元の方々が作られた野菜や花・朝には新鮮なお魚もあるとれとれ市場です。
道を挟んで目の前に、オークワスーパーセンター(セルフレジがあったり、
パンや日用品がお手頃価格です!)が出来てからお客さんも減ったのではと心配して覗いていてみましたが、
新鮮で安心なのでりピーターが多いようでした。こちらは完全レジ袋なしですのでお気をつけください。




続いて、いつもお墓参りへ行く時に通る天の香具山です。
香久山だけが「天」の字を冠することから、天から降ってきた山との伝承があるそうです。
万葉歌が多いことでも有名で、飛鳥時代から聖なる山として、歌われるなんて・・・
歌人だけでなく、庶民にも広まっていた証でしょうか。かもめと一緒に歌われた万葉歌があることから、
天の香具山はこの場所ではないとの説もあるそうな。

f0221708_21531936.jpg


けれど私にとっては、なだらかな山で周囲の四季折々の変化に、いつも感動と癒しがもらえる所です。

「春過ぎて 夏来たるらし 白たへの 衣干したり 天香具山」
(春が過ぎて夏がやって来たらしい。聖なる香具山の辺りには真っ白な衣が乾してある。)

この持統天皇の歌は有名で、想像が膨らみます。またこの道を進み、出てすぐの信号を左へ曲がると
子どもに人気の昆虫館、この道の入り口手前を右に曲がると藤原宮跡があります。

f0221708_21534290.jpg


お墓参りをしてから、久しぶりに飛鳥の蘇(そ)=古代のチーズの販売されている
みるく工房 飛鳥(西井牧場が経営する乳製品直売所)へ・・・。

f0221708_2154396.jpg


車1台分くらいの農道を入ると車が立ち往生している傍ら、
ソフトクリーム(ミルク・抹茶・ミックス各350円)をたべる方数人。

f0221708_21544852.jpg



もちろん私たちも・・・いただきます。何年か前に食べた時はすごく濃厚さが引き立っていたのですが、
今回はあっさり甘さ控えめで、さっぱりした食感のおいしさでした。060.gif

f0221708_215598.jpg


飛鳥の蘇は売り切れでしたが、数年前食べたその濃厚さと素朴な味は、なぜか覚えています。
気がつくと車も少なくなっていました・・・。

f0221708_052643.jpg



近くには法然寺もありますがいったことがないので次回はよりたいなー。
ここからの景色は、大和朝廷が存在した古代から変わらないもの・・・
大和盆地にぽっかり浮かんだ島のような耳成山や畝傍山、振り返ると香具山の大和三山が望めます。

f0221708_2155234.jpg



また、ここからは、(奈良中部ではどこにいてもほぼ眺められます)西の象徴二上山の方向に、
夕日が落ちていく景色を目の前に眺められ絶景です。家族みんなで見ている光景も絵になりますね。

f0221708_21554554.jpg


続いて、第一代天皇で我が国建国の始祖にあたる神武天皇と、
ひめたたらいすずひめ皇后が祀られている、明治23年創建の橿原神宮へ。

f0221708_21561648.jpg



年に一回の大陶器市が開催中でした。

f0221708_21564939.jpg


狸や猫の置物から漆塗りの器や食器や箸、高価な花器や茶器など品揃え豊富で、窯元も多数でした。

f0221708_21572576.jpg



何か掘り出し物はないかなと探して、あれやこれや見るのは楽しいものです。

f0221708_2157488.jpg


昨年はグラタン皿、今年は小さな高い場所に立つ木からできた丈夫なスープスプーンを購入しました。

f0221708_2158634.jpg


いつも結局一つだけ記念に購入し、今回のまほろばツアー!?は終了です。

f0221708_040799.jpg



5月に入ったと同時に咲き誇るツツジの花も見頃できれいで・・・、癒された一日でした。

まほろばとは、
「素晴らしい場所」「住みやすい場所」という意味の日本の古語だそうです。

「倭(やまと)は 国のまほろば たたなづく 青垣 山隠(やまこも)れる 倭(うるは)し」
(倭は母なる国、私の故郷。幾重にも重なって青々とした垣をなす山々、その山々に囲に抱かれている倭は、何と美しい国だろう。)

有名な古事記であり、倭建命(やまとたけるのみこと)の辞世の歌とも言われているのだとか。
[PR]
by tukimi-kai | 2010-05-03 00:17 | 奈良 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kiminikki.exblog.jp/tb/13616066
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


大好きな旅のように、      自分の人生=日々の暮らしをも楽しみたいです。


by tukimi-kai

プロフィールを見る

最新の記事

終戦の日 豊作の葡萄と共存共..
at 2017-08-15 20:37
ふらり奈良旅*奈良の銘酒”春..
at 2017-07-05 12:57
ふらり奈良旅*変わりゆく?!..
at 2017-06-30 15:21
梅雨入り ベランダ庭で地味に..
at 2017-06-20 15:01
柳緑花紅 花々に癒された?!..
at 2017-05-12 15:12

カテゴリ

ご挨拶
衣食住
心技体
奈良
京都
福井
香川&徳島2010
香川&徳島2012
香川&徳島2013
香川&徳島2014
和歌山2010
和歌山2011
和歌山2012
兵庫2013
東京2013
東京2014
沖縄2015
沖縄2016
大阪2010
大阪2011
大阪2012
大阪2013
大阪2014
大阪2015
大阪2016
サイパン2010
ギリシャ
イタリア
東日本大震災

記事ランキング

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...

タグ

ブログパーツ

  • このブログへのリンクはフリーですが、掲載されている写真・画像・イラスト・文章を無断で使用することを禁じます。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31